おじさんのスポーツおたく奮戦記?

岡山スポーツをまとめて応援するおじさんの気ままな戯言です。お気軽にお立ち寄り下さい。
背景を変えてみました。ベーシックなissanで勝負です(笑)
晴れの国から、岡山スポーツの応援をメインに様々な話題も拾っていこうと思います。
今後ともよろしくお引き立て下さいませ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:issan
>杉原シンドラー様

中国大会も四国大会も決勝の結果とスコア次第で5枠目がどちらになるかが変わって来そうです。広島新庄が下関国際を下し、明徳義塾が聖カタリナを下せば、内容やスコアに関係なく5枠目が鳥取城北になると思いますが、逆の結果となり更にそれが大差の試合になると小松ということになるでしょう。下関国際と聖カタリナが僅差で勝った場合には、5校目が紛糾するかも知れません。どちらにせよ、今日の結果待ちとなりそうです。

関東大会の準決勝が2試合ともコールドだったのは驚きましたが、ベスト4が選出されるとして、次は東京都の争いになりそうです。神奈川が空白になりそうですが、どうなりますか?
投稿者:杉原シンドラー
先日書きました中国大会準決勝の勝敗予想でしたが、広島新庄だけ当たりました。米子東のユニフォームが好きなので期待したのですが(不純な理由でごめんなさい)、2・5枠でコールド負けは痛過ぎます。しかも、昨年春夏連続出場しているので優遇する材料も乏しいと思います。セールスポイントを挙げるならば、県一位と中国地区の比較対象が(失礼ながら)鳥取城北ということでしょうか?(苦笑)

もっとも、四国大会のベスト4も地域性で有利な鳴門はコールド負け、接戦の(伊予)小松は地域性で不利なので、中国・四国地区最後の5枠目は間違いなくもめそうですね。

本日は4・5枠の関東地区でも、史上初の準決勝ダブルコールド負けがありました(東海大甲府のコールド負けには驚きました)。ただし、関東ベスト4は(地元市長が高野連本部に猛抗議した)2002年春の太田市商を最後に落選はありません。

カレンダー

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

過去ログ

メッセージBOX

PVアクセスランキング にほんブログ村

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ