おじさんのスポーツおたく奮戦記?

岡山スポーツをまとめて応援するおじさんの気ままな戯言です。お気軽にお立ち寄り下さい。
背景を変えてみました。ベーシックなissanで勝負です(笑)
晴れの国から、岡山スポーツの応援をメインに様々な話題も拾っていこうと思います。
今後ともよろしくお引き立て下さいませ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:issan
>杉原シンドラー様

理大附に関しては、ここ数年は力があっても支配運びのまずさやミスが重なって敗退する状況を繰り返してきました。1999年夏の全国準優勝がその後のチームを苦しめているようにも感じます。反面、関西や倉敷商などがプロで大成する選手を出せないでいるのに対して、現役でも多くの選手がプロで活躍しているのを見ると、育成方法に相違があるのかと考えてしまいます。

倉吉東の優勝は隣県ながら想定していなかったので驚きました。倉吉勢と言えば、私学の倉吉北が良くも悪くも一時代を築いたのですが、その後は倉吉東が時折健闘する様子が見えたものの殆ど様子が聞こえてこない時期が続きました。甲子園の舞台がないのは残念ですが、今後に期待したいですね。

津久見に関しては、1972年夏の全国制覇が思い出されます。川崎の時が最後の輝きとなっていますが、古豪復活は全国のオールドファンも期待しているでしょう。
話が逸れますが、2004年の選抜で岡山城東が作新学院を一蹴した試合後に城東の選手が、「作新て聞いたことないけどどこの学校?」と言っていたほど、全国から忘れ去られていたことを思い出しました。今では作新を知らない人はいないでしょうが、我々にとっては今でも「作新=江川卓」となっています。もう少し年代が上がると「作新=八木沢荘六」なんでしょうが(笑)
投稿者:杉原シンドラー
他県の代替大会で書き忘れがあったので、追加(?)します(ごめんなさい)。

大分では津久見が優勝しましたね。新聞によると二年生エースが力投したようですが、投の川崎(元スワローズ)に打の足立・古閑ら大型チームで春夏連続以来の甲子園出場が(池田や高松商、東筑、米子東、広島商のように)自力であることを願っています(『21世紀枠』でも、富岡西レベルの戦績ならば異論はありません)。
投稿者:杉原シンドラー
夜分お騒がせ致します。

千葉県民の私から見ると倉敷商、岡山理大附とも順当に思えてしまうのですが、地元では違うのですね。2010年代の甲子園出場は岡山理大附と玉野光南は共に一回だけですが。

他県の代替大会ですが、鳥取では交流試合組の鳥取城北を破った倉吉東が、金足農に2ランスクイズなどで初戦大敗した1995年夏以来の優勝ですね。現チームでの公式戦では「得点<失点」という異例(?)ぶりですが、甲子園が通常開催されていれば是非観てみたかったです。同校の甲子園初出場の時(1988年春)は相当物議を醸しましたが………。

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

過去ログ

メッセージBOX

PVアクセスランキング にほんブログ村

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ