おじさんのスポーツおたく奮戦記?

岡山スポーツをまとめて応援するおじさんの気ままな戯言です。お気軽にお立ち寄り下さい。
背景を変えてみました。ベーシックなissanで勝負です(笑)
晴れの国から、岡山スポーツの応援をメインに様々な話題も拾っていこうと思います。
今後ともよろしくお引き立て下さいませ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:issan
>杉原シンドラー様

今回の中国大会の組合せを見るにつけ、どこも決め手がないので必然的に混戦になると思います。最近勝っていない島根代表も中国地区の21世紀枠筆頭候補の位置づけからは抜けられるかも知れません。

創志は県大会を制したように、前年までのチームに比べて小粒ですが安定した戦いができているように感じます。倉商は例年通り、最少得点を守り切るスタイルを堅持していますが、得点力不足も相変わらずです。山陽は金光とのお隣さん対決を制して、ギリギリ3位に食い込んでますが、つかみどころのないチームという印象です。

広島も県北勢の新庄と備後勢2校ということで、期待したいところですが、どうも良く分りません。私としたら1974年夏以来の甲子園を目指す盈進に期待したいのですが。広島県にはもう忘れ去られかけている傾向ですが、「広商が夏に優勝した翌年は備後から代表が出る」というものがあります。しかし、1988年夏を最後に広商も全国優勝がないので、これも覚えている人が少ないでしょうね。

私は、山口勢が曲者のように感じています。が、こればかりはやってみないと分かりません。
投稿者:杉原シンドラー
秋の高校野球大会もたけなわ、やうやう面白く成り行く毎日

今年も『枕草子』をもじりました。それはともかく、秋の中国地区大会の組み合わせが決まったのですね。2012年夏を最後に甲子園初戦九連敗の島根は、すべて甲子園未出場の学校ですか。隣県の米子東のように自力で甲子園出場をつかんで欲しいと思いますが、直近三年の秋春の中国地区大会でわずか一勝の島根のレベルでは、2013年春の「お前はバカか枠」のような形しかないのでしょうか?

その島根二位と初戦で対戦する尾道商も、二年生遊撃手・古毛堂(こもどう)でベスト8以来の甲子園は自力でつかんで欲しいです。

岡山勢で言えば、環太平洋大創志学園は昨年夏の甲子園で一年生遊撃手として活躍した森田が残っているので、私は期待しています。こう言っては失礼ですが、西がいた前チームと違って注目されていない分、逆に伸び伸び出来るのではないかと思うからです。我が千葉県は関東地区大会(本日開幕)の組み合わせを見る限り、六年ぶりの「春代表空白区」の可能性が高いでしょう(苦笑)。

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

過去ログ

メッセージBOX

PVアクセスランキング にほんブログ村

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ