おじさんのスポーツおたく奮戦記?

岡山スポーツをまとめて応援するおじさんの気ままな戯言です。お気軽にお立ち寄り下さい。
背景を変えてみました。ベーシックなissanで勝負です(笑)
晴れの国から、岡山スポーツの応援をメインに様々な話題も拾っていこうと思います。
今後ともよろしくお引き立て下さいませ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:issan
>Muukun様

私としては、仙台市の区名のつけ方が結構好きですね。
青葉区・宮城野区・太白区・若林区・泉区の5区ですが、合併した泉市の名前を残しつつ、歴史を感じさせ、都市機能の位置関係も分かりやすくなっています。
しかも、区名や地名に『東・西・南・北』を極力入れない方針は、岡山市と真逆ですよね。

岡山市の場合、区名を公募する際に「中央区は作らない。西大寺などの旧市町村名をつけない」という前提を設けていたのに結局落ち着き先が『北・南・中・東』になったのが釈然としなかったのです。「中央区」が駄目なのに「中区」はOKというのも変な感じでした。

応募の中にあった『桃太郎区』とか『児島湖区』『旭東区』『吉井区』などは結構良かったんですけどね。

市役所のある中心地が『北区』で『中区』ではないのも外部の人から見ると分かりにくいですよね。更に、北区が旧御津町や建部町、足守町までを含むのはやはり広すぎますよね。

まあ、今さら文句を言っても仕方ないので、今後を如何に盛り上げて行くのか?を我々も考えないといけませんよね。

Muukunさんの母校、岡山南高には是非復活して甲子園に出てほしいです。初めての甲子園は昭和52年の選抜で、三崎主将や上原投手の活躍でベスト4まで駆け登りました。2度目が昭和56年の夏、川相投手を擁して出場しました。その年から7年連続で春か夏のいずれかの大会に必ず出場していた頃が黄金時代でした。あのブルーのユニフォームは強い時は無茶苦茶強く見えますよね。復活を熱望します。

でも、ここでも釈然としないのが、岡山南高の住所が『北区』ということです。岡山東商は『中区』だし、東岡山工も『中区』です。東区に『東』とつく高校がなく、北区に『北』とつく高校がない、南区に『南』とつく高校もありません。
仙台市のように最初から区名や地名に『東西南北』を入れない方針で行っていれば、この分かり難さは回避できたと思います。

投稿者:Muukun
久しぶりの更新にコメントありがとうございます。
相変わらずバタバタした毎日ですが、何とかやっております。


岡山市の市域の歴史、山陽新聞で見ました。
僕が政令市の記事書いた時も、区名に芸がないと言われてましたよね。
政令市移行から2か月、いまだに区名と北区の広さには違和感を感じます。
東区より西大寺区のほうがよかったのでは。
我が南区も岡南区にしてほしかったです。
北区もいずれは分区して、西区をつくったほうがいいのではと思います。
今は政令市として、きっちりとしたまちづくりが先ですけどね。


我が母校岡山南、復活を願ってます。
再びブルーのユニフォームを甲子園で見たいです。
投稿者:issan
>だいちゃん様

すみません。春か秋ではなくて、春か夏でした。
訂正します。

投稿者:issan
>だいちゃん様

そうでしたか。昭和50年代の後半から60年代前半は、岡山南の全盛時代でした。昭和56年夏の甲子園に川相昌弘投手が2年生で出場して以来、昭和62年まで7年連続で春か秋のいずれかの大会に必ず出場していました。昭和59年夏ベスト8、昭和61年春ベスト4。プロ野球にも、川相の他に本間(日ハム)・横谷(阪神)・坊西(ダイエー)などの選手を送り込みました。

平成の時代になった頃から、岡山県内の高校野球は戦国時代に突入してきます。戦力が分散して、どこが出てもおかしくない群雄割拠の状態が長く続くことになるのです。

投稿者:だいちゃん
いや・・僕は兄と年が離れてまして、その話は昭和62年頃みたいです・・。まだ新2年生だったみたいですよ☆ 平成10年の岡山城東というと、駒大岩見沢と戦ったのを覚えています。ちなみに今親に聞いたら、「その当時(昭和56年頃)小さい弟はいた」という事を言っていたので弟さんだと思いますね☆ あと東京六大学リーグの新人戦で明治大学の今春投手から打者に転向した関西高校出身の中村将貴選手が立教戦で3安打4打点の大活躍だそうです☆チームのエース野村投手とは中学時代のチームエースだそうです☆
投稿者:issan
>だいちゃん様

岡山南でしたか。1997年の選抜ですね。あのチームには同じ会社の先輩の息子さんがいて、サードコーチをしていました。また、西大寺のS南中学出身のサイドハンド投手がいました。1回戦は光星学院に逆転勝ち、2回戦で中京大中京に敗れました。あれ以来、甲子園にでていません。岡山県の高校では唯一、ライトブルーのユニフォームですから、また甲子園で見てみたいですね。

岡山城東のK只選手は弟さんでしょうね?。翌年の夏の甲子園に出ました。

よく東西日本の境目は、大井川と言われますよね。文化が大井川を境にガラッと変わると言う話をよく聞きます。それに、伊豆半島はなんとなく別世界のイメージがありますよね。

なかなか地域性というものは面白いですね。
投稿者:だいちゃん
いえ、その方自身は犠打の世界記録保持者の後輩にあたるようです(笑)しかも甲子園(選抜らしいです)では代打での登場だったそうです。しかし弟さんが城東高校にいた、という事もありえますね。城東はそこまで文武両道が徹底されているのですね!うちの母校など近年では中学入学時に「6年契約」の特待生で入学させた選手が活躍していながら(もちろん明徳とかとは違いうちは地元の野球少年ばかりですよ)未だに甲子園の土を踏んでいませんから、恐れいります´з` 文武両道と言えばここは白亜スポーツつながりで東北他県の方が見てるかも?なのでこういう話をするのは怖いですが、昔僕が高校1年の時伊豆の韮山高校という県立進学校が夏の甲子園に出て勝ち進んだ事があるのですが、この時雑誌に「雨が降ったら練習は休み。それでも代表になった」と紹介されたのですが、3回戦で対戦して韮山高校を破った秋田の金足農業の監督が「雨が降ったら練習は休みなんて学校には絶対に負けるわけには行かなかった」とインタビューで答えてしまい、抗議の電話を多数受けた話を思い出します。厳しい練習で無名の農業高校を強豪に育てあげた人でしたが、あの指導者として、教育者としてどうか・・という発言は残念でした。 話がそれましたが僕も実は大井川以西には「半分、別の県。愛知県と同じく見える」感慨を持っており、静岡市にいた当時からその地区から甲子園出場した学校も姉妹校の常葉菊川を除きあまり熱心に応援していませんでしたね。やはり文化も何も全く違う感じがして・・でも東の沼津市、三島市くらいまでは親近感あるけど伊豆は別世界だな〜という勝手な印象を今でも持っていますね☆
投稿者:issan
>だいちゃん様

なるほど…。私の大学時代の友人に浜松市出身の人がいて『静岡市はよその県』とか『静岡県出身ではなく浜松市出身』などと言っていました。ひょっとしたら、ライバル意識は浜松の人の方が強いのかも知れませんね?。

岡山市と倉敷市もライバル意識はかなり強いのですが、我々は「途中から岡山市民」なのでそれほどの意識はありません。でも、倉敷市民には、岡山市に対するライバル心の強い人が多いみたいです。

さて、R操中学の学区は旧の高島村(今は高島中学が新設されています)・幡多村・財田村辺りになります。(イニシャルトークになりませんが、竜の口山から操山までのエリアを学区にしています。)

それから、福浜村ですが、人見絹枝さんは福浜の出身です。人見さんのお墓も福浜にあって、有森裕子さんは大事なレースの前には必ず人見さんのお墓にお参りしてレースの無事をお願いしたそうです。

k只さんというと、岡山城東高校でしょうか?。城東高校は県内でもトップクラスの進学校なんですが、野球部員は120人くらい在籍していて、中学時代のキャプテンや中心選手が多く、ボーイズリーグの全国大会経験者や軟式野球の全国大会優勝投手がいたりして、ベンチに入るのは至難の技なんです。かつて、中学軟式野球の全国大会優勝投手がベンチ入りできなかったこともありました。だからレギュラーで甲子園に出たというのは、物凄いことです。しかも、成績が下がるとベンチを外されるので、両立できる選手しか生き残れません。

岡山城東が帝京、浦和学院、明徳義塾を立て続けに破ってベスト4に勝ち進んだ時、スポーツ新聞で『甲子園に整髪料と参考書を持ち込んでいる県立普通科高校が全国の強豪私学を何故倒せるのか?。彼らは試合のない時は練習しないで勉強している』と書かれました。かなり大げさな書き方ですが、半分は当たっていましたね。

だから、岡山県内の野球強豪校は口を揃えて「城東にだけは負けるな」と言っています。

私も蛇足ばかり長くなってすみませんでした。

投稿者:だいちゃん
いえいえこちらのコメントが早すぎました(笑) さて、私の高校時代の同級生で岡山から引っ越して来た人は岡山市立R操中学出身だったので、旧「操山村」でしょうか? また、実はうちの父の知り合いがF浜の方にいたらしいのですが、間違いなく旧「福浜村」でしょうね(実はうちの兄と同世代の息子さんがいて、K只さんというらしいのですが某県立高校で甲子園でもプレーしたという話を聞いた事があります) さて、静岡県の話ですが、私はあの県では所詮よそ者であったためか?そこまで肌で両市のライバル意識を感じとることはありませんでした。ただ、やはり県を代表する都市が西と県中部に並びたっていることもあり、やはりライバル意識はあるのではないでしょうか?静岡市サイドの人間としては県庁都市であるという事以外、人口、大企業があるなどの面で浜松市に押され気味なのは残念ですが、静岡市も昔今川氏が凄い勢いを誇り、その縁で幕府の直割地でありあの地で家康の大御所政治が行われ、慶喜も隠居していた・・など、歴史的なものでは浜松市を圧倒(ただ浜松市の三方が原というところでは家康が生涯唯一の敗北を喫した戦いもありましたが)してると思っています☆僕も歴史談義に熱くなりそうでしたが、静岡県は西の大井川、東の富士川を境に気質が変わるというのが定説です☆富士川以東(有名な都市では熱海市、沼津市、三島市など)ではとにかく首都圏の影響を強く受け、考えも関東より。静岡市周辺はどっちつかずの人多し。大井川以西(浜松市、磐田市など)は名古屋よりの「商人気質」が色濃く、名古屋よりを示すものとして中日ファンがかなり多いらしいです。(静岡市周辺では見たことない中日新聞を普通に売ってるらしいです)僕の高校時代の同級生にも大井川以西の人がいましたが、確かに静岡市周辺の人よりせっかちだったかな・・と今になると思います。長くなってしまいましたが僕の語れる知識はこんな程度です☆ただずっと静岡に住んでる人はまた違った見解かもしれませんね☆
投稿者:issan
>だいちゃん様

早々コメントを頂いて、本文の記入が間に合いませんでした(汗)汗。すみません。

全国の県庁所在地は、だいたい同時期に市政を施行しているようですね。この県庁所在地の都市名に関しても、明治維新の暗い影を落としている様ですが、現在では中身が変わっていてよく分からない地域もありますよね。

長野県や静岡県などは、本来なら二分割されるはずだったものが、分けられることなく現在に至っている為に、長野と松本、静岡と浜松などは仲が良くないと言われてますよね。だいちゃんは静岡県に在住されていたので、その実態をご存知ですね。静岡と浜松ってやはり仲が悪いですか?。

例えば、香川県の西讃地域は一番最初は愛媛県でした。後に香川県に移され、讃岐一国を香川県にしたのですが、この歴史的経緯の為に愛媛県と香川県は今でも仲が悪いと言われています。

昔、西日本最大の勢力を誇った吉備の国は、大和側の謀略で、備前・備中・備後の三国に分断されました。更に強大だった備前は美作を分断され、旧吉備国は4つの国になりました。その一つだった備後を広島県にとられた形になっていることも岡山県と広島県の仲が悪い原因の一つです。

すみません。またまた「歴史おたく奮戦記」になりかけましたね。

1|2

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

過去ログ

メッセージBOX

PVアクセスランキング にほんブログ村

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ