おじさんのスポーツおたく奮戦記?

岡山スポーツをまとめて応援するおじさんの気ままな戯言です。お気軽にお立ち寄り下さい。
背景を変えてみました。ベーシックなissanで勝負です(笑)
晴れの国から、岡山スポーツの応援をメインに様々な話題も拾っていこうと思います。
今後ともよろしくお引き立て下さいませ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:issan
>だいちゃん様

NPBと違って親会社を持たず、収入面で苦労の絶えないクラブが多いJリーグとすれば、地元の支援なくして経営を継続できないですから、必然的にそうなったとも言えそうです。

「代表より応援するJクラブ」という人はかなり多いですよ。特にJ2、J3では、代表の試合日程と関係なくリーグ戦が進められますから、棲み分けができてくるのだと思います。

J2では元々「バトル・オブ・九州」などの地域密着のダービー開催が行われてきて、その流れを踏襲して様々なダービーマッチを行うことで盛り上げを狙ってきました。J1ほどライバル心むき出しに戦うほどではなく、まったりしたものですが、それはそれでJ2文化のように感じます。

いつまでもそれではJ1昇格も叶わないのですが、楽しみは人それぞれで良いとも思います。
投稿者:だいちゃん
こういう地域色を出した点がJリーグを支えてきたのですよね。企業に「おんぶにだっこ」ありき、その上にホームタウン、というスタンスの野球のファンとしては羨ましいです。

先日、NHKの「サンデースポーツ」で三浦カズ立ち会いのもと、その地域密着で発展してきたJリーグの成り立ちなどやっていました。(ご覧になりましたか?)20世紀末、リーグ発足数年で次々クラブが消滅し、企業頼みに限界が言われたことからJリーグが地域密着型に転換したこと、近年の新しくJクラブを産み出した青森の話題などさすがにNHKという感じでした。

私の秋田の友人も「代表よりブラウブリッツ」という感じだし、私の知り合いにたくさんいる、純粋なる静岡県人には、「どちらにも興味ない」人は、いません。それは、全国的に地域密着が成功してきた証拠と思います。

岡山ももちろん、全国でさらにそれぞれの文化を大切にしながら、発展していくといいですね。

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

過去ログ

メッセージBOX

PVアクセスランキング にほんブログ村

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ