ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2014/7/16

「千年北海道旅」のススメ  江差・松前 千年北海道手形

江差・松前千年北海道手形』をフルに活用し2泊3日バスの旅を楽しんできました!

ここからガイドさんが交代になります。
藩主が眠る墓所や松前城、城下町の雰囲気たっぷりの町を歩きます

まずは「寺町」


参道です!
桜に杉…
5月に歩きたいっ
クリックすると元のサイズで表示します


「法源寺」(曹洞宗)
ここの山門は道内最古の建造物の一つで平成5年、国の重要文化財に指定
クリックすると元のサイズで表示します

「法憧寺」(曹洞宗)
松前藩の菩提寺。暦代藩主に位牌がまつられています
クリックすると元のサイズで表示します


お寺の一つ一つや桜について詳しい説明が聞けるのがうれしいです

「松前城の写真はここから撮るのがお勧め!」と撮影ポイントも教えてもらえますよーー!
クリックすると元のサイズで表示します

幕末、近海に出没する外国船に対し防衛警備のため幕府の命令で造った北海道唯一の日本式のお城。
江戸で三大兵学家といわれた市川一学(高崎藩)の設計で、当時仙台以北最大、日本最北のしかも最新式の日本式城郭。

5年の歳月をかけて完成したものの、その年(安政元年)は日米和親条約が結ばれた年で函館開港。幕府は函館奉行をおいて2度目のエゾ地直轄(ほら、五稜郭!)松前城は松前・江差地方を支配するのみで、さらに函館戦争が起きると戦火を浴びて明治8年には天守閣と本丸御門を残して北海道開拓使により取り壊されてしまいました。
天守閣は昭和16年国宝に指定されましたが、24年の火災で焼失・・・現在のものは35年に再建したものです。

クリックすると元のサイズで表示します

本丸御門は国の重要文化財に、城跡は昭和10年国の史跡に…

クリックすると元のサイズで表示します

石垣には、戊辰戦争時に撃たれた鉄砲の弾の跡も
クリックすると元のサイズで表示します



松前城はなぜ低いのか???
理由があるのです

その答えは、ぜひ参加して聞いてみてくださいね!笑

天守閣から見た、松前の町と港です!
マグロ…泳いでないかなぁ〜
クリックすると元のサイズで表示します

「北海道の標準木」染井吉野です!
この木に5輪以上咲いたら「開花」となるのです
クリックすると元のサイズで表示します

今度は桜の季節に訪ねたいけれど…
混んでるんですよね〜

さて、「城下通り」を散策します
クリックすると元のサイズで表示します

「中村屋」さんで”あわび最中”を買います
クリックすると元のサイズで表示します

そしてなんと!
文化元年(1804年)創業、福井県の老舗酒蔵「黒龍酒造」のお酒が買えるんです!
「黒龍酒造」の松前出身杜氏さんが、城下町通りにある「地酒の旭」さんと同級生なのだとか…

クリックすると元のサイズで表示します

にしても、雰囲気ある店内!
天井まで一升瓶がいっぱいです!
クリックすると元のサイズで表示します

たっぷり試飲を楽しんだうえ、お見送りまで…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


2日目の宿は「矢野旅館」
松前温泉で、旅の疲れを癒します
クリックすると元のサイズで表示します

ガイドの松田さんとは、ここでお別れです
ありがとうございました!
クリックすると元のサイズで表示します

3日目は8:51分「松城」発の路線バスで、故郷木古内へ
クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら「木古内千年北海道プラン」は利用できませんが、次の路線バスが来るまで駅前散策を楽しみました!
クリックすると元のサイズで表示します

まずは、幼少時代の私の遊び場「みそぎ浜」
180年以上続く神事「寒中みそぎ祭り」が行われる浜です
クリックすると元のサイズで表示します

1月の極寒の海に入り、4人の若者がご神体を清めるのです!!!
クリックすると元のサイズで表示します

そして、創業80年以上の老舗和菓子屋「末廣庵」でお菓子を買います
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「孝行餅」は外せませんね!
醤油風味のくるみゆべしです!
クリックすると元のサイズで表示します



11:29分発の路線バスで函館駅前へ

翌日から仕事ですので、早めに家に帰ります!

※松前から路線バスで「福島町」「知内町」へ移動し観光を楽しんでも楽しいですよ!

おまけ
手作り「松前漬」
美味しく出来ました!ちょっと感動!
クリックすると元のサイズで表示します


木古内千年北海道プラン
・料金 1名500円(最少催行人数10人)
・木古内町観光協会 ☎01392−2−2046

16:15 定期観光バスが木古内駅に到着

まち歩きガイドと合流

16:20 「夕暮れ木古内まち歩き」に出発

木古内クイズを楽しみながら散策
開業間近の新幹線駅舎も見学します!
老舗のお菓子屋さんで買い物もできます

みそぎ模擬体験

なんと!みそぎの体験が出来るのです!!

17:10 木古内町内フリータイム
木古内3大グルメ「ほたて炙り丼」「はこだて和牛」「みそぎの舞」(地酒)を楽しむのも良し!

JRで本州、函館方面へ(別料金です)翌日、路線バスに乗車も可


福島千年北海道プラン
・料金
手形掲示で「相撲記念館」「青函トンネル記念館」の割引有
申込み不要ですが、8月18日(月)と19にち(火)は、青函トンネル記念で、元トンネルマンによるガイドを実施するため前日までの予約が必要となります

・福島町観光協会 ☎0139−47−3004

★9:24 8:51分「松城」発路線バスで福島へ
「相撲記念館」「青函トンネル記念館」見学

★10:45 青函トンネル記念館で海底トンネルの秘密に触れる
クイズラリーに参加して特産品を当ててね!

11:45 福島町内でフリータイム
お土産を買ったり、お昼ごはんを食べたり…

13:17 青函トンネル記念館前発の路線バスで木古内方面へ



知内千年北海道プラン
・料金1名12100円 (最少催行人数2名)
・知内観光協会 ☎01392−5−7311

15:54 定期観光バスが知内「町民センター前」へ到着
・宿泊施設からのお迎えがあります

翌朝 5:15〜6:45 または7:45〜9:15 朝食の前後に『矢越海岸アドベンチャーズ』のクルージング!


路線バスで函館方面へ(小谷石7:27発または9:45発)

クリックすると元のサイズで表示します

『江差・松前千年北海道手形』詳しくは➡コチラから


人気ブログランキングへ






2014/7/18  21:30

投稿者:花子

さるおさん
こんばんは!
明日から十勝ですか?
お天気だと良いですね。どこに行ってもお花がも緑もきれいです。
十勝、この前久しぶりに仕事で行きました。
久しぶりすぎてワタワタしちゃいました…

ぜひ次回は函館、江差・松前へ

2014/7/18  0:57

投稿者:さるお

こんばんは。
江差・松前の旅も楽しそう。

どんどん行ってみたいところが増えてしまいます!!

私は週末から帯広の旅です。
楽しみでわくわくですが、行ってしまうとあっという間に楽しい時間は終ってしまうので、ちょっと複雑な気分なんです・・・。

ああっ、北海道に移住したいなぁ。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ