おじさんのスポーツおたく奮戦記?

岡山スポーツをまとめて応援するおじさんの気ままな戯言です。お気軽にお立ち寄り下さい。
背景を変えてみました。ベーシックなissanで勝負です(笑)
晴れの国から、岡山スポーツの応援をメインに様々な話題も拾っていこうと思います。
今後ともよろしくお引き立て下さいませ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:issan
>だいちゃん様

地元の人たちにすれば、地元選手だけで戦うチームが全国で勝ってほしいというのは当然の気持ちだと思いますし、公立校を応援したいというのは当然だと思います。

かつては関西などの私学も地元出身選手だけで戦っていました。流れが変わったのが、県外から積極的に選手を集めて台頭してきた岡山理大附の存在です。それに対しては批判や反対意見が出るのは当然なのですが、そういう私学の台頭によって他の学校のレベルが上がるというのが理想的な姿だと思います。

さて、当時の岡山県では、関西と岡山理大附の私学2校と新興勢力の玉野光南、岡山城東の公立勢の争いが中心でした。体育科を持つ玉野光南は開校当時から期待を集めていましたが、この頃やっと頭角を現していました。一方、開校3年目で夏の甲子園に出た岡山城東は普通科進学校ながら学区を持たず県内一円から選手が集まる利点を最大限に生かして強くなりました。城東はガチの一般入試の選手だけでなく、監督からの推薦枠がありました。但し、その推薦枠も試験選抜が厳しくて、学力が足らずに入れなかった選手も数多くいたようです。部員は常に百人を超えており、ベンチ入りは容易ではない状態でした。現状では、数ある普通科高校の中ではやや強いぐらいの位置付けになりましたが、一度目立った実績を残すと再び強くなる可能性はあると思います。

現状では、関西、理大附など一時代を築いた伝統私学に勢いがなく、岡山学芸館、創志学園などの県外から多くの選手を集める学校が引っ張る状況が続いています。公立勢で対抗できるのが、倉敷商、倉敷工などの一部に限られているのも県全体のレベルが上がらない理由なのでしょう。

山崎監督が率いていた頃の城東は選手個々人が非常に野球を理解していたそうで「体力や技術ではなく、本当に強いチームは野球をよく知っている」と常々仰っていました。当時の選手たちは「野球頭がよかった」と山崎さんが振り返っておられたように、試合を決する場面で絶対的に強かったように感じます。また、野球部員が東大や京大に現役合格していたのもこの頃です。「進学実績が良い年のチームは強い」という傾向値があった岡山城東はやはり異質なチームだったと思います。
投稿者:だいちゃん
一度、このシリーズにコメント入れようと思ってて、忙しさの中でタイミング逃していました。

平成前半の中国地方は、本当に強かったですね。

「関西ー仙台育英」の95年夏の開幕戦、未だに覚えています。

和田の浜田や、山口県の西京や光なども、その後は苦戦してるようですが、なかなかのチームでしたね。

宇部商業抜きに、この時代の高校野球は語れないでしょう。

岡山城東は、一時常連でしたね〜、本当に、推薦枠がない、ガチの純然たる文武両道なのでしょうか?

山崎監督の移動でこれから厳しいかも、ですが、頑張って欲しいですね❗️

話、少し飛びますが、私自身、女子テニスの大坂なおみ選手の応援📣を今、かなりしていて、彼女の言動なんかも「成長したなあ。若いのにたいしたもんだ、恋人の存在隠さないのも俺からすれば、もっとやれ、という感じ」という感じで、肯定的に捉えていますが、彼女のようなグローバルな出自の選手を応援してるうち、高校野球で「どこの県・地元の出身だから素晴らしい、県外が多いとダメ」みたいな考えも、古く感じるようになりました。

うちの父など、東北育ちの古い世代なので、

「公立校以外は、高野連から除外して欲しい、(息子は私立校出身なのに)21世紀枠絶対必要」

と言いますが、まあ考え方は自由としても、少し父の考え方は、今の時代には合わないかも、とは思います。

私自身、これからどんどん世界を知りたいし、考えを深めたいですね。

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

過去ログ

メッセージBOX

ブログランキング・にほんブログ村へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ