おじさんのスポーツおたく奮戦記?

岡山スポーツをまとめて応援するおじさんの気ままな戯言です。お気軽にお立ち寄り下さい。
背景を変えてみました。ベーシックなissanで勝負です(笑)
晴れの国から、岡山スポーツの応援をメインに様々な話題も拾っていこうと思います。
今後ともよろしくお引き立て下さいませ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:issan
>だいちゃん様

本題からずれたところから入りますが、早稲田の小宮山監督は早稲田の一般入試合格組ですよね。それでNPB、MLBで実績を残す選手になったのですから、ある意味学生スポーツの真髄みたいな方です。立命館一般入試組だった古田もそれに類する選手でした。まあ、合格者の中に古田がいるということに当時の立命の監督が気付かなければ、彼は関大に来る筈でした。関大に来ていたら野球をやめていたでしょうし、今の彼はいなかったでしょうから、人生は何がきっかけになるか分かりません。

で、早慶戦ですが、実に羨ましいと常々思ってきました。どれだけ歴史と伝統があっても「関関戦」や「同立戦」がこれだけ話題になることはないですし、人気も出ません。戦前戦後はこれに「京神戦」も入っていたんですけど、もう見ることはできません。

駅伝の世界と同様、実力と実績を持つ選手は東六・東都を目指します。関西の各リーグにはその強豪校の控えメンバーが入って来るのが常です。大学野球で大きく伸びるのはそういう選手の方が多いのも確かなのですが。

日曜日の日中は中々中継を見ることはできませんので、試合内容に関しては機会があれば確認します。

私としては、昨年の神宮大会決勝で慶應に大敗した試合の雪辱を見たいので、母校が全日本なり神宮大会に出場するのであれば、また現地に行く気満々です(笑) 打倒!東六・東都 は山口高志さんの当時からぶれずに継続されてきた伝統ですから。
投稿者:だいちゃん
今日は早慶戦中継・しかも、勝った方が優勝の大一番を観てましたが、久々に、スポーツでの感動が、若者言葉で言えば「ヤバイくらい」でした❗️

ニュース等でやると思いますが、2-1で慶応が逃げ切り、優勝するかと思われた9回二死、8回から、慶応はヤクルト一位指名のエース木沢投手が投げていましたが、昨日、木沢投手から決勝ツーランの2年生蛭間君(浦和学院で1年春から4番とか)のところで、リリーフエースの生井君を送りましたが、何と、蛭間君は初球を叩き、これで優勝に導きました❗️⚾️この選手は、絶対「持って」いるので、プロに行くでしょう。

早川君は、本当に凄いです‼️

昨日は精密機械のような投球で15奪三振、今日も8回から救援し、痛打は浴びませんでした。楽天では、ファンとして即戦力の活躍を期待します‼️⚾️

試合後、ワセダの小宮山監督のインタビューからは、ワセダに育てられ、球界の宝になった人ならではの「矜持」が感じられました❗️⚾️これが伝統なんでしょうね。

久々に、スポーツで心底から、熱くなれました❗️⚾️

カレンダー

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

過去ログ

メッセージBOX

PVアクセスランキング にほんブログ村

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ