おじさんのスポーツおたく奮戦記?

岡山スポーツをまとめて応援するおじさんの気ままな戯言です。お気軽にお立ち寄り下さい。
背景を変えてみました。ベーシックなissanで勝負です(笑)
晴れの国から、岡山スポーツの応援をメインに様々な話題も拾っていこうと思います。
今後ともよろしくお引き立て下さいませ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:issan
>杉原シンドラー様

正義の味方と悪役に大別されるとすれば、横綱に昇進した頃の若き日の白鵬であれば、彼は正義の味方でした。それは、悪役的存在に朝青龍がいた為に必然的にそうなりました。しかも、白鵬の土俵入りの型が不知火型なので、伝統的に「不知火型の横綱は短命」という角界のジンクスを心配して『白鵬、頑張れ』という人が多かったこともあります。
(このジンクスは過去に不知火型の土俵入りをした横綱があまりにも少なく、たまたまその力士が短命に終わっただけでした。雲竜型の土俵入りをした横綱にも短命に終わった横綱は数多くあります。不知火型=短命というジンクスが一層取り沙汰されたのが、横綱・玉乃海の急死でした。現役横綱の急死はあまりにもショッキングな事件で不知火型=不吉というジンクスになってしまいました)

白鵬が現在のように悪役となり、土俵態度や取り口が取り沙汰されるようになったのは結構最近のことで、それには長きに渡って日本人横綱が出なかったこと、日本人力士の優勝がなかったことにも影響されています。

近年の立ち合いの張り差しやかち上げに関しては、横綱の品位と結び付けて批判されますが、過去の横綱でも北の富士や北の湖などはやっていましたので、それ自体が駄目という訳ではなく、本来かち上げは上腕か肩で当たるのが基本なのに、白鵬の場合は肘でかち上げるから問題視されます。張り差しもスローでないと分からないぐらいのスピードで行うものなのですが、もろに手を突き出してやるので美しさがないのです。

さなわち、現状の白鵬の取り口はそれが衰えを意味しており、そんな威厳のなくなった横綱を引退に追い込むことすらできない周りの力士のふがいなさも責められるべきだと思います。

習志野のサイン盗みに端を発するマナー問題は、はっきりとルール違反ですから、白鵬よりも数段性質が悪いと言えるでしょう。

「勝てば良い」ではなく、受けて立っても泰然自若、圧倒的な力の差を見せつけて勝つのが横綱相撲であり、それができる力士が横綱でなければなりません。ならば、今は横綱らしい横綱は何処にもいないと言えのすね。
投稿者:杉原シンドラー
相撲の話題を書くのは初めてだと思います。

実を言うと相撲には完全に門外漢な私ですが、白鵬の取り口(で表現は合っています?)はよく「汚い」と言われていることは知っています。私の専門である高校野球ならば、近年の習志野のイメージでしょうか?以前も書きましたが、小林&加瀬体制(加瀬部長は2016年に異動)以降の習志野は「勝てばよい」(『勝てばよい』となった理由は前に書きましたので省略します)で、マナーの悪さに定評(苦笑)があるからです。更に、その習志野が県大会で毎回上位に入っていることも、現在の大相撲と似ているように思えます(的外れな見方でしたらすみません)。
投稿者:issan
>だいちゃん様

白鵬のあからさまなサボりに何も言えない協会の弱腰にはそろそろ我慢できなくなりつつあります。本人や周囲がそうではないと否定したり、本当に怪我や体調不良があったとしても、もう多くの人が信用しなくなりましたから。今場所前も「多分、休場するだろうな」と思っていたら、その通りになって呆れています。

まあ、そんな不良横綱でも優勝を許してしまう他の力士たちにも"喝"ですけどね。これについても、色々と噂が絶えませんが、それは割愛します。
投稿者:だいちゃん
いろんなネットを見てると、多くの人は気付いてるようですが、白鵬はある意味で、「名横綱」ではないですね。

これでも、この数年あまりでそれに気付いた今、かなり感情を抑えた表現をしています。怒

横綱が、サボリみたいに休みを繰り返し延命。

その結果、私は、友達の実家に同行した、昨秋のパック旅行で訪れた国技館(しかも、マス席だったのに・・)華である、横綱土俵入りがないという、「ラーメンからチャーシューが抜けた状況」
(こういう例えが私は好きなんです)になり、心底がっかりしました。地方から相撲のために上京して、同じ思いをしたファンは、おそらく多そうです。

そろそろ、協会も、「エルボー(かちあげ)」などと同様に、はっきり苦言を呈する段階です。

大体、白鵬は「部屋の師匠を見下している」という印象がありありですよね。最高位は前頭ということですが、横綱とは言え力士があきらかに師匠より上みたいな感じって、ヤクザ者が横綱になり、仮面まとって土俵入りしたり「禁断過ぎる、女性をぽーんと本場所の土俵に上げる」実に風刺感たっぷりの「ああ播磨灘」という漫画ありましたが、そういう「フィクション」の世界の話かと思ってました。

まあ、結論、「今場所は私は、十両の錦木と琴ノ若しかテレビでまで見たくはない」感じになりました。

以上です。悲しい・・

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

過去ログ

メッセージBOX

PVアクセスランキング にほんブログ村

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ