ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2014/9/19

カフェ旅情さんへ行きました  小樽そぞろ

もう、だいぶ時間が経っちゃったけれど…
2度目のカフェ「旅情」さんへ
クリックすると元のサイズで表示します

ここのご夫婦、気さくで居心地良し。

今回は「ティラミス」を食べようって最初から決めてたのよ
イタリアのお菓子といえば「ティラミス」しか知りませんからねぇ〜
一から手づくりだという「ティラミス」

クリックすると元のサイズで表示します

珈琲は一杯ずつ丁寧に、ご主人が淹れてくれます
初めて飲んでみたけれど、これまたかなり好みの味!
何にも言わなくても、お菓子に合うように?チョイ濃い目?が嬉しい〜


クリックすると元のサイズで表示します

なんだか写真が…
どれもいまいちの写りだわ…泣

「フガッサ」っていうイタリアの伝統菓子
初めて聞いたのですが「今が食べごろ」ということでいただきました!

クリックすると元のサイズで表示します

イタリアの郷土菓子だそうです
とっても手が込んでいます

ベネチアから持ってきた天然酵母で発酵させます
焼き上げるのに30時間、焼きあがってから1〜2日置いたほうがより美味しいという

まさに食べごろの「フガッサ」
いざ、実食!
クリックすると元のサイズで表示します

フカフカ〜で、ほんのりとした甘みとヨーグルトっぽい風味が口の中にひろがります
お菓子としても良いのですが、パンの感覚で軽食にもなるわっ
実際に、パンを食べるように手でちぎっていただきました!

フルーツ入りも女子にはウレシイはず!

そして「旅情」さんのもう一つの代表菓子と言えばこれ!
ん〜〜〜、名前…なんだったかな〜
「ヴソライフォルテ」???違うか???
クリックすると元のサイズで表示します

15世紀のイタリアのレシピに忠実に作っています
奥様がイタリアでお菓子作りを教わった師匠は、11歳でお菓子の有名店にでっち奉公に出て、21歳で独立
奥様が師匠にいただいたレシピの中にあった大切なお菓子
店内の壁に師匠の写真がありましたが、とっても優しい笑顔のおじいちゃま‼︎

奥様は、イタリアのお菓子屋さんを、ほぼすべて周ったそうですが(スゴイ‼︎)
このお菓子は師匠のお店にしかなかったそうです
…ってことは〜
世界中で、その師匠のお店と小樽のココ「旅情」でしか食べられないという、と〜っても貴重なお菓子ってこと‼︎

見た目通り、チョコなんですが…
とてもスパイシーな大人のチョコ菓子って感じ
ナッツもザクザクで、これなら卵アレルギーのタロも大丈夫!と思いながら買ったんですが…
結局、あたしが食べました

「旅情」さん、コーヒー頼むと小菓子が一つもらえます
もちろん「ヴソライフォルテ」??をいただきました!
名前、今度行ったらちゃんと聞いてこよう…汗

クリックすると元のサイズで表示します


このお菓子、長い出張を終えた後、息子の20歳のBDを祝ってニッカの白ワインと一緒にいただきました
ワインに良く合うお菓子です
クリックすると元のサイズで表示します

お店で、映画「旅情」のテーマソングの話になりました
はい…映画はまだ観ていません

そしたら、お店で「ヴェニスの夏の日」を流してくれました…涙

この映画、観たら絶対に号泣だと思う…
シーズンオフの楽しみししておこう!

また、行かなくちゃ「カフェ旅情」さん!


人気ブログランキングへ





2014/10/9  17:05

投稿者:花子

どらじゃさん
こんばんは!
「旅情」さん、見つけたんですね
「フガッサ」と珈琲の組み合わせは最強です!
フルーツ入りも美味しいです!
ぜひ、行ってみてください〜

2014/10/9  17:03

投稿者:花子

宮さん
こんばんは!
電話で確認してくださりありがとうございます。
「ブソライ フォルテ」ですね!
ご主人が丁寧に淹れてくれる珈琲は、少し濃いめでお菓子に良く合い大好きです!
シーズン終了前に、また行かなくちゃ…

2014/9/21  18:22

投稿者:どらじゃ

花子さん、こんにちは!

ここ「前世はヨーロッパ生まれのセレブ!」と言い張る相方と「樽ぶら」した時に見つけましたが、その前に「なると」の若鳥と「小樽ミルクプラント」のソフトクリームと「カフェ&レストラン コロンビア」でアイスコーヒーをお腹の中に納めていたため、泣く泣くリベンジを誓ったお店です。
とても参考になったので、今度の樽ぶらの時行ってみます!

2014/9/21  12:01

投稿者:宮

花子さん こんにちは!
せっかくのSYU君の20歳のバースデイ、初めての(?)アルコールの白ワインと、15世紀にさかのぼるイタリアのチョコレート菓子。世界で2か所(そのうちの一つが、小樽の旅情さん)しか販売していないんですね!!!
この記念すべきお菓子の名前が、???じゃ駄目だと、電話で確認させてもらいました。 〘ブソライ フォルテ〗だそうです。
すごく感じのいいご主人でした。 僕もおじゃましたくなりましたよ。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ