岡山県は、備前、備中、美作の国からなり、中国地方の東部に位置し、東に兵庫県、北に鳥取県、西に広島県、そして南に瀬戸内…" /> 岡山県の山 | おじさんのスポーツおたく奮戦記?

おじさんのスポーツおたく奮戦記?

岡山スポーツをまとめて応援するおじさんの気ままな戯言です。お気軽にお立ち寄り下さい。
背景を変えてみました。ベーシックなissanで勝負です(笑)
晴れの国から、岡山スポーツの応援をメインに様々な話題も拾っていこうと思います。
今後ともよろしくお引き立て下さいませ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:issan
>だいちゃん様

そうそう、楽天調子が良いので、楽しみですね。

観戦記を心待ちにしていますねウッシッシ

投稿者:issan
>だいちゃん様

実は、私も高見山は好きでした。何と言っても、史上初の外国人関取ですから、その苦労は計り知れないものがあります。明るい性格で苦労や苦悩を表に出さない高見山に、逆に人知れぬ苦難の道を見たように思います。彼が幕内優勝して、当時のニクソン大統領から特別表彰を受けた時は本当に嬉しかったのを覚えています。

高見山は、輪島と貴乃花に滅法強くて、しかし北の湖に手もなく捻られる、その潔さというより、ワンパターンが大好きでした(笑)。

鷲羽山と高見山の一番は、舞の海と曙の一番よりも見所満載でしたよ。何しろ、鷲羽山は逃げませんから。真正面から勝負して、自分の倍の体重の高見山を投げ捨てる。その爽快感は凄かったですよ。

唯一、惜しむらくは鷲羽山には『型』がありませんでした。この形になれば盤石という『型』があれば、同じ小兵の旭国(現大島親方)のように大関まで行けたような気がします。

懐かしい話で失礼しました。
ちなみに、鷲羽山のお兄さんで元十両の「常の山」は、現在岡山市内でちゃんこ料理屋『鷲羽山』を開いています。時々、テレビにも出られています。

投稿者:だいちゃん
ちなみに、うちは兄と離れているんですが、(その兄の娘が先日小学校入学・・今は甲府ですがね)子供のころ「高見山」と「鷲羽山」が好きな力士だったそうです。余りに対照的な2人ですよね?(笑)ちなみに少し話しずれますが岩手県の生んだ史上唯一の横綱は「宮城山福松」。なぜ「宮城山」かというと、この方は県南の一関の出身なのですが、一関が伊達の支藩の治めていた土地であったことに敬意を表したことだったそうです。大阪の協会で横綱を張り、東京と合併した場所で岡山出身の常ノ花に勝って優勝するなどしましたが、いかんせん「宮城山」と名乗ってしまったために、岩手ではいまいち人気がなく、加えて晩年は故障で皆勤負け越しを余儀なくされたり、不運の横綱といわれています。 話がだいぶそれましたが、「〜ざん」というと近年、「旭道山」や「旭鷲山」が土俵を沸かせましたね!引退後は協会に収まりませんでしたが・・。余談ですが、明日仙台に楽天の応援に行ってきます^^たのしみです!! 
投稿者:issan
>だいちゃん様

岡山県の最高峰は『後山』という山で、標高1,345mです。という風に、恐らく岡山県に生まれ育った者でも、知らない人の方が多いであろう?、と思えるくらい『山』に関しては無名です。

取り上げるのは、自分自身の勉強にもなるのです。

各地に山『〇〇富士』と呼ばれる山は多いですよね。岡山にも『備前富士』と呼ばれる「芥子山(けしごやま)」、『児島富士』と呼ばれる「常山(つねやま)」と、『郷土富士』が2つあります。
また、瀬戸内海国立公園に含まれる「鷲羽山(わしゅうざん)」など、観光地の山もあります。山は知らなくても「鷲羽山ハイランド」は知っているという人もあるでしょうね?。

(蛇足)
出羽海親方の現役時代の四股名は「わしゅうやま(鷲羽山)」ですが、実際の山は「わしゅうざん(鷲羽山)」です。何でも、あの当時は山を「〇〇ざん」と読ませる四股名は出世できないというジンクスがあったために読み方を変えたそうです。
鷲羽山の叔父さんとお兄さんの四股名「常の山」は『常山』から取ったものです。

まあ、取り上げる山は、ほとんどが全く知らない山になると思います。何しろ、地元の人でも知らない山が多いのですからね。
それも楽しみの一つとお許し下さいね。

投稿者:だいちゃん
いい連載ですね^▽^日本地理には強いつもりでもやはり東日本の事しか基本的に知らない私にとって地元の人の詳細な話は知識を深めるのに役立ちます^▽^ 岩手県はそれこそ四方を山に囲まれた所です。電車に乗ってると「まだ山景色?」ってくらい山が広がってます。秋田や山形もそうですね。こちらにはそれぞれ岩手山、秋田山形の鳥海山、青森の岩木山など全国に知られた大きな山が各地にあり、また山を隔てて気候が違うというのも各地で見られます。仙台市と山形市では隣の県ですが、電車で1時間くらいなのに山ひとつ隔てて冬の厳しさもまるで違うし、夏の暑さもまるで違って、仙台に泊まった後山形市に行った時、天国から地獄に行ったようでした(笑)

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

過去ログ

メッセージBOX

PVアクセスランキング にほんブログ村

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ