会計ニュース・コレクター(小石川経理研究所)

新しい会計基準や内部統制など経理や会計監査にかかわるニュースを集めます。「ページ内検索」や「記事カテゴリー」の機能も活用してください。

 

小石川経理研究所雑記帳新・小石川経理研究所の本棚内部統制報告制度小事典「中小企業の会計に関する基本要領」の手引き100万社のための中小企業会計学校法人会計回覧板メールマガジン読者登録ツイッター監査法人の会計監査基準集プライムその他
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:kaikeinews
下のコメントのリンクは無関係なものです。失礼しました。
投稿者:kaikeinews
コメントありがとうございます。

日本原電の原発の廃炉は、大事故を起こした東京電力の原発と異なり、予定よりは早く時期が来そうだという点を除いて、他の原発の廃炉と条件は同じです。その点からも注目したいと思います。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130428/crm13042800000003-n1.htm
日本原電については、今後も関心を持って見ていきたいと思っています。

清算することができない会社です。廃炉をするとしても長期間であり、誰に対する債務かも特定されない。操業をせずとも、核廃棄物や高濃度放射性物質は会社の設備内に存在し、安全に管理し、適切に廃棄しなければならない。原子炉に関係する債務とは、地域社会のみならず広く国民や世界に対する債務という面もあると考えます。

日本原電は、社債を発行していることからと思いますが、有価証券報告書を提出しており、財務諸表をはじめある程度の情報を知ることができる。せめて同程度の情報開示が永続して欲しいを私は思っています。もし、一般の監査すら対象外となるような組織に改編されることになったら、恐ろしい気がします。

なお、今回の日本原電敦賀原発2号機問題はちょうど良かったのかもしれないと思います。他の原発や原発保有電力会社に共通する問題が含まれており、これを機会に議論が進むことを期待します。

http://aruconsultant.cocolog-nifty.com/blog/

当サイト内検索グーグル版

広告です

最近注目している本

メールマガジン読者登録中!

過去ログ

当サイトの目印

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

小石川経理研究所雑記帳

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ