おじさんのスポーツおたく奮戦記?

岡山スポーツをまとめて応援するおじさんの気ままな戯言です。お気軽にお立ち寄り下さい。
背景を変えてみました。ベーシックなissanで勝負です(笑)
晴れの国から、岡山スポーツの応援をメインに様々な話題も拾っていこうと思います。
今後ともよろしくお引き立て下さいませ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:issan
>だいちゃん様

その感覚はよく分かります。日本国内の地名や地理の知識の多くは高校野球から得ました。特に昭和の時代には公立校が多く出場していましたので、地域や地名と結び付いた校名に触れる機会が沢山ありましたからね。

平成以降は私学がかなり台頭したので、段々とその感覚が薄れて来たのは少し残念ですが😔
でも、都城は私学でしたね😙

スポーツイベントがあまり多くはなかった頃ですから、今より高校野球への親しみは相当大きかったと思います。
投稿者:だいちゃん
先日、「ある一定の世代以上には、高校野球が、意識に根付いている」ことを再確認する出来事がありました。

それは、大前提として、70代の私の母は、別に熱心な野球ファンというわけでもなく、地元(岩手)関連や、話題の野球なら少しは語れる、という感じ(私から見て)ですが、こんなことがありました。

母と会話してて、昭和のリゾートの話になぜかなったのですが、海外旅行が一般的になるまでの代表的なリゾート地の「宮崎の都城」の話になったら、私が別に関連付けてはいないのに、母の方から「書道で書いたようなユニフォームの高校」(issanさんには、この意味を、ご存知かどうか、聞くだけ失礼かと😁)と、都城という土地のイメージを挙げていました。

やはり、昭和世代にとり、高校野球で植え付けらる、日本地理の知識とか、凄いんだな〜と思いましたよ。

記事に直接の関係はないですが、高校野球つながりということで・・

今の、サッカー日本代表の試合をネット配信でだけ見て、あれこれ偉そうに言ってる若い世代には、分からない感覚なんでしょうね、きっと・・😅
投稿者:issan
>杉原シンドラー様

なるほど、準優勝校は甲子園出場の可能性が激減するようですね。これはたまたまだったとしても、長く続けば意識してしまいますね。優勝校も4割の確率では、何とも言えないものがあります。

岡山にも「春の県大会優勝校は夏の甲子園に出られない」ジンクスが伝えられていますが、圧倒的な大差をつけて春を制した学校が、夏の県大会で敗退した時の印象が強い為にそう言われてきた気がします。それに加えて、シード校には「初戦の壁」という魔物とも戦わないといけません。

今年はコロナ禍で練習や試合が思うようにできていないので、波乱の多い大会になりそうな気がします。
投稿者:杉原シンドラー
高校野球の話題ということで失礼致します。

昨日決勝の千葉県大会は千葉学芸が8ー2で春代表の専大松戸を破り、秋春夏を通じて初優勝しました(決勝進出の両校は春の関東地区大会出場)。「千葉は春の県大会の結果があてにならない」とかつて関東他県で言われていたのですが、直近十年の春の県大会決勝進出校の夏の成績を挙げてみました(新型ウイルス騒動で春の県大会中止の昨年は除きました)。なお、左側の学校が春優勝校です。

2010:習志野(準決勝敗退)、銚子商(初戦敗退)
2011:習志野(甲子園出場)、専大松戸(四回戦敗退)
2012:専大松戸、松戸国際(共に準決勝敗退)
2013:東海大望洋、専大松戸(共に準決勝敗退)
2014:専大松戸(決勝敗退)、東海大浦安(準決勝敗退)

2015:専大松戸(甲子園出場)、沼南(四回戦敗退)
2016:東海大望洋(準々決勝敗退)、千葉黎明(五回戦敗退)
2017:専大松戸、千葉敬愛(共に準々決勝敗退)
2018:木更津総合(甲子園出場。東千葉)、習志野(準決勝敗退。西千葉)
2019:習志野(甲子園出場)、専大松戸(四回戦敗退)

上記の通り春優勝校は夏の県大会も四割の確率で甲子園出場となりますが(ベスト8進出ならば十割)、準優勝は望み薄で半分はベスト8進出すら出来ていません。春夏連続出場をねらう専大松戸にとっては怖いデータとなりそうです(苦笑)。
投稿者:issan
>杉原シンドラー様

春の大会は甲子園に直結しないことから、住されない場合が多いのですが、それを見返すには夏に頑張るしかありませんね。船橋は総社南と同様の扱いかと思てますが、シードされた夏にどれだけ戦えるかが大事でしょうね。

倉敷商は永野を温存したのか、調子が上がらないのか分かりませんが、夏には作り上げてくるように思います。創志学園の川端はあまり高い評価を受けてきませんでしたが、かなり急ピッチで成長しているように思います。逆に学芸館の仲村は伸び悩んでいるように感じますが・・・!?
投稿者:杉原シンドラー
我が千葉県大会は本日準決勝が行われ(テレフォンサービスで聞いただけなので、記憶違いがありましたらごめんなさい)、

千葉学芸3ー1成田
専大松戸7ー0船橋(七回コールド)

となり、勝者は春の関東地区大会出場を決めました。昨秋の新チーム始動時から「千葉学芸と拓大紅陵が二強」と言われていたのですが、千葉学芸については下馬評通りと言えます(秋も専大松戸に足元をすくわれましたがベスト8でした)。もっとも、これが(甲子園に全くつながらない)春の県大会というのが微妙なところです。怪進撃(誤字ではありません)が止まった船橋も、夏も同様に活躍するのか「春の珍事」に終わってしまうのか分かりませんが。

岡山の決勝は予想外の大差がつきましたが、倉敷商が永野を温存したので参考にならないと思います。個人的には石田(東海大相模)・野崎(県岐阜商)・達(天理)・西村&小畠(智弁学園)・秋山(広島新庄)が今春甲子園に戻って来たので、永野も続いて欲しいのですが。

カレンダー

2021年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

過去ログ

メッセージBOX

ブログランキング・にほんブログ村へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ