会計ニュース・コレクター(小石川経理研究所)

新しい会計基準や内部統制など経理や会計監査にかかわるニュースを集めます。「ページ内検索」や「記事カテゴリー」の機能も活用してください。

 

小石川経理研究所雑記帳新・小石川経理研究所の本棚内部統制報告制度小事典「中小企業の会計に関する基本要領」の手引き100万社のための中小企業会計学校法人会計回覧板メールマガジン読者登録ツイッター監査法人の会計監査基準集プライムその他
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:maku
社債の中途償還はできないのでしょうか?
社債の条項は知らないのですが
期限前償還は、契約上ないのか、投資家のエコノミクスのためにしないのか、期限前償還行使時のペナルティーが高いのか、よくわかりません。
そうすれば、Debt Assumptionする必要がないですし。
それにしても、AAAで4%以上あったんですかね。

また、武富士担当の会計士は中身がよくわかってO.K.を出していたんですかね?とてもプロ(証券会社)対プロ(投資家)とは思えません。最悪300億近くも損とはすごいですね。私も変なスキームに乗らないこと、は同感です。

高い格付けで、金利を稼がなければならないので、仕組み債はDebt Assumptionの対象になっていることは少なくなかったと想像つきますがどうでしょう。
投稿者:dias51
>いずれにしても、証券会社が持ってくるような変なスキームにはのらないことが大切

全く同感です。財産を信託する余裕があるなら、それを使って社債を償還すれば良かったのに、と思います。
年4%以上の運用って、決して楽ではないですからね。

http://blog.livedoor.jp/dias51/

当サイト内検索グーグル版

広告です

最近注目している本







メールマガジン読者登録中!

最近の記事

過去ログ

当サイトの目印

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

小石川経理研究所雑記帳

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ