おじさんのスポーツおたく奮戦記?

岡山スポーツをまとめて応援するおじさんの気ままな戯言です。お気軽にお立ち寄り下さい。
背景を変えてみました。ベーシックなissanで勝負です(笑)
晴れの国から、岡山スポーツの応援をメインに様々な話題も拾っていこうと思います。
今後ともよろしくお引き立て下さいませ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:issan
>Hiromi様

NHKドキュメンタリーにもドラマ「最後のストライク」にも泣かされました。まさに、人生も「ストレート一本勝負」でした。不器用で誠実な人柄が溢れた人生でしたね。

彼は、山口県の出身で、高校時代から中国地方では有名なピッチャーでした。「ツネゴン」と呼ばれる快速球が武器の剛腕投手でしたが、精神的に弱い面があって、甲子園でも弱気の虫が出た変化球を痛打されて敗れました。それから、「弱気は最大の敵」「一球入魂」と自ら書いたボールを持ち歩き、見直すことによって弱い心と戦っていました。彼のストレート一本勝負と派手なガッツポーズは、自身の弱い気持ちを奮い立たせる為の魔法だったのだと思っています。
津田恒実投手の殿堂入りは本当に嬉しいのですが、悲しさと切なさを思いださせてくれることにもなりました。
投稿者:Hiromi
津田選手の殿堂入り、私もとても嬉しく感慨深いです。
彼とはほぼ同年代で、活躍していた時期も青春真っ只中、色々な思い出と重なります。
「もう一度投げたかった」NHKドキュメンタリーも見て、涙がとまりませんでした。
奥様、今どういうお気持ちかな。。。と想いをはせております。
投稿者:issan
>かなじ様

本当に驚きましたが、実に粋な選出だったと思います。記録ではなく記憶に残る投手として、歴史に名を残すことができることは、素晴らしいですね。
悪性の脳腫瘍が発覚して、医師からは余命3ヶ月と診断されたそうですが、気力と節制で2年間頑張りました。そして、一時は球界復帰が可能ではないかと思われるほどの回復を見せたのは、物凄い精神力だったと思います。
最期は奥さんが「もう頑張らなくていいよ」と語っていたように、苦しみながらもマウンドに戻る意欲を消さなかったそうです。

カープに望むとしたら、背番号「14」を永久欠番に。これは以前から思っていたことです。
投稿者:issan
>だいちゃん様

打たれても打たれてもストレートで押し切るピッチングが持ち味でしたからね。バースを全球ストレートで三振に切ってとったシーンは、今でも録画で流されることが多いです。
津田のストレートをファールした原辰徳が手首を骨折したのも、どれだけ凄いボールだったかを物語る逸話です。
投稿者:かなじ
津田投手の野球殿堂入り…驚いたのは事実ですが大変嬉しく思います。
残った数字だけなら津田投手以上の数字を残した選手はいますが津田投手の価値は数字だけではありませんから…あの炎のストレートは凄いものでした。強烈な印象を残したストッパーでしたが早過ぎる死が残念でなりません。津田投手が亡くなった日はちょうどオールスターの日でそのテレビ中継を見ていた時にアナウンサーが津田投手の訃報を伝え驚き悲しんだ事を覚えています。
津田投手が今生きていたらどれだけの成績を残したか…どんな指導者になっていたか…表彰委員会の人達はよくぞ津田投手を選んでくれたと思います。これで津田投手の残した記憶は日本球史に永遠に刻まれたのだから…
投稿者:だいちゃん
津田さんの現役時代はまだ小学生だった事もあり、あまり記憶がありませんが津田さんの伝記本「もう一度投げたかった」は図書館で借りて読んだ事ありますヒラメイタ!何でもランディー・バースや原辰徳にも一切逃げないストレート一本の勝負を挑み続けたようですね。昨日は今、大学で監督をされている当時の古葉監督もかけつけたようですね☆

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

過去ログ

メッセージBOX

PVアクセスランキング にほんブログ村

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ