ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2013/7/26

留萌人@タコゆで半世紀中村さん  留萌振興局

るもいファンクラブ会員NO36番の花子です

「愛でつながるRuRuRossoをめぐるモニターツアー」に参加してきました。

バスガイド役は「エフエムもえる」の米倉礼子さんです。
地元民ならではの深〜いお話は、私にとってはおいしいネタ!笑
しっかりと勉強させていただきました!
クリックすると元のサイズで表示します

さて、南は増毛町から最北の天塩町まで8つの市町村からなる留萌振興局
留萌駅を出発し、北隣の小平町へ向かいます

バスガイド風に案内するとしたら・・・
「ただいま渡りますのはルルモッペ大橋、下の流れは町の語源となった留萌川です。ルルモッペとはアイヌ語で”潮がいつも静かな川”という意味がございます・・・」
クリックすると元のサイズで表示します


小平町は漁業と留萌管内の米どころ
最近では、先に紹介した「ルルロッソ発祥の地」としても知られています。
臼谷漁港には、浜でとれたて新鮮海鮮物を販売する「浜小屋」が軒を連ねる通称「お魚街道」があります。

早速、歩いてみます〜
クリックすると元のサイズで表示します

「たこゆで名人」中村のお母さんを訪ねてみました。
タイミング良く、大きなタコ足を釜からゆであげる様子を見学することができました
クリックすると元のサイズで表示します

ゆであがったタコは、次々と軒下にぶら下げられます
クリックすると元のサイズで表示します

そして、チョチョィと切って「はいどーぞ!」と試食に出されます
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

いや〜、おいしいのなんのって・・・
食べ出したら止まりません。試食の域をはるかに超える量をいただきました。
「タコは足よりも頭の方が柔らかいんだよ〜」と
なるほど・・・・

タコをゆで終えた中村のお母さんにインタビューです
誰かが「おかぁさん」と言うと、すかさず「お母さんじゃない!ババだぁ〜」って。笑
「いや〜、暑くて暑くて、こっちの方がゆでダコになっちゃうわ」(この日は最高気温30度近くまで上りました)
クリックすると元のサイズで表示します

●一日にどのくらいゆでるんですか?
「昨日は人が来ない(平日)から5杯くらいで、今日は10杯かなぁ〜」

●湯で時間はどのくらいですか?
「5分でゆであがるけれど、その加減が大変なんだよ〜。タコの股を見て白ければまだね・・・」

●何年くらいタコをゆでてますか?
「ん〜、50年くらいかなぁ〜」(←すごすぎ・・・名人どころか達人!)

クリックすると元のサイズで表示します

中村さんの息子さんは、管内のタコ取り名人!

「タコはエサを持ってタコ箱に入るんだけど、出る時は体を細くしてヒュッと出るんだぁ。タコの家(タコ箱)をいっぱい作って入居したところをガバッと取るのね。大体一度に(タコ箱)50個〜60個を沈めるんだよ。タコ箱をあげるタイミングが難しいんだわ」と・・・。

「250グラム以下のタコは投げる(逃がす)よ。だって、漁師だもの・・・なんでもかんでも取りすぎて、いなくなったら困るっしょ」

とても優しい中村のおかぁさん、ありがとうございました。



続いて「新星マリン漁協青年部」の林大介さんと阿部公男さんにもお話を伺いました。

留萌は全道の6割に当たるホタテの稚貝を育てている町なのでした(知らなかったわ)

ホタテの稚貝は潮の流れに乗って小樽方面から北上し、フサフサしたものにくっつく習性があるのだそうで・・・目にも見えないほどの小さな小さな稚貝を1年間カゴに入れて育て、翌年3月から5月にかけてオホーツク海の漁業協同組合に出荷され放流されるのだそうです。

「やぱり美味しいのは冬!留萌のホタテは小ぶりだけれども、身がしまってて歯ごたえがあり美味しいよ〜」と。

クリックすると元のサイズで表示します

ホタテが食べたくなったら留萌へGO!

「うまいよ!るもい市」は7月29日(日)に開催!
ホタテやウにの袋つめ放題は毎年大人気!
海産物をその場で焼いて食べるコーナーも・・・

●時間:朝10:00〜昼14:00まで
●会場 留萌市地方卸売市場(留萌市明元町5丁目3番地)

クリックすると元のサイズで表示します

おまけ
るもいファンクラブに入会しませんか?
会員になると、会員限定モニターツアーや体験会に参加出来たり、食や観光をはじめ旬の留萌の情報が届句など、特典がいっぱいです!

申し込みの際に「バスガイド花子さんの紹介」と言ってね!
30人、紹介すると抽選で留萌のオリジナル商品がもらえるんです。笑
クリックすると元のサイズで表示します

るもいファンクラブ(←クリック!)

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ






※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ