ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2011/10/27

秋の濃昼山道を歩く  石狩振興局

秋晴れとなった日曜日
バスガイドの後輩Aちゃんと休みが一緒になったので、石狩市の「濃昼山道」へ紅葉狩りに出掛けました!

読めますか?「濃昼」
「濃い昼」と書いて「ごきびる」と読みます(笑)
「くちびる」でも「ごきぶり」でもありません・・・
「ごきびる」とはアイヌ語で(ポキンピリ=山陰)という意味があるのだそうです。

札幌市中心部から、国道231号をおよそ1時間半位北上します。
やがて、海岸沿いに車を進め「新赤岩トンネル」を抜けると・・・
こんな標識が見えてきます。

左折し旧道へ入ると、濃昼側山道入口に到着です。
クリックすると元のサイズで表示します

その先「通行止め」ゲートのところが山道の入口です(中央バス旧「濃昼」バス停小屋があります)

「濃昼山道」と書かれた看板があるので迷うことはありません!


「では・・・いってきまーーーす」

一応、念のため・・・
熊除けの鈴ならぬ「笛」を持ちました(バスガイドですから)笑

♪ピーーーーッ、ピーーーーッと鳴らしながら山の中に入っていきます
クリックすると元のサイズで表示します

ところが・・・目の前を「川」が流れています
けっこう深いです・・・
でも、大丈夫!二人とも長靴です(笑)

クリックすると元のサイズで表示します


落ち葉を踏みしめながら、どんどん歩きます!

クリックすると元のサイズで表示します

この山道は、海岸沿いの国道231号が開通する以前の生活道路。
安政3年(1856年)厚田場所請負人の浜屋与三右衛門が切り開いたもので、当時ニシン漁で賑わった厚田から浜益の海岸線に点在する漁師小屋へ物資を運ぶ唯一の補給路として重要な役割を果たしていたのです。

昭和46年に国道が開通と同時に長い間「廃道」になっていましたが、平成10年「濃昼山道保存会」の人達によって再び道が整備され、随所に「案内板」が設置されたのです!
クリックすると元のサイズで表示します

「昔の人って大きな荷物を持っての山越えだから大変だったよね〜」と、しみじみ語るAちゃん

そうなのです・・・

多くの行商人が米、味噌、など生活用品を背負って往来した訳ですが・・・
時には寒さと雪のため行き倒れになったり、崖からすべり落ちるなどの悲しい出来事もあったようです

冬も通行していたのですね・・・

それを思えば、なんのその!
急に歩きに勢いがついてきました(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

         
「標高はわずか357mらしいよーー」私が言うと、すかさずAちゃん・・・
「それって、函館山くらいありますよね」(さすが、ガイド!)

函館山を歩いて登ることを考えると一瞬、ぞっとしましたが・・・
気を取り直して〜

サクッ、サクッ・・・落ち葉を踏みしめながら更に歩き続けます。
クリックすると元のサイズで表示します


ではここで一つ「濃昼山道」の険しさを物語るお話がありますのでご紹介いたしましょう(日本むかしばなし風に)笑

「濃昼に嫁ぐお嫁さんが厚田で髪を結い、晴れ着姿のまま山道を歩いて行ったときのことじゃった〜。
よ〜うやく濃昼の村が見えるところまでたどりつき、後は下りの楽な道だけになったとさ。
お嫁さんはもう一度、裾をはしょり直して木につかまりながらゆっくりゆっくり下っていったんじゃ。
ところがじゃ・・・あら!大変!途中でカツラがぬげてしまい”ころころ〜〜〜”と転がっていったとさ。
そしてお嫁さんより先に、そのカツラが濃昼の村に着いてしまったんじゃと」

めでたし、めでたし〜おしまい
(あ・・・めでたしでは無かったですね)汗

お嫁さんがつかまった木は・・・この木かなぁ〜
クリックすると元のサイズで表示します

また、どんどん歩き進めると、途中深い沢がいくつもあります。

その一つに、通称「バカクサイ沢」と言われる沢があります

これは、対岸が手が届くように近いのに、沢が深いので恐ろしくて飛び越えることが出来ず、対岸をうらめしそうに眺めながら疲れた足で、その沢を約1キロも遠回りしなくてはならないのです。
ここを通る人は誰でも「バカクサイ」と思うところから「バカクサイ沢」の名がついたそうです(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

そんな由来を思い出しながら歩くと・・・楽しさが倍加しますね!

あ!Aちゃんが変わった花を見つけました。
”マムシ草”です

途中で茎が折れてしまっていたのだそうです
クリックすると元のサイズで表示します

「月見草」も最後の力をふりしぼるように一生懸命咲いていましたよ
クリックすると元のサイズで表示します

濃昼側から頂上まで、およそ1時間20分
そのまま「安瀬」(やそすけ)側へ抜けることもできますが、安瀬側の方が難所だそうです(濃昼〜安瀬間は、およそ11キロ)

私達は無理せず・・・
紅葉を楽しんだら、また元の道を引き返しましたよーー。

昔の難所も、今では軽い登山気分で比較的簡単に歩けます。
山海の眺望や、花々、そして秋は紅葉を楽しむ(山菜取りも?)絶好の散策路
クリックすると元のサイズで表示します

根雪になる前に、ぜひ紅葉を楽しんできてくださいね!


まるっとおでかけ観光ガイドを見て、札幌近郊ドライブに行こう!

■濃昼山道
・住所:北海道石狩市厚田区濃昼
・交通:国道231号線を留萌方面へ、安瀬または濃昼に登山道入口の小さい看板あり
・電話:(社)石狩観光協会(0133)62-4611


お知らせ
ブログランキング復活しました!

クリックどーぞ!
人気ブログランキングへ





2011/10/28  8:29

投稿者:花子

キラリエさん
おはようございます
はじめまして、スコットランドからようこそお越し下さいました!
ワタシも11月からは専業主婦です!
17歳男子の母・・・
共通していますね!
息子は今、ベルギーを旅しています。
いつかワタシも・・息子に手が(お金)掛からなくなったら、カメラ片手に世界中を旅してみたいな〜〜
まるで英語がダメなんですが・・・ディス イズ ザ ペン!のレベル
だいじょうぶかなぁ〜〜
(夢はおおきく!)

自然って良いですよね。
色々、雑感が交差しあった感情がリセットできます。

2011/10/28  8:23

投稿者:花子

宮さん
おはようございます
「ノビル」なるほど!そう読んじゃいそうですね。
北海道の地名は漢字を無理にあてちゃった感があるので、難しいのですが、アイヌ語の響きや意味をたどると、美しく”なるほど”とうなづけるものばかり!
函館山は、バスであがることだけにとどめておきます(笑)
たまに、歩いている人を見つけて「ぎょっ」とすることがあります。
でも・・・私たちの原稿にも「ハイキングコース」とありますしね・・・
でもほんと、宮さんが仰るとおり、頑張って歩いたあとのあの景色・・・最高ですね!バスで登るのとでは感動の度合いが違うでしょうね!

2011/10/28  5:06

投稿者:キラリエ

花子さん、はじめまして。
北海道の山歩きも楽しそうで良いですね。
さすがバスガイドさんで、知識がとても豊富だし昔話などとても楽しく読ませて頂きました。
たくさんの画像を見ながら、一緒に歩いてる気分になりましたよ(^^

バスガイドさんって凄く知識が豊富でたくさん勉強されているんだな、莫大な知識が頭に入ってて凄いな〜と改めて思いました。
またお邪魔しますね。


http://edinburghinfo.blog.fc2.com/

2011/10/27  21:47

投稿者:宮

「濃昼」ごきびる、読めませんでした。ノビルかなと。知識が増えました。ありがとう。
函館山の登山道と比較しながら、読んで楽しんでいましたよ。
函館山は海抜334mですし、沢はありません。熊の心配もありません。「マムシ草」の実はあっちこっちに、「ばったばった」倒れています
しマムシは出ますが、あまり心配いりません。頂上征服者には、たっぷりの美味しいご褒美が待っています。こんな素晴らしい函館山を、是非歩いて登っていただいて、レポ−トをお願いしたいと思っています。 ただし、もう冬が近いですから、来春に期待しましょう。


http://phil1944


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ