ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2011/10/29

平取物語@イヤイライケレ  日高振興局

なんと!平取町に石油資源があったそうです。

昭和30年、石油資源株式会社が町内で油田を発見!地下1500メートルまでボーリングすると、1日平均500リットルの採油に成功したそうです。
のちに本格的なやぐらも作られたのですが・・・
そのやぐらの設計ミスや岩盤の関係で作業が送れ、結果的に「石油噴出」は夢物語で終わってしまったそうです(沙流川歴史館だよりより)

義経神社には「平取石油記念碑」はありました。
クリックすると元のサイズで表示します

義経神社境内の周辺は、スタッフのNさんにご案内頂きました。
クリックすると元のサイズで表示します

ワタシ・・・歩くのにはちょっと自信がありますが・・・
それ以上にNさんの歩くのが早いこと早いこと(尊敬)

「ここね、春になると桜がきれいなのよーー」って

桜吹雪・・・というか、桜の葉吹雪・・・
足元、真っ赤!
クリックすると元のサイズで表示します

更に小高い丘を登ると・・・
「松前ピリカ顕彰碑」がありました。
アイヌ民族の女性だとういうことはわかるのですが・・
具体的に何をしたのかがわかりません・・・
「松前」という名字にも興味がわきます(どなたか知っている方がいたら教えてください)
クリックすると元のサイズで表示します

そのお隣には「馬頭観音」がありました。
クリックすると元のサイズで表示します

毎年2月の初午の日になると「初午祭」が執り行われ境内はすごく賑わうのです。

義経公は昔、関東騎馬軍団を率いて連戦連勝した馬術の名手ということに由来し「馬の神社」としても知られているのです

この、のぼり・・・小さい写真でわかりにくいと思いますが・・・
「愛馬息災」「危難防除」「先勝」・・・そして、馬の名前が書かれています!

当日は、地元日高の生産者はもちろん、全国から馬主・調教師・騎手がおまいりにくるのだそーです!

午の日に願いをかけると・・・叶うのだとか〜
クリックすると元のサイズで表示します

なんと、ここでサプライズ!が・・・
旅行会社社長のAさんとばったり!(義経神社の境内で)笑
Aさんは、お仕事で来町中でした。


最後に
このたび、スタッフの方々には大変お世話になりありがとうございました。
今度はフットパスをして温泉に入り、平取和牛のステーキを食べに行きたいと思います。
(水曜日に予約電話入れるのスッカリ忘れてたし・・・最悪

大きく手を振りお見送りをして下さいました(笑)
「イヤイライケレ〜〜〜!」


帰りにバスの中で、スタッフの方からおみやげがありました
スタッフが写したという平取町のポストカード
「びらとりのちいさばなおみやげ」
クリックすると元のサイズで表示します

「オプシヌプリ」という山です。
山のくぼみ(穴)?は、オキクルミカムイが放った弓であいたもの。
夏至の前後3日間、くぼんだ部分に太陽が沈む光景を見ることが出来るのだそうです。
これを見ると・・・良いことがあるのだとか?

このポストカードを頂いて、HOTな気分で帰路につきました。

おまけ

お土産はトマトのブランド「ニシパの恋人」(桃太郎トマト)
年間売り上げ33億円!
          クリックすると元のサイズで表示します

公共交通機関で帰るので、箱買いは無理でしたが・・・
いくつかをちょうだいしました!(安かったな〜)
クリックすると元のサイズで表示します

この夜、サラダに添えていただきました
ん〜〜〜、さすがにおいしい!
クリックすると元のサイズで表示します

ジュースもおいしいです!
クリックすると元のサイズで表示します

このツアーに対するお問い合わせ・お申し込みは・・・
■(株)ノーザンクロス 平取営業所
・〒055-0107 沙流郡平取町本町30−7
・電話:01457−2−3501
・FAX:01457−2−3502
・E-mail yanagi@northerncross.co.jp

お知らせ
ブログランキング復活しました!

クリックどーぞ!
人気ブログランキングへ









※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ