ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2012/5/27

cafe mountain books  函館そぞろ

クリックすると元のサイズで表示します

ほうじ茶豆乳ラテを飲みながら、まったり読書タイム

cafe mountain booksさん

クリックすると元のサイズで表示します

カバンから、買ったばかりの「箱館はじめてものがたり」を取り出し読み入る
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

時間を見て、そろそろバスに戻ろーか

元町散策も、自由がきかない団体ツアーのお客様
ワタシだけ、こんなステキな景色を楽しんでゴメンナサイ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「ペリーさん、ただいま〜!」

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ





2012/5/28  8:20

投稿者:花子

宮さん
おはようございます。
ここのカフェも、静かで時間をゆったりと過ごしたい時には良い場所です。次回は窓側の席にすわってみたいです。
さて、質問の件ですが…
1.自主研修の時は小・中学生も先生は引率しません。ただし、行き先については、各班毎に事前に行き先を決めているので、そのポイントに先生方はいらっしゃるようです。
2、常識的なマナーの指導をありがとうございます。子どもを持つ母親としても、お礼申しあげます。
これについては、個人のモラルの問題だと思いますが、もしかしら車社会なので、公共交通機関を利用する機会がなく、マナーを教わることがなく、今回のようなことになってしまったのかも知れません。
でも、札幌の地下鉄などは、通路をあけて、全員降車してから乗車するとか、イエローシート?は、満員でも座る人がいないと、東京の友達は感心していました。

函館の皆様、教育的指導をありがとうございます。まだまだ修学旅行生が来函しますので、今後とも、よろしくお願いします。笑

2012/5/27  13:36

投稿者:宮

花子さんこんにちは!
“mountain books”さん、行ってきましたか。落ち着く、あずましい場所ですね。
「団体ツア−のお客様にはゴメンナサイ」で、いんでないかい。 公会堂がありますから。

花子さん、教えて下さい。
@中学校の修学旅行の自由(主)研修の街歩きの際は、先生は同行しないのですか? 先生も自由なのかな。
A83歳の先輩の函館市電車内の話です。旭川の中学校から来てくれた修学旅行生なんですが、お年寄りが乗ってきても席を譲らなかったそうです。障害者・妊婦・高齢者用のイエロ−シ−トに座っていた子供達も同様、譲らなかった。
先輩は勿論、子供達に席を譲ることを、かなり強く指示した(教えた)そうです。『修学旅行で勉強になったと思うよ』と僕は先輩を評価しましたが。
今、小・中学校の先生あるいは、家庭で教えないんでしょうか?(電車に乗ったことが無かったからなんだろうか?)

修学旅行で来てくれる、子供達に対しては、ホスピタリテイ(おもてなしの心)だけでなく、教育指導も、函館人は求められているのですね。責任重大。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ