おじさんのスポーツおたく奮戦記?

岡山スポーツをまとめて応援するおじさんの気ままな戯言です。お気軽にお立ち寄り下さい。
背景を変えてみました。ベーシックなissanで勝負です(笑)
晴れの国から、岡山スポーツの応援をメインに様々な話題も拾っていこうと思います。
今後ともよろしくお引き立て下さいませ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:issan
>杉原シンドラー様

臼井監督が勇退されて以降は岡山南の受難の時代になりました。硬式野球の経験がなかった臼井さんは旧来のやり方に縛られない新しい指導法でチームを強化して行きました。昭和52年選抜に初めて出た時のチームは「打って打って打ちまくる」「5点取られたら6点取れば良い」という超攻撃野球で勝ち進みました。そんな野球でしたが犠打だけは確実に決めることを重視されたいたことが、その後の攻守にバランスの取れたチームへと変貌した理由だと思います。

阪神と言えば「代打の神様」八木裕は岡山東商の4番でしたが、岡山南の4番の横谷とは同学年です。八木の当時の振り返りを聞くと、川相は「努力では誰にも負けない郷土の英雄」なのに対し、横谷は「凄い金持ちのボンボン」ということしか聞こえてきません。阪神の指導力のなさを差し引いても、横谷の場合には性格的な問題があったように感じます。ちなみに、昭和57年夏、岡山南の3季連続甲子園出場を阻んだのは2年生の4番八木のいた岡山東商でした。

山根は県東部の日生出身で、中学当時は控え投手でした。そのチームのエースだったのが、後に岡山東商のエースとなった川渕でしたが、高校での立場は一気に逆転しました。県東部からはかつて瀬戸中の居郷(倉敷工-法大-プリンスホテル)や吉永中の兼光(倉敷工-近鉄)などの逸材が出たのですが、山根以降はめっきり少なくなりました。居郷肇さんは西武ライオンズ球団社長です。

山根の投球フォームは完全な我流で投手としての本格的な指導を受けたことがなかったことも、プロでいじくられて駄目になった原因の一つではないかと思います。同じことは関西からカープに入った吉年にも言えそうです。
投稿者:issan
>だいちゃん様

高畠さんをモデルにしたNHKドラマ「フルスイング」でしたよね。よく覚えています。

主演の高橋克実さんがドラマ撮影開始の挨拶の為に筑紫台高校を訪問した際に、高畠さんと雰囲気がそっくりだった為、校長や教員の一部が涙したという逸話が残っているように、この役は高橋さんのハマリ役だったのではないかと感じます。
投稿者:杉原シンドラー
岡山南といえば、あのPL学園と並んで1981〜87年まで毎年春か夏に甲子園出場していたことで、私は強豪のイメージを持っていました(過去形で表現したのは現状が………だからです)。

甲子園での実績の割に同校卒業生のプロ野球選手が少ないのは、福井商や宇部商と似ていますね。プロ入りした五名は私も覚えていますが、もし川相がプロでも投手を続けていたとしたら、失礼ながらあれほどの活躍はなかったと思います。それを言えば、横谷も高卒選手育成が下手な阪神に入らなければもう少し活躍したかもしれませんが………。山根については、イニングの先頭打者を何度も簡単に歩かせた甲子園での投球内容を見て、「プロでは通じない」と予想していました(山根本人には不幸なことに予想が的中してしまいましたが)。
投稿者:だいちゃん
高畠さんがモデルの学園ドラマ(高橋克実さん主演)知ってますか?

泣けたなあ・・

カレンダー

2020年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

過去ログ

メッセージBOX

PVアクセスランキング にほんブログ村

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ