おじさんのスポーツおたく奮戦記?

岡山スポーツをまとめて応援するおじさんの気ままな戯言です。お気軽にお立ち寄り下さい。
背景を変えてみました。ベーシックなissanで勝負です(笑)
晴れの国から、岡山スポーツの応援をメインに様々な話題も拾っていこうと思います。
今後ともよろしくお引き立て下さいませ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:issan
>だいちゃん様

これはある程度予想できた話ですね。少人数の会食と言ってもアルコールが入ったら、制止できなくなる場合が多いので対策は難しいですね。NPBやJリーグなどでもチームごとに対応が分かれていますが、ファジのようにアルコールは販売も持ち込みも禁止という対応は正しいのかなと思います。「飲食」という表現を「食事のみ」と許可要件を狭めれば対策になると思いますが、反感を買いそうですね(苦笑)

関大は卒業生も非常に多いので人材は数多いです(笑) 漫画家では、年齢が近いので一番に出てくるのが、いしいひさいち先輩です。「がんばれ!! タブチくん!!」の他にも「おじゃまんが 山田くん」や「ののちゃん」などヒット作も多くあります。
余談ですが、「おじゃまんが 山田くん」をアニメ化する際に「東淀川大学」(モデルは関大ですが)では、全国的知名度がないということで「東江戸川大学」に無理やり変えられたそうです。でも、あの雰囲気は下新庄(東淀川区)界隈でないと出せないものだったので、非常に残念に感じました。東淀川大学、略して「東大(ひがだい)」というのが決まり文句でしたから。今なら、こんな無理やり変更ということはなかったと思うのですが、当時はタブチくんの大ヒットに乗っかって全国的に売り出そうという流れでした。

山里氏は、わざわざ千葉から関大に進んだのですが、その理由が「関西の大学を出ればお笑いで食っていける」と信じていたからということのようです。文枝師匠が創立したと伝えられる落研、関大では落語大学(略して、らくだい)と呼ばれていますが、その伝統を受け継いで上方落語界に多くの卒業生が活躍しています。天満天神繫昌亭(朝ドラ「ちりとてちん」のモデルです)では、定期的に『関大寄席』が開かれています。卒業生のみで開かれます。

スポーツ関係では最近、フィギュアスケート以外で目立つ選手が出ていないのが寂しいですが、かつての栄光を取り戻してほしいと願っています。
投稿者:だいちゃん
関大のクラスターに関しては私も把握していて、issanさんを思い出しておりました。

今、大学が対面授業、部分的にしかやらなかったりなのに、サークル活動は再開されて来て、学生たちはバイトもままならない人もいるので暇をもて余して、サークル活動で知り合いになった人とコンパを開き、その結果・・・こういう事例、結構多いらしいです。

私も大学時代はある文化系サークルで青春謳歌しましたが、「勉学やバイトと言った、学生の日常のなかのひとつ」でした。

軽々しく、今の大学生の気持ちを推し量ることは出来ませんが、学生にも自制を求めたいし、各大学としても、方針をはっきりさせて欲しいですね。

ところで、南海キャンディーズの山ちゃんって、issanさんの後輩なんですね。

M山学院大出身の旧友も、同窓生に有名な芸能人結構いると言ってましたし、関西特に大阪の大学は東京より比率で言えば高いかも、ですかね?

ちなみに、私が関大ときいてissanさん以外に思い浮かぶ人物は、故村山実さん、山口高志さん、何人かいるスケートの人たち、あとは、マンガ好きなので、手塚治虫先生の祖父が関わっていた、というのは一気に親近感でした🌳

カレンダー

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

過去ログ

メッセージBOX

PVアクセスランキング にほんブログ村

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ