会計ニュース・コレクター(小石川経理研究所)

新しい会計基準や内部統制など経理や会計監査にかかわるニュースを集めます。「ページ内検索」や「記事カテゴリー」の機能も活用してください。

 

小石川経理研究所雑記帳新・小石川経理研究所の本棚内部統制報告制度小事典「中小企業の会計に関する基本要領」の手引き100万社のための中小企業会計学校法人会計回覧板メールマガジン読者登録ツイッター監査法人の会計監査基準集プライムその他
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:kaikeinews
ただし、引用したトヨタの例では2期分以上続けて記載しているので、(対象期間の最初の期の期首以外は)「3月31日現在」と書くしかないような気もします。複数年度を一緒に記載している場合は、最初の期の期首は「4月1日」、それ以降の期の期首は「3月31日」ということになるのでしょうか(トヨタはすべて「3月31日」)。
投稿者:kaikeinews
コメントありがとうございます。勉強不足でした。トヨタは折衷的なのですね。
投稿者:Isop
米国基準ではむしろ、2010年4月1日のような標記が一般的です。例えばASC220-10-55-12においてもBalance at Januay 1のような例が掲載されていますので、日本で米国基準を採用している会社もそれに従い概ね期首の日付で記載しているように思います。トヨタさんのケースは逆に米国基準でありながら、日本の会計慣行を斟酌した表示になっているのではないかと推察します。

当サイト内検索グーグル版

広告です

最近注目している本

メールマガジン読者登録中!

過去ログ

当サイトの目印

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

小石川経理研究所雑記帳

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ