おじさんのスポーツおたく奮戦記?

岡山スポーツをまとめて応援するおじさんの気ままな戯言です。お気軽にお立ち寄り下さい。
背景を変えてみました。ベーシックなissanで勝負です(笑)
晴れの国から、岡山スポーツの応援をメインに様々な話題も拾っていこうと思います。
今後ともよろしくお引き立て下さいませ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:issan
>杉原シンドラー様

大学野球は公式戦が春と秋、リーグ戦だけならば20試合〜25試合ぐらいです。他にルーキーリーグのようなローカル大会や関西では「関西オールスター5リーグ対抗戦」のような大会を行っています。この大会に優勝すると、神宮大会の関西地区代表決定戦でスーパーシード(決勝から登場)が貰えるので、かなり真剣に戦います。リーグ戦では途中でベンチ入り選手の入替が可能なので、高校野球より日々の練習も積極的になるのではないでしょうか?

以前、書いたかも知れませんが、環太平洋大の野村監督は部員を4つのチームに分けて、頻繁に部内対抗戦を行っています。その中で活躍した選手はリーグ戦のベンチ入りができますので、モチベーションが上がると思います。野村さんは指導者としては、お兄さん(謙二郎氏)よりも優れていると感じます。
甥っ子さんもひょっとしたら、4年になる頃はプロ注目の選手に成長しているかも知れません。

私は高野連が如何にも話題性を重視して選考したな、という選出があればそれはそれでお笑いのネタにしてやろうと思っています。ある学校の救済枠の為に選ぶようだと明らかな‘愚行枠’としてブーイングしますが(笑)
投稿者:杉原シンドラー
おはようございます。
以前スレ主様が「高校時代にベンチ外だったような選手が大学野球で〜」とおっしゃっていましたが、それが地方大学の躍進につながっているのですね。もしかしたら、千葉県大学リーグ2部の一年生である甥っ子も………(個人的な話でごめんなさい)。

私の専門である高校野球の話題に入りますが、筑陽学園が昨日敗れたことで九州地区ベスト8の興南の夏春連続甲子園は絶望となりました。と同時に、一年生からエースの左腕・宮城の来春も消えました。宮城と同様に「神宮枠」に期待をかけた西舘(花巻東)も一昨日の光星学院の敗退で絶望となったので、今年の甲子園に出場した「二年生エース」は奥川(星稜)以外来春全滅です。「こうなったから『愚行枠』で話題性の豊富な学校を選ぼう!」と毎日新聞&日本高野連が考えそうで怖いです(苦笑)。

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

過去ログ

メッセージBOX

PVアクセスランキング にほんブログ村

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ