おじさんのスポーツおたく奮戦記?

岡山スポーツをまとめて応援するおじさんの気ままな戯言です。お気軽にお立ち寄り下さい。
背景を変えてみました。ベーシックなissanで勝負です(笑)
晴れの国から、岡山スポーツの応援をメインに様々な話題も拾っていこうと思います。
今後ともよろしくお引き立て下さいませ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:issan
>杉原シンドラー様

中国大会は本日行われた決勝の結果、倉敷商が鳥取城北を「9-7」で下して優勝しました。
この大会で、倉商は点の取り合いになった試合を僅差で競り勝って、優勝まで届きました。終盤に失点を重ねるなど、内容は褒められたものではありませんでしたが、何とか勝ち抜きました。勝負強さを見せたものの、投手力を含めた守りに課題を残しました。

私学全盛時代の昨今で、地区大会とは言え公立校が頂点に立つことが非常に難しくなっています。「岡山県内で唯一甲子園を狙える公立校」と言われ続けたのですが、2012年以来甲子園に届いていませんでした。来春の選抜に出れば、8年ぶりというのもかなり久しぶりのような感覚です。

四国大会は明徳義塾が完勝でした。東海大会は中京大中京が優勝です。近畿大会は明日が決勝。東京大会は4強が出揃ったところですね。

どのような顔ぶれになるかも楽しみです。
投稿者:杉原シンドラー
不謹慎なことから書き始めて申し訳ありませんが、四国地区大会準決勝は中国地区にとって「理想の結果」となりました(苦笑)。と同時に、岡豊は「長宗我部元親枠」以外で来春甲子園絶望となってしまいました(苦笑)。松浦清峰で「吉田&清水コンビ」として知られる(?)清水央彦部長が監督の大崎といい、今回は「愚行枠」候補から一般枠をつかんだ学校がありませんね。

中国地区大会準決勝は環太平洋大創志学園と広島新庄の勝利と私は予想していました。二年ぶりの甲子園出場当確の鳥取城北、春夏連続出場の2012年以来となる倉敷商、両校の関係者&ファンの皆様、大変失礼致しました。

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

過去ログ

メッセージBOX

PVアクセスランキング にほんブログ村

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ