会計ニュース・コレクター(小石川経理研究所)

新しい会計基準や内部統制など経理や会計監査にかかわるニュースを集めます。「ページ内検索」や「記事カテゴリー」の機能も活用してください。

 

小石川経理研究所雑記帳新・小石川経理研究所の本棚内部統制報告制度小事典「中小企業の会計に関する基本要領」の手引き100万社のための中小企業会計学校法人会計回覧板メールマガジン読者登録ツイッター旧ツイッター監査法人の会計監査基準集プライムその他
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:M
ありがとうございます。
なるほど、未収入金/利益、自己株/未収入金の
二つの仕訳で処理するのですね。
投稿者:kaikeinews
和解により堀江被告に対する債権が発生します。自己株の分だけ仕訳すると、借方、未収入金40億円、貸方、何らかの利益科目40億円、となります(株式の時価40億円とし、取引完了まで時価が変動しないものとします)。

実際に和解に基づくライブドア株の引き渡しがあれば、借方、自己株式40億円、貸方、未収入金40億円、となります。

自己株式は純資産のマイナス項目ですので、40億円だけ純資産が減ることになりますが、和解による利益が利益剰余金に計上されるので、税金を考えなければ、純資産への影響はゼロとなります。

もちろん、元株主らに会社が支払った賠償金が損失計上され、利益剰余金のマイナスとなっているので、全体でみれば、純資産は目減りするわけですが、堀江被告以外の株主にとっては、堀江被告の持分がなくなったので、堀江被告から回収できなかった賠償金を除き、損はないということになります。
投稿者:M
会社にとっては、自己株を取得しても資本控除なので、何故、損害賠償金の請求権と相殺できる対象になるのか分かりません。
この件は堀江氏が、手持ちのLD株を他者に売却し現金化した後、賠償に充てるものだと思ってましたので意外でした。(未払い配当金との相殺はありうるとは思ってましたが)。

実際に、LDH側は300億超ものキャッシュアウトが生じていてその補填のための賠償なので、未払い配当金との相殺は分かるにしても、
結局入ってきたのが、現金21億、自己株40億相当です。自己株は資産じゃない以上、どう仕訳するのでしょうか?

当サイト内検索グーグル版

広告です



BANTO

最近注目している本










メールマガジン読者登録中!

過去ログ

当サイトの目印

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

小石川経理研究所雑記帳

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ