ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2008/11/4

菅野温泉@鹿追町  十勝総合振興局

太郎は覚悟していたそうです・・・
いつかは「行くことになるだろう」と・・・

菅野温泉に向かう道中、ぽつりぽつりと語り始めました

新婚時代、私が話してたそうです(本人記憶なし)

「私ね、一度でいいからどーーーしても行ってみたいあこがれの温泉があって、菅野温泉っていうんだけど〜」

そしてついに、その日がきました

話が決まったら一刻も早く向かおう
なにせ、日が暮れるのが早いから・・・
午後三時過ぎ、宿をしゅっぱーーーつ!

北海道blogランキングへ参加しています

これからご案内する菅野温泉は然別川の源流に近い谷あいの温泉で、あたりは千古オノを知らぬ大原始林、渓流には30センチもあるイワナが群れをないているという自然境です。明治45年、湯治場として開かれたところで歴史は古く、昭和46年には国民保養温泉地に指定されました。お湯の量が豊富なうえ、大変良く効く温泉ということで、農閑期には近隣農村の老若男女が一年間の仕事の疲れをいやしに訪れています(バスガイド教本より抜粋)
クリックすると元のサイズで表示します
キタキツネの通る道

菅野温泉までの道は全部舗装されたとはいえ、かなりカーブのきつい一車線が続き勾配も急だ・・・
大草原の小さな家」を出発し、深い林の中を抜けると・・・およそ30分ほどでポツンと一軒の宿が現れた


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昔から「菅野の湯で治らない病気はない」と言われる名湯
クリックすると元のサイズで表示します

8種類の異なる泉質を楽しめます
クリックすると元のサイズで表示します

浴槽が離れているので迷路のような廊下を歩きます
クリックすると元のサイズで表示します

自然湧出したお湯がかけ流し
クリックすると元のサイズで表示します

源泉は30数本
クリックすると元のサイズで表示します

どれだけの人がここに腰掛け、命の洗濯をしたのだろう
クリックすると元のサイズで表示します

我が家も混浴風呂で水入らず?
クリックすると元のサイズで表示します

鹿追町HPこちら
鹿追町観光協会こちら
北海道体験.comこちら
シービーツアーズの秘密こちら


まだまだつづく

北海道blogランキングへ参加しています

クリックすると元のサイズで表示します



2008/11/5  10:09

投稿者:花子

raftingさん
おはようございます
ようこそお越し下さいました
なかなか、風性のある温泉でしたよ

2008/11/5  10:08

投稿者:花子

ごんちゃん
おはようございます
あのね、今回は時間がたりなかった
想像以上に魅力的で行きたい、見たいところが満載の町でした。
菅野温泉は・・・
きっとどんな辛口コメントを読んでも、ごんちゃんなら一度は行ってみなくては・・・と思うでしょ・・・
だから、あえてノーコメントで!

2008/11/5  10:06

投稿者:花子

hisamiさん
おはようございます
命の洗濯しにおいで!!!
千歳からJRで帯広まで2時間、鹿追まで1時間!
近いよーーー

2008/11/5  10:04

投稿者:花子

砂糖味さん
おはようございます
旅の専門家が新しい北海道観光のありかたを提案しています
これからは1箇所滞在型の「旅」がもっと増えてくると思います。
そうしないと、本当の意味での北海道の良さが分かってもらえないんじゃないかな?って
私も以前から「忙しすぎる移動の多いバスツアー」には疑問を抱いていました。
バスツアーが全くなくなっちゃうと、失業しちゃうのでこれまた困るんですけどね・・・

2008/11/5  7:25

投稿者:rafting

いい風情ですね。

http://outdoor55.web.fc2.com/

2008/11/4  14:56

投稿者:ごんちゃん

行ってみたい!! ずーーーっと思ってるんですけど
色んなサイトを見ると 宿の人がかなり無愛想と書いてあったり
混浴はちょっと・・・っと思ったり・・・・。
でもいずれは絶対行きたいと思ってるんです。


・・・で どうでした?

http://blog.goo.ne.jp/m_gonchan0404

2008/11/4  12:38

投稿者:hisami

いいなぁ〜
私も命の洗濯したいなぁ〜〜〜☆

http://hello.ap.teacup.com/inthesea/

2008/11/4  9:47

投稿者:砂糖味

旅の専門家が楽しい旅をやっていますね。
これまで、湯治場としては「酢ヶ湯」が一番と思っていましたが、説明を読んでいて、一度足を運んでみたくなりました。
豊富な泉質や、人が少なくゆっくりできるという意味では、菅野温泉の方に惹かれますね。
ところで、函館にも「大草原の小さな家」をイメージした「プレーリーハウス 旧佐田邸」があって、ひそかな観光スポットになっています。田上義也さんの設計で、道内および全国各地にもあるようです。

http://hakosan.co.jp/column/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ