↓↓↓↓↓   [画像] 中国山地東部の山々は、「山」を『せん』とよぶ例が多くあります。「星山」も『ほしがせん』です。 ただし、地元の人は『ほしやま』と…" /> 美しい森を抜けて家族連れでも楽しめる山…星山 | おじさんのスポーツおたく奮戦記?

おじさんのスポーツおたく奮戦記?

岡山スポーツをまとめて応援するおじさんの気ままな戯言です。お気軽にお立ち寄り下さい。
背景を変えてみました。ベーシックなissanで勝負です(笑)
晴れの国から、岡山スポーツの応援をメインに様々な話題も拾っていこうと思います。
今後ともよろしくお引き立て下さいませ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:issan
>だいちゃん様

面目ないです。

登山は全く趣味ではありません。ガイドブックや地図を眺めるのが好きなだけです。

県北の山に実際に登ったと言えば、蒜山三座くらいですかね。神庭の滝には何度か行きました。猿に襲われるので、油断できない場所です(笑)。

県北の中国山地の山々は、三坂山が美作の語源になったり、八束村が『八墓村』のモデルになったり、色々逸話があるので面白いです。

逆に県南の山は、山ごと全部が前方後円墳だったり、山が古墳群だったりという楽しみ方もできます。

大山は、中国地方の最高峰で山岳信仰の対象にもなる霊峰ですが、岡山県内の山はそれほど信仰対象の山は多くないので、お気楽に登ることもできます。

でも、県南は猪やマムシ、県北は熊にもご用心…汗。つちのこに遭遇するかも(笑)。

投稿者:だいちゃん
登山がご趣味なんですか?僕みたいな東日本しかあまりわからない人間には、やはり中国地方の山といえば「大山(だいせん)」が思い浮かびますね!あの読み方はかなり特殊なのかと思ってましたが、中国地方にはよくある読み方なんですね。 一度大山とか近くで見てみたいものです☆

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

過去ログ

メッセージBOX

PVアクセスランキング にほんブログ村

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ