おじさんのスポーツおたく奮戦記?

岡山スポーツをまとめて応援するおじさんの気ままな戯言です。お気軽にお立ち寄り下さい。
背景を変えてみました。ベーシックなissanで勝負です(笑)
晴れの国から、岡山スポーツの応援をメインに様々な話題も拾っていこうと思います。
今後ともよろしくお引き立て下さいませ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:issan
>杉原シンドラー様

ドカベンがきっかけになった方は多いですね。漫画が始まったころは、1970年の東海大相模、1971年の桐蔭学園と神奈川が夏を連破して時期で、明訓高校を神奈川に置いたのもそのためだったと思います。となれば、山田くんをはじめ、彼らはいったい何年やっていたんだとびっくりします。あぶさんも驚きますね(笑)

広商の復活は地元でも歓喜ですが、まあ初戦が隣県対決になったのは残念です。甲子園での両県の対戦成績は岡山優勢なのですが、学芸館にそれだけの力があるかは疑問もあります。ちょっと複雑な初戦組合せでした。
投稿者:杉原シンドラー
私が高校野球を知るきっかけとなったのは水島新司の『ドカベン』と、1978年の甲子園(春か夏かは覚えていません)ですね。習志野の二回目の優勝も覚えていますが、全国的(?)に見る(観る)ようになったのは1978年からです。以降、関東・東西東京(山梨除く)で千葉だけ春夏とも優勝がありません(苦笑)。

それはともかく、中国から九州の夏代表校では、広島商(以下、広商)の復活に驚きました(ファンの皆様ごめんなさい)。一部では「『愚行枠』の候補に上がる日も近い」との声もあったようなので(逆に松山商は現実味を帯びて来たかもしれません)、これで「末代までの恥」は免れました。もちろん、池田高校のように不祥事連発で勢いがすぐ消える可能性もありますが………。

その広商と宇和島East(ユニフォームがそうなっているので)、佐賀北、沖縄尚学以外は直近五年(今年も含めて)以内に前回出場がありますね。各地の現実を見ると、高校野球の甲子園出場校も固定化しているということでしょうか?(だからといって、春の甲子園を堕落させた『愚行枠』を正当化する理由には出来ませんが)

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

過去ログ

メッセージBOX

PVアクセスランキング にほんブログ村

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ