ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2014/7/13

道内一の円空仏と花沢館  江差・松前 千年北海道手形

江差・松前千年北海道手形』をフルに活用し2泊3日バスの旅を楽しんできました!

2日目の朝です
ぐーーーっすり眠れました
1階カウンターで朝食です
クリックすると元のサイズで表示します

我が家の夕食よりも豪華な内容です
クリックすると元のサイズで表示します

朝から「イカ刺し」
クリックすると元のサイズで表示します

朝食後は町内散歩
話題にはなりませんが「清浄寺」
クリックすると元のサイズで表示します

この言葉…胸に沁みますねぇ
クリックすると元のサイズで表示します

昨日の旧笹浪家、上ノ国八幡宮、上国寺をもう一度見て港へ
クリックすると元のサイズで表示します

9時にガイドさんと待ち合わせしていたので宿に戻ると…
ガイドさんもすでにいらしてて…

『上ノ国千年北海道プラン」スペシャルまち歩き後半戦スタートです!

町を流れる天の川の河口を眺めながら10分ちょっと歩きます
中洲は白サギのコロニーになっているそうです
天の川といえば、アユ釣りも人気があります!
クリックすると元のサイズで表示します

観音堂に到着です
クリックすると元のサイズで表示します

なんとここには、円空上人の「十一面観音立像」がまつられているのです(道の有形文化財)
高さ122・5メートルと北海道で一番大きなものです
「拝み仏」で円ノミが使われているところから、比較的初期の作品と言われています
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

旅館「よし栄」の女将さんが話していました

「円空さんを触る時はちゃんとお賽銭あげてね。でないと”円が空(カラ)”になっちゃうのよ」笑

「あたしたち子供のころは、かくれんぼして円空さんの後ろにかくれたのよ」

「熱が出たら、円空さんの頭の後ろを削ってそれを飲むと熱が下がったのよ」

それでも優しい笑みの円空さん

笠谷さんからは…

「こどもに馬乗りされたり、ロープでひっぱられたり」って…汗

ほんとに、よく見たら傷だらけ

「戦争に行くときは、かけらを戦地に持って行ったそうです」と。

身を粉にして上ノ国の人々を助け見守ってきたのですね

幕末〜明治にかけての廃仏毀釈(はいぶつきしゃく:仏教を排除しようとする運動)で、円空さんは危うく壊されるところでしたが、町ぐるみでかくまったそうです。
直垂に烏帽子をつけて「御神体です」と偽ったり、個人の家に隠したり…

この観音堂も、有志の方が交代で管理しているのだそうですが…高齢化も進み存続が危ぶまれているそうです


上ノ国の人にとっては、本当に身近な存在だったようです

はい、ちゃんとお賽銭あげて触らせていただきました…
手首は取れませんでした…笑

お次は、これまた楽しみにしていた国の史跡「花沢館」へ
クリックすると元のサイズで表示します

虫よけスプレーをシュッシュして・・・
山登りです!
上ノ国を深く知るのは体力が必要なのです

クリックすると元のサイズで表示します

急な登りをもくもく行くと…
「花沢館跡」の看板があります

道南の12館のうち一番北にあったもので蠣崎季繁がいましたが、その客分として武田信広も住んでいました。
1456年のコシャマインの戦いで、コシャマイン親子を倒した武田信広がのちに蠣崎の婿になり松前藩祖となります(この戦いで12の館は次々に攻め落とされ、花沢と茂別の館が残ります)

それから150年ほどして花山院忠長がこの花沢館にしばらくいました。忠長は宮中のお公家さんとのスキャンダルをとがめられてえぞ地へ島流し…
流罪人とはいえお公家さんがえぞ地に来た!と、5代藩主慶広は忠長を上ノ国から松前の万福寺に移し厚くもてなしました。
忠長はのちに許され京都げ戻りましたが、これが縁となり松前歴代藩主は6人も京都の公家からお姫様を迎え奥方としたそうです

クリックすると元のサイズで表示します

また頂上付近からは室町時代に中国から輸入された古銭と鉄釜が発見されています

ちょっと休憩!
ガイドさんが、アカシアの葉で葉笛を鳴らしてくれました!
クリックすると元のサイズで表示します

そして…
桑の実を見つけておやつタイム
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


そして、松の巨木
クリックすると元のサイズで表示します

天の川の向こうに、上ノ国の町を一望できます
クリックすると元のサイズで表示します

この穴から向こうをのぞくと…
良く見えるんだったかな…?

楽しくてわかりやすい案内をありがとうございます!

登った道を引き返し
クリックすると元のサイズで表示します

「のんびりお月様公園」で一休み!
クリックすると元のサイズで表示します

『江差・松前千年北海道手形』詳しくは➡コチラから


人気ブログランキングへ




2014/7/14  8:17

投稿者:花子

砂糖味さん
今は昔の物語…
この町は、どこをあるいていてもそんなロマンが漂います

花沢と茂別はおさえておきたかったので、今回は歩けてラッキーでした!
山登りはけっこうしんどいけれど…
眼下に広がる景色を見た時に、すべてが報われます
ぜひ、一度どうぞ

2014/7/14  5:18

投稿者:砂糖味

天の川の河口付近は湾になっていて、交易の拠点になっていたようです。時が移るとはこういうことなんですね!
花沢館、前から気になっていたのですが、まだ行ったことがありません。うらやましい!
「高さ122・5メートルと北海道で一番大きなものです」はさすがに大きすぎかも(w)

2014/7/13  21:49

投稿者:花子

砂糖味さん
こんばんは!
上ノ国町、一度この町に足を踏み入れると大変(勉強)なことはわかっていたのですが…あえてこの町をセレクト!
苦手を克服しなくちゃね。笑


2014/7/13  16:38

投稿者:砂糖味

数々の円空仏、かつて松村隆さんのご案内で歩いたことがあります。これまで取り上げられることの少なかったエリアのように思いますが、色々な意味で最も早く開けた土地かもしれません。円空以外に木食仏もあり、歴史の好きな方は存分に楽しめる旅になるのではないでしょうか。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ