2010/10/13

二の矢  日常 時事


引拔きてうかがふ二の矢取り押ふ迄なく委員長の眼鏡摺り落ちて


銃殺に処せむといふか決然と捕虜ら逃がせし看護婦我を


開戰に傾く社論嫌氣して退社の彼らがおもはくさまざま


紅毛に月代剃りて潜み入れるその碧眼を縛せり屋久に


圖らざる纞の悶えに引き込める美女は代々の刑吏の娘か
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ