おじさんのスポーツおたく奮戦記?

岡山スポーツをまとめて応援するおじさんの気ままな戯言です。お気軽にお立ち寄り下さい。
背景を変えてみました。ベーシックなissanで勝負です(笑)
晴れの国から、岡山スポーツの応援をメインに様々な話題も拾っていこうと思います。
今後ともよろしくお引き立て下さいませ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:issan
>だいちゃん様

何かしっくりしませんね。誰が真実を話しているのかが分かりません。元々が鳥取城北の相撲部OB会だったらしいのですが、そこへ何で3横綱がいたのかという点からして不思議です。密室での出来事ですし、真実がどこにあるのかが不明確でスッキリしません。

メディアも憶測でしかないので、同じような内容の繰り返しです。協会も横審もどうすれば良いか決めかねていたところに突然の引退届けで戸惑っている感じです。

心配しているのは、何も分からないままに日馬富士の引退によって幕引きされてしまうことです。
この件に関しては、周囲の貴乃花親方も旭鷲山もやろうとしていることの真意が分かりません。

もう少し見守るしかできないでしょうね。
投稿者:だいちゃん
本当にわけわかんないですね。旭鷲山がウソをついてたという記事がありましたが、彼も何をしたいか本当に不可解です。

歴代の横綱の不祥事・・最初に大きな問題を起こした前田山が外国人力士に角界への門戸を開いた人である事は皮肉ですね。前田山はちなみに戦前・同郷の初代阪神タイガース4番・景浦将と飲み歩き、しばしば職業野球などを観戦したような大の野球好きであったようですが、その事が裏目に出たみたいですね。

今回のキーマンの一人となっている貴乃花ですが、彼に関し私は昔から「孤高の横綱」という印象を持っていましたが、その相撲は徹底的な「ガチンコ」で、生涯疑わしき一番はなかったといわれていますね。貴乃花は、尊敬する父に思う数少ない「ところ」が「輪島と親友と言える関係にあった。旭国とも手があった(親しかった)」という話を聞いたことがありますので、相当な哲学を持っているのでしょうね。

もしかして、今の時代「部屋単位で生活」「部屋に関取が出れば下の力士が付き人がつく」というところも、時代にそぐわないのかもしれませんが、それは伝統ですので残してもいいと思いますが、「暴力」はやはり根絶すべきです。

しかし、しっくりしませんね・・。
日馬富士の今後の身の振り方にも注目です。

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

過去ログ

メッセージBOX

PVアクセスランキング にほんブログ村

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ