おじさんのスポーツおたく奮戦記?

岡山スポーツをまとめて応援するおじさんの気ままな戯言です。お気軽にお立ち寄り下さい。
背景を変えてみました。ベーシックなissanで勝負です(笑)
晴れの国から、岡山スポーツの応援をメインに様々な話題も拾っていこうと思います。
今後ともよろしくお引き立て下さいませ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:issan
>だいちゃん様

一番大きな要因は野球人口の減少にあると思います。少子化と多彩なスポーツ競技の普及で部員不足の運動部が増えてきて、中学校の野球部も維持できない学校が増えているのではないでしょうか? 硬式出身者でないとなかなか実戦で起用できないのは確かだと思います。難しい現実ですが、これからはもっと様変わりするかも知れませんね。
投稿者:だいちゃん
確かに近畿勢が最近も健在ぶりを示すのに対し、中国四国は最近、あまり勝てなくなっていますね。

私のようなよそから観ているものからすれば、未だに岡山は「強豪県」のイメージが強いですし(特に関西や倉敷工などは昔からよく聞いていました)確かに星野氏や平松さんなど投手王国でもありましたね。

岡山などに限らず全国的に言えると思えることに、最近はどんな地方でも中学硬式野球クラブ出身者じゃないと甲子園レベルでは通用しない、という感じになってきているのがあると思います。昔、静岡で過ごした中学時代、(土地柄もありますが・・・あの辺は今でもシニアなど多くないと聞きます)「中学生の野球」と言えば、「学校の野球部」と思っていました。今や、中学硬式の有力選手はこぞって同じ高校からスカウティングされて県内外に進学したり、という時代になっています。大阪桐蔭などは、どこまで本当かは解らないけど「軟式出身者は入部不可能」と聞いたことがあるほどです。回りくどくなりましたが、中学硬式の有力選手を、巧く分散しすぎずにできればいいと思います。

そして、野球人口そのものが、減ってきているようですね。例えば昔、聞いた話だと「四国で運動能力が高い子は野球やれ、と否応なしにいわれ、子どものうちに野球漬けになる場合が多い」と聞きましたが、今は徳島や愛媛にJリーグクラブも出来、ちょっと違うのでは?と思います。

先日も書きましたが、今野球界は本当にピンチと思います。ちなみに高校野球好きな芸能人の中には、「多くの名門私学が100回大会に照準を合わせる中で、この100回目の夏は分岐点。大きく、高校野球が変わる可能性がある」と雑誌で予言している人もいます。もしかして、いよいよ安定した戦力を持つ一部地域の、一部私学に優位な・・いや、今は考えるのよしましょう(遠い目・・)

カレンダー

2018年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

過去ログ

メッセージBOX

PVアクセスランキング にほんブログ村

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ