会計ニュース・コレクター(小石川経理研究所)

新しい会計基準や内部統制など経理や会計監査にかかわるニュースを集めます。「ページ内検索」や「記事カテゴリー」の機能も活用してください。

 
小石川経理研究所雑記帳新・小石川経理研究所の本棚内部統制報告制度小事典「中小企業の会計に関する基本要領」の手引き100万社のための中小企業会計学校法人会計回覧板ツイッター監査法人の会計監査基準集プライムその他
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:きんちゃん
検察の主張のおかしな所は、役員報酬として計上していない残りの10億を役員報酬として有報に記載しないのは違法だと主張してる点です。

裏報酬のロンダリングと検察は主張してますけど、役員報酬を20億計上して10億しか有報には記載せずに、残りの10億を競業避止契約料や顧問契約料で支払おうとしたなら検察の主張はその通りです。

しかし役員報酬は10億しか計上されていないのですから、有報に10億と記載するのは当然の事です。
本来なら20億計上して20億記載するべきだとしても10億しか計上していないのですから10億との記載でいいはずです。
残りの10億は役員報酬として計上していない以上は役員報酬ではありません。

この10億が役員報酬だと言われたら、日産はゴーンさんと競業避止契約も顧問契約でも出来なくなります。
役員報酬として計上してるわけではないので、お金に役員報酬と書かれてるわけではないのに、これは役員報酬だから役員報酬として記載しないとダメだと言われたら、どの金なら競業避止契約料や顧問契約料として支払っていいのかわかりません。

実質役員報酬だと言われたら、日産からゴーンさんに支払う金はすべて実質役員報酬になってしまいます。

役員報酬として計上してないのだから、その10億は役員報酬ではなく、計上していない以上は記載する必要もないはずです。
それを、これは実質役員報酬だから役員報酬として計上して記載しなとダメだと検察に強制されてるみたいです。

これは裏報酬のロンダリングではなく、ただの言いがかりのレベルです。

日産もケリーさんも、ついでにゴーンさんも無罪が妥当ではないでしょうか。
投稿者:きんちゃん
日産がゴーンさんに90億支払っていないから事件になっていないですよね。
支払っていないのに有罪を認めてる日産は大丈夫なんですかね。
3月に無罪になったら大変なのではないでしょうか。

当サイト内検索グーグル版

広告です



BANTO

最近注目している本


(↑電子書籍版)









最近の記事

過去ログ

当サイトの目印

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

小石川経理研究所雑記帳

RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ