ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2011/10/23

HACで函ぶら@モーモー@編  函館そぞろ

HACのハッピー半額割」を利用して函館へ出掛けました!
クリックすると元のサイズで表示します

HACだと、旅先で滞在時間を有効に使えてお得!
夕方のフライトまで、まだまだ時間があります
引き続き”函ぶら”を楽しんじゃいました!
「男女7人HACで函ぶら旅物語」(モーモー@編)スタートです


早朝「イカ釣り体験」を終え、ロワジールホテルに戻って二度寝・・・
9時に再び起きて、和洋ビュッフェスタイルの朝食をいただきます!
クリックすると元のサイズで表示します

オムレツは3タイプ!注文してから焼いてくれます!
メインはお茶漬けとイカ刺(イカづくし)、手作り松前漬も良い味でした!
クリックすると元のサイズで表示します

朝食を終えると再びロビーに・・・

なんと!贅沢にも「函館タクシー観光」(3時間コース)に便乗させてもらえることになったんです(イカ釣り体験が早朝に変更になって良かった〜)

タクシー観光は初めてです!わくわく〜

函館タクシープラン」のはじまり〜
(もちろん、ワタシがバスガイドだとういうことは内緒!何を聞いても”へ〜〜〜っ””ほ〜〜〜っ”)

お世話になったのは、おなじみ「モーモータクシー」さん
クリックすると元のサイズで表示します

コースはドライバーさん任せ
主に西部地区を・・・
時間があれば五稜郭やトラピスチヌ修道院へも・・・
とのことでしたが・・・
詳しい案内についつい聞き入り、あちこちじっくり見ては写真をパチパチするものですから・・・結果的には西部地区だけで(しかも1時間オーバー)で終わってしまいました。

その一部を紹介します!
ロワジールホテルを出発し、十字街から銀座通り(高田屋通り)に入ります

左の白いオシャレな建物・・・お蕎麦屋さんなんですって!
右が昔の建物!そういえば・・・壁の上に”海老天”の模様が・・・
今度入ってみよう〜
”へ〜〜〜〜っ”
クリックすると元のサイズで表示します

そして、美容室あみん
昔の銭湯!ですって!
そういえば・・・入口がふたつ!!
”ほ〜〜〜〜っ”

さすが!地元のドライバーさん、勉強になります!
クリックすると元のサイズで表示します

やがて宝来町へ!
おなじみ高田屋嘉兵衛の銅像が見えてきました
手前が「高橋菊太郎」♪酒は涙かため息か・・・の碑
そして、この辺りが高田屋の屋敷跡!

他人に案内してもらうって新鮮です!
クリックすると元のサイズで表示します

ここまで来たら「千秋庵總本家」ですね
今年で創業151年の老舗菓子店
箱館開港翌年の開業です
クリックすると元のサイズで表示します

「金森」と書かれた古時計が時代を感じさせます
クリックすると元のサイズで表示します

定番の「どらやき」や「山親父」、そして秋ですので「りんご」を使ったお菓子をお土産に買いました
クリックすると元のサイズで表示します

「山親父」のコマーシャル電車も発見!
クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず、甘いものを買い満足した女子3人

茶房「ひし伊」(明治38年に建設された旧入村質店)の前を通過し・・・
クリックすると元のサイズで表示します

「文学の旅」へと出掛けるのでした

函館といえば・・・石川啄木青柳町の啄木住居跡です
クリックすると元のサイズで表示します

そして、啄木が眠る立待岬へ
「啄木一族の墓」で車を止めます。
そういえば、今年ここに来るのは3度目です。

クリックすると元のサイズで表示します

眺めが・・・すごく良いんです!
クリックすると元のサイズで表示します

お墓の裏を見てみます
ここに「函館で死にたい・・・」と書いてあります。
啄木亡き一年後に、肺結核をうつされ亡くなった節子夫人や子供達も眠っています。
葬儀には与謝野晶子や若山牧水、夏目漱石らも参列したとか・・・
たくさんの人に才能を認められ、助けられ・・・
魅力のある男性だったんだろーな啄木〜
クリックすると元のサイズで表示します

突風の立待岬クリックすると元のサイズで表示します

美しい景色にうっとり〜
クリックすると元のサイズで表示します

一方通行を「碧血碑」へ向かい走ると・・・
一箇所だけ、函館港と津軽海峡が見えるポイントが!
すかさず写真を撮ります!
クリックすると元のサイズで表示します

「碧血碑」は時間や諸々の都合でカット
クリックすると元のサイズで表示します

入口で車を止めて、お手製ノートを見せて説明してくれた勉強熱心なドライバーさんに脱帽です。
クリックすると元のサイズで表示します

やがて「函館八幡宮」が見えてきます。
いつもはバスの中だけの案内です・・・
降りて境内を歩くのは初めて!

七五三のお参りをする家族連れを見かけました
どうぞ、健やかに〜
クリックすると元のサイズで表示します

毎年8月14〜16日の「函館八幡宮例大祭」では、見どころは、重さ約1.5トンの大神輿(函館市指定文化財)を担いで、130段あまりの石段をかけのぼるんだそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

そして「函館公園」へ・・・
ほんとは「日本一古い観覧車」を見てみたかったんですが・・・
時間がかなり押してますに付き・・・残念ですがスルーしました
<クリックすると元のサイズで表示します

函館といえば・・・函館山からの眺望ですよね
2合目へ案内してもらいました!
夜景と違い「スキ」や「ハート」の文字を見つけることは不可能ですが・・・
女子のハートをとらえるデートスポットには間違いがないでしょう!
クリックすると元のサイズで表示します

長くなりましたので・・・

「モーモーA編」につづく

■丘珠空港⇒こちら
■北海道宝島旅行社⇒こちら
■株式会社ノーザンクロス⇒こちら
■モーモータクシー⇒こちら
■ロワジールホテル函館⇒こちら

お知らせ
ブログランキング復活しました!

クリックどーぞ!
人気ブログランキングへ




2011/10/23  22:50

投稿者:花子

砂糖味さん
こんばんは!
はい・・・
なかなか勉強家でユーモアもあるドライバーさんでした。
はこだて検定ですか!すごいですね。

昼の山は久しぶりでした(2合目まででしたけど)
ちなみに前夜は、天気が悪く山の頂はまったく見えていませんでした。

2011/10/23  20:12

投稿者:砂糖味

よいドライバーさんに出会いましたね。
函館のタクシー、観光案内に力を入れていて、はこだて検定の受験を義務付けているところもあるようです。モーモーさんもそのようなことをやっているのでしょうか。
函館山は夜景が有名ですが、遠方まではっきりと形のわかる、昼も捨てがたいものがありますね。わたしはどちらかというと昼を薦めます。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ