ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2012/9/4

夏の網走旅物語@美味し・楽し・歴史散歩  オホーツク総合振興局

網走市モニターツアー、旅の最後は「美味し・楽し歴史散歩」
市内の歴史・産業・スイーツが堪能できるというガイドウオークです。
まもなくスタートするこの企画!その一部をチラッと紹介しちゃいましょう!

まずは網走川の河口近くにある「モヨロ貝塚」(国指定史跡)へ
残念ながら、「モヨロ貝塚館」は改築工事のため見学することはできませんでした。
ここには大規模な貝塚に接して28カ所の竪穴(先住民族住居跡)が残されています。

大正12年、米村喜男衛さんは網走川の川口でモヨロ貝塚と出会い発掘と研究に取組みました。

今から千数百年前、流氷とともに南に下る怪獣を追い、はるか極北の地からやってきた人々がいました。「モヨロ人」とよばれる人達で、彼らは独自の文化(オホーツク文化)を残し消えて行きました・・・

オホーツク海の沿岸には7世紀〜13世紀にかけて、和人でもアイヌ民族でもない民族がいて、日本の縄文文化・弥生文化ともちがう大陸の影響を受けた「オホーツク文化」があったことがわかったのです。


昭和22年から2年間、東京大学を中心に各大学がモロロ貝塚を研究。
その際、金田一京助先生が網走に来た時に詠んだ和歌の碑が貝塚入口に建っていました。
「おほつくの もよろのうらの夕凪に いにしえしのび 君とたつかな」

クリックすると元のサイズで表示します

「網走郷土博物館」(昭和11年竣工)も見学
建築家田上義也の設計とあり、どうしても見ておきたかったのです!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

まずは建物をぐるーーーっと見渡して(すみません)
それから、高谷ガイドの説明を聞きに行きます(ごめんなさい)

モヨロ貝塚やオホーツク文化のことはもちろんのこと
「海の生き物」や
クリックすると元のサイズで表示します

「陸の生き物」
”千石先生と仲間達”って・・・叱られるなっ(汗)
クリックすると元のサイズで表示します

「植物と昆虫」
クリックすると元のサイズで表示します

こうしてみると網走は、山あり海ありで年中食べ物には困らず・・・
なので早くから先住民族が住んでいたのかなぁ〜と納得するのでした。

博物館の窓から見た網走の町・・・
雨の降りが激しくなってきました!
クリックすると元のサイズで表示します


北海道の一宮(最も格式の高い神社)の一つ「網走神社」も見学です
クリックすると元のサイズで表示します

1812年に近江出身の藤野四郎兵衛が網走川の河口に弁財天を祀る小祠を作り、漁場の鎮守としたことにはじまります。

藤野四郎兵衛の迎賓館が現在も社務所として使用されています。
クリックすると元のサイズで表示します

ここには、江戸時代(1821年)〜の絵馬が保存されていました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして、現在の絵馬から一枚パチリ!
クリックすると元のサイズで表示します

ここも参道にはホタテ貝が敷き詰められていました!
フロックス公園(←ここ)のようですね〜
さすが!網走!
クリックすると元のサイズで表示します

次に紹介するのは「大谷蒲鉾店」さんです
日曜日で休日にもかかわらず、特別に工場を見学させて下さいました。
クリックすると元のサイズで表示します

網走市は冷凍すり身発祥の地
市内に4件の工場があるのだそうです
網走市民は、カレーライスに肉の代わりとしてすり身を入れることもあるのだとか!
これは使えそう!我が家でもやってみよう〜

これがすり身です
クリックすると元のサイズで表示します

スケトウダラの身を固めたものなのですが・・・
今から50年ほど前に、網走水産試験場が冷凍したものを解凍してもスポンジ状にならず同じ状態で使えるような技術を開発明したのだそうです。

なるとを巻くすだれもありました
手仕事だそうです
クリックすると元のサイズで表示します

なんと!ワタシと同級生の「ちくわ機」がありました
1966年に石巻市で製造されたものです!
ここの「ちくわ」食べてみたかったわ〜

冷凍すり身の技術が開発された当時からの機械なのでしょう〜
クリックすると元のサイズで表示します

よーくみると・・・
1966年9月って書いてあります!
ワタシとまるで一緒!もうすぐ46才!バンザイ!・・・汗

この機械と一緒に写真を撮らなかったことが悔やまれます。
クリックすると元のサイズで表示します

そうそう、東京農大と大谷蒲鉾店さんとのコラボ商品
「おさかなくん」(すり身入りドーナツ)はいかがですか?
「道の駅・流氷街道網走」で購入出来ますよ!
クリックすると元のサイズで表示します

これらすべてをお散歩しながら見学し、さらに網走スイーツも楽しむ「美味し・楽し・歴史散歩」詳しくは網走市観光協会へお問い合わせ下さい!



旅の終わりに雨でずぶぬれになった私たち
高谷さんのはからいで、日帰り温泉入りに「網走湖荘」さんへ連れて行っていただきました
クリックすると元のサイズで表示します

さっぱりとした後は・・・
名残惜しいのですが、女満別空港へ
なんとなく向こうの空は明るいのですが・・・条件付のフライトになりました。

心の中では、翌日も休みだしOK!なんて思っていましたが・・・
高谷さんはヒヤヒヤでしたでしょうね(笑)

搭乗までの間に、野いちごとミルクのミックスソフトを食べて
クリックすると元のサイズで表示します

機内では、東藻琴の「生どらやき」を食べて
クリックすると元のサイズで表示します

眼下に阿寒の山や十勝平野の景色を楽しみながら千歳へ
何よりも雲がとってもキレイで・・・
眠ってしまうのがもったいなくて、ずっと景色を見ていました
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

新千歳空港で東京へ行ってたSYUと待ち合わせして、一緒に帰宅。

夢のような「夏の網走旅物語」終了です。

もてなされて気が付くもの沢山・・・
さぁ〜、今度はワタシがおもてなしする番!
明日から仕事、がんばるぞーーー!

このたび、このような機会を与えてくださった網走市の関係者の皆様
3日間、案内をしてくださった網走観光協会事務局長の高谷弘志さん
そして、ご一緒してくださった皆様
ありがとうございました!

網走市
網走市観光協会
網走商工会議所
モヨロ貝塚館
網走郷土博物館
網走神社
大谷蒲鉾店


ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ