ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2007/2/21

北海道移住のススメ  花子よりだんご

皆様、本日は「トライ・ビー・ サッポロ観光バス」にご乗車頂きましてありがとうございます。本日のガイドは「北海道ブログネットワーク」から派遣されました?花子でございます。どうぞよろしくお願い致します。

それではこれより帯広市を後に致しましてあったかい「ラポロうどん」の待つ浦幌町へご案内致しましょう。

ただ今走行しております国道38号は、味付けジンギスカン発祥の地滝川市〜途中狩勝峠をかわし十勝の首都帯広、そしてこの先釧路市へと通じております。
帯広市と釧路市の間にある町が浦幌町です。

浦幌町は人口およそ6000人。季節になるとハマナスをはじめとし黒百合やコケモモが可憐な花を咲かせる豊北原生花園や十勝川のはんらんによって出来たこの辺りの湿地帯にはアオサギが生息しており、手付かずの自然あふれる町でございます。

そして町の特産のひとつに「ラポロうどん」があります。
清澄な大空と美味しい空気、さらに北海道産小麦を電子アルカリイオン水で練るなどとことんこだわったうどんがこれ!(有)綱島製麺の「ラポロうどん」でございます。
クリックすると元のサイズで表示します

「ラポロ」とは浦幌町の語源となったものです。
浦幌はアイヌ語で「オーラポロ」(オー:草の葉 ポーロ:大きい)すなわち「川尻に大きな葉が生育するところ」の意味があります。そういえばこの先の音別町は大きな蕗で有名ですね。

ところが皆様、かたくなに技法と味を守って半世紀!この「ラポロうどん」が存続の危機に立たされているというではあ〜りませんか

実は、何かと側で支えて下さっていた奥様の治療に専念するため浦幌町を離れて帯広市に引越しせざるおえなくなってしまったというのです。

社長の綱島昇さんは73才。
一代で築いたこの製麺会社をたたんでしまうのか・・・
いや・・・出来るならば・・・
男一代、人生を掛けて作り上げたこだわりの麺をメンメンと?どなたかに受け継いでほしい・・・と切に願っているのです。
工場をどなたかにお譲りしたいと・・・

このことは(有)綱島製麺HPでも詳しく紹介しています

年齢・性別は問わないそうです
本気で麺作りを目指したい方
北海道に移住を考えている方
北海道内の方
自然あふれる人に優しい町、浦幌町民になりませんか?

花が咲き
小鳥が歌い
雲が飛ぶ町 浦幌町
昆布刈石展望台に立てば
広〜ぃ太平洋と水平線が見えます
この町に来て、大きく深呼吸してみませんか
胸をはって生きていきませんか?

社長の綱島昇さんが
責任をもって指導して下さるそうです。

興味のある方は
とりあえずここをクリックしてみて下さい有)綱島製麺HPまたは北海道ブログネットワーク

(有)綱島製麺では「ラポロうどん」の他にも「じゃがいもうどん」や「かぼちゃうどん」など、色々な乾麺の製造をしています。
クリックすると元のサイズで表示します

その中でも今日は皆様に(有)綱島製麺の代表格「ラポロうどん」の美味しい食べ方をご紹介致しましょう。

@熱さ(厚さ)ユキねぇさんありがとう)2ミリ幅7ミリ?程の平打ち乾麺をたっぷりのお湯でゆでます。麺を少しずつパラパラと入れるのがコツです
クリックすると元のサイズで表示します
A麺が浮き上がってきて麺全体が半透明になるまで好みのかたさまでゆでます
クリックすると元のサイズで表示します
Bゆで上がったら手早く冷水で水洗いをしザルにとって水を切ります
クリックすると元のサイズで表示します
C夏は冷たく
クリックすると元のサイズで表示します
D冬はあったかくして頂くと、より美味しいです
クリックすると元のサイズで表示します
鶏と干ししいたけのダシで作った汁でハフハフしながらシコシコ麺を頂きました。
こりゃ、うまい!
クリックすると元のサイズで表示します
あ・・・お箸が・・・使い込んださい箸

ラポロうどん」を幻にしないためにも・・・・どなたか・・・
よろしくお願いします

長い間のご乗車お疲れ様でございました。
終点でございます。
この後の「ラポロうどん」は各自食べ放題払い放題でお楽しみ下さいませ。

北海道ブログネットワーク」はあなたの企業を応援します!

人気ブログランキング(北海道)に参加しています
      ポチッとヨロシクネここ




2007/3/7  21:47

投稿者:花子

ニョッキさんへ
こんばんは!
まっちゅさん情報にもありましたが・・・
他にも「じゃがいもめん」に興味のある方がいらっしゃるかもしれませんのでお伝えします。

・株式会社ユーエム(浦幌町の特産を扱う会社)
⇒「じゃがいもめん」のみFAXで注文可能
http://www.tokachifan.com/servlet/DetailGoods?gid=0002youemu-012-00
料金精算は、配送業者と代引きです。
FAX 01557-6−4645
TEL 01557-6−3400

ちなみに、「じゃがいもめん」はパスタでも食べてみたいなぁ〜と思いました。

http://ivory.ap.teacup.com/matchin7/

2007/3/7  20:41

投稿者:ニョッキ

特に「じゃがいもめん」は食べてみたいです!
でもどこで入手できるのでしょうか?

2007/2/22  22:51

投稿者:花子

おかみさん
こんばんは!
ほんと・・・
これで後継者が見つかってくれれば・・・
おかみさんのブログなら人気があるので
問い合わせがあるかも?
UP、楽しみにしています〜

http://ivory.ap.teacup.com/matchin7/

2007/2/22  22:49

投稿者:花子

まっちゃん
こんばんは!
まっちゃんも、ぜひ本物のバスに乗って下さい!機会がありましたらお知らせします!
うどん・・・お楽しみに!
まっちゃんさんのUPも楽しみにしていますよ!

http://ivory.ap.teacup.com/matchin7/

2007/2/22  22:47

投稿者:花子

MASAさん
こんばんは!
私のガイド姿・・・見えましたか!
ぜひ、本物のバスにも乗って下さいな!

♪紺の制服身に付けて
私は北海道のバスガール?
発車オーライ!

http://ivory.ap.teacup.com/matchin7/

2007/2/22  22:37

投稿者:花子

hisamiさん
こんばんは!
北海道はおそばも美味しいですけど、良質な小麦の生産地でもあるんですよ!
今度は「じゃがいもめん」でも紹介してみようかなぁ〜
この前の仕事の昼ごはん、「何でも好きなものを・・・」と言われたんですが「鍋焼きうどん」にしました!


http://ivory.ap.teacup.com/matchin7/

2007/2/22  22:33

投稿者:花子

ユキねぇさん
こんばんは!
私が思うに・・・
ユキねぇさんの方がスゴイと思うよ〜
「行者にんにくの味噌味の瓶詰め」なんて、なかなか知らないよ!
それ、すごく気になる・・・臭そうだけど・・・疲れは取れそうですね(笑)

http://ivory.ap.teacup.com/matchin7/

2007/2/22  16:36

投稿者:寿司屋のおかみさん小話

これで、北海道に移住してきてくれた人がいたら嬉しいですね!
わたしも、食べます〜〜(^o^)/

http://ichii445.blog42.fc2.com/

2007/2/21  22:15

投稿者:まっちゃん

花子さん、素敵です!バーチャルだけじゃなくほんとに花子さんガイドのバスに乗りたいです。このラポロうどんのおいしそうなことといったら。じゅるじゅるっ。

http://maccian.exblog.jp

2007/2/21  22:02

投稿者:MASA

花子さんのガイドするバスにその内乗ろうと思っていたのですが、このブログを読む事で乗ってしまっていたようです♪
花子さんが進行方向と逆を見ながら、右手をかざし、四角いマイクを持った光景が実に浮かびます☆
それにしても楽しくて美味しいバス旅行でした!!

http://junmaidaiginjou.blog63.fc2.com/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ