ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2014/7/8

「千年北海道手形」で上ノ国へ  江差・松前 千年北海道手形

『江差・松前千年北海道手形』がいよいよ発売になりました(販売期間7月1日〜8月31日)

『江差・松前千年北海道手形』とは…
2年以内に開業する北海道新幹線が青函トンネルを抜け最初に停車する「木古内」駅
そこから広がる8つの町をつなぐ路線バスと定期観光バスが3日間乗り放題で大人6500円(こども4000円)というお得な通行手形なのです。

しかも「上ノ国もんじゅ」での昼食、江差(選択制)・松前・上ノ国勝山館ガイダンス施設入場券付のウレシイ内容!
クリックすると元のサイズで表示します

手形をフルに活用し2泊3日バスの旅を楽しんできました!

『江差・松前千年北海道手形』詳しくは➡コチラから


定期観光バス「江差・松前名所周遊号」で、上ノ国町へ移動します
11:45分に「勝山館跡ガイダンス施設」に到着です
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここは1470年頃に武田信広が築いた館跡。
武田信広はこの館で死んだとされ、信広の子ども光広が本拠を大館(松前)に移すまで、およそ50年間、軍事・政治・北方交易の拠点となっていたところ。
のちに、経済の中心が江差に移り、江差檜山奉行が設けられると、この館は廃城となりました

奥のふかーい、中世12館のことをたった15分間の所要時間でお客さまは理解できるのか???
と、疑問に思っていましたが…

「ガイダンス施設」内にある出土品や復元された館の模型、墓のレプリカを利用してわかりやすく案内してくれた名ガイドさん!
お見事です!(拍手)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

あっという間に出発時間!
ワタワタ〜とバスに乗りこみます
クリックすると元のサイズで表示します

ガイドさんがお見送り!
かわいいですねぇ!
クリックすると元のサイズで表示します

12:10分 道の駅「上ノ国もんじゅ」に到着
ここで昼ごはん
クリックすると元のサイズで表示します

手形に含まれる「昼食チケット」で特製弁当「上ノ国御膳」を頂きました
バスの到着に合わせ用意してくれているのでお味噌汁も熱々、景色もごちそうです!
クリックすると元のサイズで表示します

定期観光バス「江差・松前名所周遊号」でのみ食べることが出来る特別なお弁当!
上ノ国名物「てっくい(ヒラメ)」の天ぷらも揚げたてサクサク!
クリックすると元のサイズで表示します

また、オプションの「特製いちごジュース」(250円)もゴクゴク飲んでビタミン補給!
クリックすると元のサイズで表示します


北海道発祥の地「上ノ国」の見学が、わずか15分ではもったいない!!と…
1日目の宿を「上ノ国」に決めました

昨年11月に訪ねた時は、写真だけ撮ってほぼ素通り
北海道では歴史が古い割に、春の桜の頃しか行かないのでガイド泣かせの上ノ国町

「上ノ国千年北海道プラン」を利用して上ノ国の魅力を総ざらいです

ここで、定期観光バスとお別れです

観光バスをお見送りすると…
あれ?さっきのガイドさん

そうです、改めてご紹介します
「上ノ国千年北海道プラン」で2日間お世話になった、上ノ国観光協会の笠谷さんです
(上ノ国観光の際は、ぜひご指名下さい)
クリックすると元のサイズで表示します

上ノ国千年北海道プラン
・料金 1名1650円 (最少催行人数1名)
・上ノ国町役場水産商工課 ☎0139−55−2311

12:10 定期観光バスが道の駅「上ノ国もんじゅ」に到着
・手形に含まれるチケットで特製弁当を食べます

12:40 上ノ国スペシャルまち歩き!
昼食後、道の駅のバスで笹浪家へ。まち歩きのガイドと待ち合わせ。笹浪家、勝山館などを散策。周辺の北海道最古に属する神社や寺も見学

15:15 選べる体験(無料シャトルバスで移動
・「なたね油搾り体験」か「サクランボ狩り」(7月限定)のどちらか(選択)
体験後は、かけ流しの湯ノ岱温泉で炭酸泉の湯を1時間堪能

無料バスで各宿泊施設へ

翌日9:00 スペシャルまち歩き後半戦(2時間)
・道内最大の円空仏を見学
・花沢の館
・天の川の景色堪能
・花沢温泉入浴か上之国館調査整備センターのどちらか(選択)

11:00頃迎えの道の駅のバスで道の駅「上ノ国もんじゅ」へ

12:40 定期観光バスに乗車し松前へ
・バスの時間まで各自昼食、周辺散策


『江差・松前千年北海道手形』詳しくは➡コチラから


人気ブログランキングへ






※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ