おじさんのスポーツおたく奮戦記?

岡山スポーツをまとめて応援するおじさんの気ままな戯言です。お気軽にお立ち寄り下さい。
背景を変えてみました。ベーシックなissanで勝負です(笑)
晴れの国から、岡山スポーツの応援をメインに様々な話題も拾っていこうと思います。
今後ともよろしくお引き立て下さいませ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:issan
>杉原シンドラー様

広島県も岡山県と同様に現状は低迷期に近い状況です。広商が本当に復活したかどうかに関しては、もう少し見守らないといけないかも知れません。今年の場合は各校の力をどこまで見てよいのか、若干分かりにくい状態ですから、何とも言えません。

習志野の大敗はネットで確認していました。県内公式戦21連勝だったのですね。岡山県内には、そういうチームが出そうにないので驚きです。
千葉の準々決勝は15日のようですね。何より、決勝まで無事に開催できることを願っています。
投稿者:杉原シンドラー
スレ主様には申し訳ありませんが、岡山の代替大会は別記しますので、今回は他県の話題だけ書きます。

1978年から甲子園大会を観ている私ですが、大変失礼ながら広商が代替大会で優勝するとは予想外でした。しかも、十五年ぶりに復活した昨年夏の経験者は広島のみですから、荒谷監督(現役時代は沢田和基と同期で1994年春出場)はよほど有能なのでしょう。もしかすると、広陵VS広島新庄に割って入る日は近いかもしれませんね。

我が千葉県の代替大会ですが、三日前にブロック予選が終了して、15日からの決勝トーナメントに進出する八校が決まりました。

第一:千葉明徳
第二:市立船橋
第三:専大松戸
第四:日体大柏
第五:八千代松陰
第六:千葉黎明
第七:千葉学芸
第八:木更津総合

昨年春夏連続甲子園の主力が多数残った習志野は、ブロック決勝で市立船橋に何と五回コールド負けを喫して、県内公式戦21連勝(全盛期の拓大紅陵は24連勝)でストップしました。
投稿者:issan
>だいちゃん様

広商最強と言われた昭和48年のメンバーですが、キャプテンの金光、4番の楠原、エースの佃は法政に進みました。正捕手の達川は東洋でした。静高の3番・植松と4番・水のが法政、5番・白鳥が早稲田へ進みました。2年生エースの秋本は亜細亜へ進学しました。

という訳で、法政はこのメンバーに江川(作新)、袴田(静岡自)、島本(箕島)などが加わっていたのですから、まあ強くて当たり前です(笑) 金光、佃などが広商野球の中枢でしたから、サインは分かっていたというのは本当でしょう。
ちなみに、この学年の法政のキャプテンは金光でしたが、1学年下のキャプテンは現在のライオンズ球団社長の居郷肇さんです。倉敷工のエースで4番として、選抜ベスト8の立役者になりましたが、肩と肘を壊していたこともあり、法政では内野手に転向していました。ついでで恐縮ですが、法政のサード・居郷の1年後輩のサードが、岡山東商の4番から法政に進んだ寺田良介、今は俳優でロングブレスダイエットでも有名な美木良介さんですね。

かなり話が逸れまくりましたが、この時の全国制覇の監督だった迫田穆成さんが、如水館を、また弟の迫田守昭さんが広島新庄を全国的な強豪に育てました。

長らく低迷していた広商は昨年夏の甲子園出場以降は古豪復活の兆しを見せているので楽しみです。
投稿者:だいちゃん
何を仰るんですか〜(笑)

広島商業野球(広商野球、と言わないと、広島にもし言ったら、昭和世代の地元の人にお叱りを受けますかね?⚾️)の真骨頂と言えば、その昭和48年夏の決勝戦、豪打シズコウの二度目の全国制覇を打ち砕いた、サヨナラスクイズですよ‼️⚾️

私は、シズコウの地元で長く育ったとは言え、この時はまだ生まれてもいなかった若造ですが、近年、VTRで見て、衝撃を受けました❗️

確か、うろ覚えの記憶で書きますが、広商のメンバーとシズコウのメンバーがその後、法政大学の野球部で一緒になって、親しくなったらしいのですが、「あの時、実はキャッチャーのサインが読めていた」と広商OBがシズコウOBに言ったとか・・(記憶に一部、間違いあるかもです。すいません😣💦⤵️)いずれにせよ、広商の緻密な部分を鍛える練習がシズコウを振り切った優勝で、真骨頂の一幕ではあると思ってます。

(また、芋づる式に思いだしましたが、この広島商業vs静岡の決勝戦は、場内、立ち見客で溢れかえっていたという話は覚えていますが、今も甲子園が満員御礼、は多々あることですが、若造、がいうことでは断じてないかも、ですが、この昭和の時代は、本当に野球をよく知る、本物のファンで溢れかえっていたのではないか、という気は、なんとなくしています)

さて、本題に戻ると、広島商業の緻密な野球は平成の特に後半は、宿命のライバル・広陵のみならず、瀬戸内や広島新庄・如水館(ここを強くしたのは広商OBの人たちみたいですが)など信仰勢力にも押されていましたが、パワーとミックスした野球で復活なんですかね。

特に、広商OBで、今、一番、活躍しているプロ野球選手はソフトバンクの柳田で、この人はパワーヒッター以外に形容しようないですから⚾️

今後、見守りましょう。

カレンダー

2020年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

過去ログ

メッセージBOX

PVアクセスランキング にほんブログ村

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ