ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2014/9/14

札幌国際芸術祭@モエレ沼  札幌国際芸術祭2014

芸術の秋です!
札幌市では「都市と自然」をテーマにスタートした「札幌国際芸術祭2014」が開催中です。
ご存知!坂本龍一さんがゲストディレクター
この休日は、アートなサッポロをまるごと楽しんできました!

まずは「モエレ沼ガラスのピラミッド」(HIDAMARI)へ
クリックすると元のサイズで表示します

■「セイシング・ストリームズ」(坂本龍一+真鍋大度)

札幌の豊富な水資源、行き交う人々…そして電磁波の変化
アートテーマ「都市と自然」におけるさまざまな情報の流れ(ストリームズ)をアートとして感知(センシング)して見て聴くメディアアートの世界を堪能します

「電磁波」を見て、聴くことができるなんて…想像すらできない!!

これぞ!現代・未来アート!

会場内に設置されたアンテナで収集した、スマホや電子機器などの電磁波がリアルタイムで巨大ビジョンに波線・幾何学?模様となって映し出され、スピーカーから金属音に似た?音で流れます(感じ方・見方はそれぞれで)

また札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)で収録した電磁波の記録と対比することもできるのです!
クリックすると元のサイズで表示します

■「フォレスト・シンフォニーinモエレ沼」(坂本龍一+YCAM InterLab)

”木の声”に耳を澄ませます
クリックすると元のサイズで表示します

国内外11カ所、12本の樹木にセンサーを設置し、それぞれの木のデータを音に変換します
その音が、ここで一つになりシンフォニーを奏でます…

これが噂の「センサーボックス」です
クリックすると元のサイズで表示します

道内では、モエレ沼・札幌市資料館・北海道大学・下川町下川小学校…
道外では長野県ルイ・ヴィトンの森・東京学芸大学・山口県情報芸術センター(YCAM)
海外ではウェスタン・オーストラリア大学・王立リッチモンド公園など

クリックすると元のサイズで表示します

データ音(木の声)は天井からつるされたスピーカーから流れます
スピーカーの下(床)には、それぞれの木を表す番号が…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

モエレ沼は「2」番!”エゾノカワヤナギ”
クリックすると元のサイズで表示します

他にお客様がいないことを確認し…
お部屋の真ん中で大の字に寝転がり…12本の「フォレスト・シンフォニー」”木々の交響曲”に酔いしれます
うっかり熟睡してしまいそうなほど、心地の良い空間と木々のささやき〜

ぜひぜひ、試してみてください!!(一番のオススメよ!)

きっと、あなたもコロガリたくなるはず…
クリックすると元のサイズで表示します



■特別展示「触れる地球」(竹村真一)
世界初の「デジタル地球儀」を手の圧力で回しながら、地球の裏側を見たり地球上のさまざまな場所をズームイン!
クリックすると元のサイズで表示します

リアルタイムの気象情報、地震、津波、地球温暖化、人口・都市問題など地球のいろいろな側面を読み取ることもできるのです

5億年前〜未来の地球までを見てみました!

地球の温暖化によるアフリカ北部の干ばつ問題も…
クリックすると元のサイズで表示します

アートを通じて「都市や自然」の過去・現在…そして未来を見て感じて考える
人間が地球人として自然の一部として、これからを生きるための大切なことを教えてくれているような気がしてなりません


クリックすると元のサイズで表示します



外に出ると…
出入口の意外に近いところにセンサーボックスのついた「エゾノカワヤナギ」を発見!


クリックすると元のサイズで表示します


■モエレ沼

・札幌市東区モエレ沼公園1−1
・無料展示・体験
・詳細は「札幌市コールセンター」☎011-222−4894

9月20日(土)は花火大会もありますよーーー!

クリックすると元のサイズで表示します

■札幌国際芸術祭2014情報

・北海道立近代美術館と札幌芸術の森美術館チケット
「共通チケット」(一般1800円 大学生1000円 高校生800円)
「個別鑑賞チケット」(一般1100円 大学生800円 高校生500円)

・北海道立近代美術館と札幌芸術の森美術館間のシャトルバス無料!

シルバーウイークは「ゲージツ鑑賞」を…9月28日(日)までの開催です!

札幌国際芸術祭2014HP←クリック!

クリックすると元のサイズで表示します


人気ブログランキングへ





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ