おじさんのスポーツおたく奮戦記?

岡山スポーツをまとめて応援するおじさんの気ままな戯言です。お気軽にお立ち寄り下さい。
背景を変えてみました。ベーシックなissanで勝負です(笑)
晴れの国から、岡山スポーツの応援をメインに様々な話題も拾っていこうと思います。
今後ともよろしくお引き立て下さいませ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:issan
>杉原シンドラー様

岡山南が初めて甲子園出場を決めた1977年の選抜の発表の際には「東と南を間違えてるだろう」と問い合わせが殺到したという逸話があります。旧制の県立商業が今の岡山東商で、市立商業が今の岡山南ですから、伝統はありましたが、何しろ長くに渡って東商と倉工の2強時代が続いた岡山では甲子園が遠い存在でした。

臼井監督は硬式野球の経験がなく、細かい作戦は取らず、まずは「打って打って打ちまくれ」と攻撃野球で初出場で4強まで勝ち進みました。エースの上原とトップバッターの三崎主将が中心のチームでしたが、ムラなく良く打った記憶があります。準決勝は初回に三崎主将が右手人差指を骨折するというアクシデントを隠してプレーしましたが、山沖擁する中村に敗れました。岡山南で最も記憶に残るチームは、あの初めての選抜に出た時のチームでした。同じ大会に出場した米子東のエースは後に立大から西武に入った野口でしたね。(余談ですが、野口が大学受験した際に、関大を受けて落ちたのに立大に合格したことで、当時の関大野球部監督が激怒したという笑い話があります。関大野球部は古田を立命に取られたり、色々どんくさい歴史を持っています)

その後、2年生エースの川相と2年生の4番打者・本間で夏の初出場した1981年の県大会準々決勝での私の母校との延長10回の死闘は南が逆転で勝ち進みました。この話は何度か書きましたが、試合の流れは西大寺だったのでエースの負傷がなければ勝っており、この大会に川相が甲子園出場していなかったら「犠打世界新」もなかった可能性が高いと思っています。

次に選抜4強に進んだ1986年のチームは、加百−坊西のバッテリーが印象に残っていますが、秋の中国大会で未勝利ながら選ばれた選抜でした。優勝校の尾道商と接戦を演じたことで選抜されましたが、現行の選抜方式ではこういう学校が選ばれることがないので、やはり考え直す時期なのではないかと感じています。

昔は県内の公立高校は学区制が厳しかったこともあり、有力選手が私学に抜けなければ地元の強豪校に進学していました。現在では割と自由に選べますので、逆に分散する傾向にある為、私学優勢の現状は続きそうな気がします。それを打破して実力で復活してくれると嬉しいですね。
投稿者:杉原シンドラー
岡山南の話題とは懐かしいですね。名将・臼井敏夫監督の下で八回甲子園に出場してベスト4二回、ベスト8一回の好成績だけでなく、1981〜87年までは毎年甲子園に出場していました(これはあのPLと並ぶ記録です)。川相だけでなく本間立彦や横谷、荒木満、竹中学などの活躍は今でも覚えています。私にとっては当時の岡山と言えば岡山南でした(倉敷工や岡山東商の関係者には怒られますが)。

それだけに、1990年代以降の低迷は寂しい限りです。そればかりか、初戦で甲子園初出場の光星学院に逆転勝ちした97年春以来出場がないことで、「愚行枠」(おっと、毎日新聞or日本高野連の関係者とおぼしき方が又々噛み付きそうですね……苦笑)の有力候補にまでなっているようですが、2014年の池田や16年の高松商、今年の米子東のように自力で復活して欲しいですね。

投稿者:issan
>だいちゃん様

ニュースで見ました。現在低迷している岡山南とすれば、資格取得となれば声をかけたくなるでしょうね。

もう、20年以上甲子園から遠ざかっていますから、そろそろ復活してほしい学校の一つです。

守備とバント技術だけでも伝えられたら大きな戦力アップになりそうですね。楽しみです。
投稿者:だいちゃん
こんにちは‼️

川相昌弘さんの、母校非常勤コーチ就任の話は聞きましたか?

非常に画期的な話だと思います❗

ノウハウを限られた時間でしっかり伝えれば、古豪復活、ありそうですね‼️😄
投稿者:issan
>だいちゃん様

海野隆司捕手ですね。関西の2年の時に甲子園に出ています。しかし、甲子園では3打数無安打2三振と振るいませんでした。当時から強肩は評判で盗塁阻止や牽制で2補殺を記録していますから、捕手としての資質は高いと思います。

彼は岡山市出身で、中学は福浜中でした。小柄ですがプロ注目の強肩捕手です。気にしてみてください。
投稿者:だいちゃん
野球ネタということで場をお借りします。

今日購入した日刊スポーツに、東海大学の海野(うみの)という捕手がソフトバンクの甲斐に近い強肩を持っていることが紹介されていましたが、この捕手は関西高校出身らしいですね!

issanさんはこの捕手はご存知でしょうか?

甲子園出場経験ある選手でしょうか、そして岡山県出身でしょうか?

私自身、友人の母校である桜美林大に注目してる関係で「首都大学野球リーグ」をネット中継で見る機会は増えていきそうなので、チェックしたいです❗😄
投稿者:issan
>たかし様

コメント、ありがとうございます。

ここで叩かなくてもメディアやネット内でボコボコニ叩かれないにしても非常に批判的な論調で書かれることは間違いなかったでしょう。それは、選手や卒業生が悪い訳ではないのですが、曖昧な基準で話題作りや自らの趣向で推薦する高野連(各地区を含みます)やそのことを記事で煽る毎日新聞等のメディアによって翻弄されるのは、当事者としても楽しいものではありません。

今のままでは、一般枠と21世紀枠の間の溝は深まる一方です。今回、一般枠で選ばれても遜色ないといわれている富岡西と熊本西がさてどこまで健闘するでしょうか? それは外から見れば期待と楽しみかも知れませんが、選手・監督には相当なプレッシャーでしょう。本来、そういう気持ちにさせられるのであれば、彼らが一般枠で選ばれる可能性を広げてあげた方が望ましい方向性なのではないでしょうか?

私の母校が21世紀枠の推薦校に選ばれることは例え県レベルでも限りなくゼロに近いですし、散々書いても来ましたが岡山からこの枠で地区推薦を得られる学校が出現することも殆ど望み薄です。この枠の存在が中国地区では「山陰救済枠」になってしまっている為もありますが、それ以上に岡山には21世紀枠に相応しいと思われる学校がないことが最大の理由です。

甲子園出場の喜びよりも嫌な思いを数多くしなければならなくなるとすれば、それが高校野球のあるべき姿とも思えません。

21世紀に入って20年にもなろうとしている時期ですから、本当に真剣に見直さないといけないと思います。
投稿者:たかし
今年、私の両親の母校が21世紀枠の近畿候補校に選ばれました。
昔は強かったらしく、野球好きな両親は母校の試合を甲子園で見れると楽しみにしていましたが、結果は落選してしまいました。
両親の母校を私も甲子園で応援したかったのですが、もし出場していたらきっとここで反対派の人にボロボロに叩かれていたことでしょう。
そうであるならば落選して安心しました。両親の母校が叩かれるのは見たくないですからね。
21世紀枠で選ばれた学校も一般枠で選ばれた学校も日頃の力を出して頑張ってほしいと思います。
投稿者:issan
>杉原シンドラー様

色々ありましたね。

どんな理由があったにせよ、甲子園で大敗するのは選手たちにも気の毒ですし、選考方法は真剣に考えないといけませんね。

一般枠を削って選ぶ以上、一般枠に漏れた学校をそれ以上に悲しませない結果を望みます。
投稿者:杉原シンドラー
だれからもリクエストがないのに、「愚行枠」ワースト10(プラス2)を独断と偏見で選んでみました。

1:いわき海星(2013)(帰郷後の野球部長への餞別金窃盗事件も含めて、もはや伝説)

2:高校野球百周年枠(=2015和歌山桐蔭)(県ベスト8もインチキ和歌山枠発動)

3:SONTAC西岡(=2018膳所)(高野連副会長への忖度で県ベスト8も滋賀三校)

4:蓮池枠(=2003柏崎)(政治利用の始まり)

5:硬爺連が見たかった枠(=2013土佐)(投手陣の死球祭りに試合終了時の握手拒否、更に相手校の攻撃中もブラバン演奏。これで『応援団賞』とは悪い冗談?)

6:お前はバカか枠(=2013益田農林)(試合中の監督の暴言。絶望的な弱さはともかく………)

7:兵庫救済枠(=2012洲本)(兵庫春代表ゼロ阻止の為に、1995年の阪神淡路大震災を利用)

8:震災21年枠(=2016兵庫長田)(インチキ和歌山枠捻出の為に、現役選手が生まれる前の阪神淡路大震災を利用して、一般枠ほぼ確実だった報徳学園を弾き飛ばす)

9:エレベーター枠(=2014小山台)(絶望的な弱さはともかく、相手校の攻撃中もブラバン演奏)

10:侮辱ブログ枠(=2009利府)(エースが平成王子)

番外1:島根東大進学枠(=2002松江北)(文武両道で選出されながら、帰郷後にエースが即退部)

番外2:オリーブオイル枠(=2016小豆島)(次の代でいじめ事件が起こる)


1|2

カレンダー

2019年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

過去ログ

メッセージBOX

PVアクセスランキング にほんブログ村

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ