http://www.oka…" /> 夏の岡山大会 組合せ !! | おじさんのスポーツおたく奮戦記?

おじさんのスポーツおたく奮戦記?

岡山スポーツをまとめて応援するおじさんの気ままな戯言です。お気軽にお立ち寄り下さい。
背景を変えてみました。ベーシックなissanで勝負です(笑)
晴れの国から、岡山スポーツの応援をメインに様々な話題も拾っていこうと思います。
今後ともよろしくお引き立て下さいませ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:issan
>杉原シンドラー様

ありがとうございます。2年生エースが3年時も続けて甲子園に出るのは難しいことです。その前でも1967年・68年の倉敷工の小山(4期連続出場の代償で肩を壊しプロへの道を断たれましたけど)しかいません。1971年の岡山東商・吉田(国体優勝投手になりましたが)は届きませんでした。

2年連続確実と考えられていた川相、中野もダメでしたし、西にとってはかなり高い壁になります。今年のチームは援護してくれる打線がありませんから。本人の気力が持つかどうかでしょうね。
投稿者:杉原シンドラー
高校野球を話題ということで、この場をお借り致します。

今夏の岡山県大会の注目は「環太平洋大創志学園・西投手の二年連続はあるのか?」になると思いますが、四十九代表制以降の岡山の夏代表の「二年生エース」が翌年夏も甲子園に出場出来たかどうか調べてみました。なお、⭕が夏出場(春夏連続ももちろん含む)、🔺が春出場、❌が出場出来ずです。又、二年生時には「背番号1」でなくとも実質エースだった投手も挙げています。

1980年:楢崎(岡山理大付)➡🔺
1981年:川相(岡山南)➡🔺
1982年:安富(岡山関西)➡❌
1987年:松岡(岡山関西)➡❌
1988年:竹本(倉敷商)➡⭕

1994年:吉年(岡山関西)➡⭕
1998年:中野(岡山城東)➡❌

2000年:岡本(岡山理大付)➡❌
2004年:楠田(岡山理大付)➡❌
2005年:ダース(岡山関西)➡⭕

2018年:西(環太平洋大創志学園)➡❓





投稿者:issan
>だいちゃん様

今年は母校の現地応援が実現できそうなのですね。もし実現したらリポートをお願いします。

岡山大会ですが、関西が中国大会を制したことで勢力図が変わりつつあります。春の大会前までは、西投手の創志学園が一人勝ちのように扱われていたのですが(笑) 関西は江浦監督が勇退し、同級生で江浦さんの従兄弟でもある浜田コーチが監督になりました。1987年の夏に甲子園ベスト8に進んだときの関西のキャプテンが江浦さん、4番打者が浜田さんでした。この2人が三遊間を守り、チームの中心でした。勿論、2年生エースの松岡大吾(今年東大コーチに就任した松岡弘氏の甥)の力投があればこそでしたが。準々決勝で対戦した帝京のエースはあの芝草宇宙でしたし、この大会でPL学園が春夏連覇しましたね。

ただ、岡山大会はやはり本命なき戦いです。どこが出るかは全く分かりません。伏兵が一気にと言うこともありそうな、何とも予想できない大会になりそうです。県内の高野連関係者は創志に出てほしいのだと思いますし、プロ野球関係者は西くんには甲子園に出ないでほしいと思っているかも知れませんね。
投稿者:issan
>杉原シンドラー様

倉敷工の前監督の和泉さんと岡山東商の4番サードで夏の甲子園にも出場した俳優の美木良介氏は学年が同じで今でも親交があるそうです。倉工の兼光と東商の寒川、プロ入りした2人のエースの投げ合いは岡山県高校野球の2強時代の末期を飾る歴史的対決でした。

その後、岡山南や関西、岡山理大附などの台頭があって、両校は甲子園から遠ざかることが多くなりました。東商の復活は今年も難しそうですが、倉工には可能性があるので壁を破ってもらいたいと思っています。
投稿者:だいちゃん
「報知高校野球」買いましたが、関西が候補一番手ですね。全くの勝手な見解ですが、やはり、私が昔から高校野球の岡山の強豪で真っ先に連想したのが関西。今カープ職員という吉年投手の95年、特に、相手監督の高校野球最終ゲームとなった仙台育英との開幕戦は覚えています。そして、楽天イーグルスファンとして、小郷を育ててくれた(もちろん、立正大にも感謝ですが)こともあり、注目ですね。

静岡も昨日組み合わせ抽選あり、第三シードの母校はしんがり番号となり、ずっと「野球の聖地の一つ」草薙でやることになりました。

まあ・・7月という時期を考えればある意味「賭け」となりますが、その前に雨天順延なければ、初戦の前日に神奈川西部まで行く用事あるので、15年ぶりの現地応援を想定して、強行軍でお国入りする準備はじめてます。正直、初戦はノーシードから来る両校、いずれも母校よりランクはたぶん下なので、熱く燃えて応援するというより、「母校の躍動する姿を見て、今の応援風景を見つつ在校生のいる席でしっかりと応援したいです❗😊(卒業後20年以上経つので、正直、先生はみんな知らない人しかほぼいないでしょうが)

さて、今年こそ生応援、実現するか、ドキドキです❗😊
投稿者:杉原シンドラー
岡山は五校が二回戦から登場ということは、参加校数が59校だからですね。2の累乗の数ならば、全て一回戦から登場するからです(事実、64校の沖縄は不戦勝がありません)。東西東京のようにシード校は三回戦から登場という、上位校を甘やかしているとしか思えない組み合わせもありますが………。

ところで、『報知高校野球』によると倉敷工の中山監督が代わったようですね。以前申し上げた通り、私は岡山南時代からしか記憶にないのですが、それでも倉敷工は1996年夏、2003年夏、そして2009年春(頼宏樹や三村の代)と印象に残る試合が目立ちます。二回甲子園出場させた和泉利典監督が「育成功労賞」を受賞した年に十年ぶりの復活を果たせるかどうか注目したいと思います。

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

過去ログ

メッセージBOX

PVアクセスランキング にほんブログ村

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ