ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2008/10/24

仙台港〜古口(最上川舟下り)  東北そぞろ

フェリーでは、夜中にドーーンドーーンっていう波にぶつかる音で何度か目が覚めて
寝てる分にはいいのだけれど、起き上がるとめまいが激しくて・・・

一応、運転手さんと8時半に朝食を食べにいく約束してて
でも、起き上がれなくて・・・
「ごはん無理」と電話しようと思ったけど電話がつながらず・・・
仕方が無いから8時半に起きて、どこ洗ったかわかんないけど一応顔を洗って
化粧して・・・?制服に着替えて・・・
(あとで、Nちゃんに「いやーー15分で顔洗って化粧したさ」って電話で話したら「いつもでしょう」と言われた

そしたら8時半にドアがドンドンなった。
運転手さんが迎えに来た
「大丈夫かぁ〜〜〜」
「いんや・・・大丈夫でないから・・・」
とかいいながらレストランに向かう

バイキングでウインナーを取る人の気持ちがわからず・・・
でも何か食べないとなーーーと・・・
味噌汁の汁とおかゆをズズズーーーーッと流し込む
あ・・・
なんだか、少しスッキリする。

で、下船の30分前にバスに行き、いよいよ仕事の準備
バスに乗ってから、運転手さん
「いやーーーー具合悪い」と、うなだれている

私は、どーゆー訳だかバスに乗ったら頭の中がスッキリ!
元気回復!

北海道blogランキングへ参加しています

さーーーいよいよ出発です
クリックすると元のサイズで表示します

お客様は高齢者が多かったのですが・・・
皆さん、すでにターミナル玄関前でバスが来るのを待っています。
バスが着くと我先にと乗車してきて、添乗員さんもタジタジです。
なんと・・・47名+1名(添乗員)で満員御礼です(汗)

クリックすると元のサイズで表示します
早速、仙台港北ICから高速道路を走行です

緊張しながらも挨拶をして・・・
何度も同じようなコースで旅してるリピーターが多いとのことでしたので
「初めてですので心臓がばふらめいてます。もし案内する内容や景色が違ったら”ちがうよ”と教えて下さい。そして、あんまり質問はしないで下さい」と・・・
お客様、暖かい拍手を下さった。

東根ICまで高速を走行し最上川舟下りまで・・・
2時間半はかかるかな?「時間的な感覚ですと新千歳〜旭山動物園に行くようなもんです」というと納得していました。
仙台港を出発したのが10時半・・・遅い昼食になります(屋形舟でお弁当)

笹谷トンネルの中でお待ちかね「山形県」の管轄です
ガイド「さーーーみなさま、山形県に入りましたら拍手をお願いします」

お客様・・・そわそわ前を覗き込む様子・・・
3キロもあるのか・・・長いトンネルだな・・・とか会話が聞こえてくる

そのうちに「お!!!山形さ来たぞ!」(お客さん、みなさんかなりのナマリです)
パチパチパチパチ!!!
盛大な拍手が!!!湧き上がる

途中、蔵王PAでトイレ休憩を取ります
クリックすると元のサイズで表示します

お客様1「いやーーー、ここはトイレしかないんだな〜。ガイドさん、次とまるところにお酒あるかい?」
私「すみません、私、来たことないんでわかりません」(汗)
がははは

お客様2「ほら、舟に乗ったら途中でコンビにあるらしいぞ」と、ガイドブックのコピーを見せる(念入りに勉強してきている・・・汗)

私「いやーーー、屋形舟といえばお酒はつき物ですからね〜。お酒は大事ですからね〜」

お客様多数「そうだ!そうだ!」

添乗員「今、電話で確認しました。古口(乗船場)にお酒は売ってるそうですよ」

あーーー良かった!良かった!

がはは!がはは!

まるで貸切バスのような雰囲気・・・
クリックすると元のサイズで表示します

高速道路を降りるとお客様の方を向いて普通に案内をしていきます
やがて紅花と花笠踊りの尾花沢を通り新庄へ

ガイド「まもなく入る町が新庄市です。ここに住む人々の歯はどなたも真っ白だそうです」
うける・・・↓
クリックすると元のサイズで表示します

尾花沢では徳良ダムの話をして、いよいよ「花笠音頭」を唄う

伴奏と合いの手はお客様・・・
すんごいノリノリだ・・・
どんな元気な修学旅行生にも負けていないくらいに元気がいいお客様・・・

花の山形 紅葉の天童 雪をながむる 尾花沢

おらが在所へ 来て見やしゃんせ 米のなる木が おじぎする

朝の六時から 弁当箱下げて 徳良通いは 楽じゃない

ついて固めて でかした堤 水ももらさぬ 深い中

ハァ〜
ヤッショウ マカショウ シャンシャンシャン


ここから、全員で!

めでためでたーーの 若松様よーー枝も (チョイチョイ)栄えて 葉も茂るーー

やがて、最上川が見えてくる
そろそろ、最上川と芭蕉、舟下りの案内・・・
クリックすると元のサイズで表示します

では、皆様が降車したあと、バスは舟の下船場「草薙」まで回送をしますので車内にお忘れ物のございませんよう必要なものはすべて持って降りてください。尚、屋形舟の中で回送中○○バスを見つけたら、黄色いハンカチを大きく振ってくださいね!

車内、大爆笑(夕張から参加の団体様もいらっしゃいました)

よっこらせ
よっこいしょ
(よっこいしょういち)は、さすがにいなかった・・・

とバスを降りながら、古口の乗船場へ出かけていきました。

北海道blogランキングへ参加しています



2008/10/27  10:16

投稿者:花子

げらさん
おはようございます
はい・・・バスごと乗務員付きで東北観光です
地元のバス乗務員さんに、よく話しかけられました
「北海道からですかーーー」って

2008/10/25  23:29

投稿者:げら

うひゃあ、ガイドさんごと東北へ行ってしまうなんてスゴイことですね。
慣れない場所を案内されてお疲れだったでしょう。でも楽しいこともありますよね。

http://blogs.dion.ne.jp/pkuratan

2008/10/25  11:15

投稿者:花子

砂糖味さん
おはようございます
本当は米沢に行きたかったの。
姉がいるから・・・
来年のNHK大河ドラマは直江兼続だから、米沢観光ブームになるかな???

2008/10/25  11:11

投稿者:花子

そうそうさん
おはようございます
無事に帰りました。
初めての東北ガイドはどこも新鮮でした。
また、機会があれば行ってみたいですよ

2008/10/25  11:09

投稿者:花子

tomukunさん
おはようございます
フリーガイド時代に「利尻礼文」「奥尻」は何度か走っていますよ・・・
15時間半の船旅がキツカッタです。
到着しちゃえば何とかなるもんです(黙っててもバスは進むし)

着いちゃえば開き直りです。
着くまでは、猛勉強です。
準備9割・・・あとは健康元気があれば大丈夫!

2008/10/25  11:06

投稿者:花子

アサ妻さん
おはようございます
えーーー?何回も利用してるのですか?
たしかにリピーターのお客様ばかりでしたよ。
しかも、かなり面白いお客様ばかり!

今回も酒田に行く途中に遠くの方からシャチホコのついた立派な城が見えていて・・・お客様はざわざわ・・・
でも、下調べした中にお城なんて出てこないし・・・そのうちに、お城が真横に・・・
大型スーパー銭湯でした・・・(ホッ)

その通りに話したら受けてました・・・

アサ妻さん、参加すれば良かったのに!

2008/10/25  11:01

投稿者:花子

第一滝本館 ブログ担当さん
おはようございます
ありがとうございます
船は常に横揺れ状態です
お客様は「自然あんま機」と言ってました(笑)
なっちゃんレラ、私も一度乗船してみたいなーーーと思っていたので残念です。
すごく可愛い船体で、青森まで2時間は魅力ですよね。

弟さん・・・今は健康ですか?
第一滝本館 ブログ担当さんも淋しい思いをされたんですね(だから、しっかりしているのかな?)
きっと、お母様も家に残している第一滝本館 ブログ担当さんのことが気になっていたと思いますよ。

ご家族をお大事に!
今年は今までにないくらい登別出張の多い年でした。
また、よろしくお願いします

2008/10/25  7:26

投稿者:砂糖味

波乱万丈(?)のガイド花子、お疲れ様でした。
締めくくりが、海を越えての山形旅行。山形は本州の人でもなかなか行けないところ。羨ましいですね。
私の山形旅行は米沢方面でしたが、言葉が分からず大苦労でした。
オフシーズン、「色々な花子」で頑張ってください。

http://www.hakosan.co.jp

2008/10/24  23:39

投稿者:そうそう

お疲れ様でした。また半年間パワーを溜めてガイドに復帰するのですね。
仙台旅行記早く続きが見たいです!(^^)!

2008/10/24  21:31

投稿者:tomukun

ヘー内地でしたか・・・「海を渡って」とあったので、てっきり「利尻・礼文」あるいは「奥尻」・・・と思っていました(スケールが小さくてスンマセン)。 行ったことのないところのガイドも・・・さすがプロですね(脱帽)
これからも内地編楽しみにしています。
とりあえずシーズンお疲れ様でした。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ