ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2014/12/2

八雲の水から森のイカメシまで  渡島総合振興局

八雲神社へ行きます
故郷、熱田神宮唯一の分社だそうです

八雲の地名は、古事記の中でスサノオノミコトが詠んだ歌「八雲立つ 出雲八重垣つまごみに 八重垣つくる その八重垣を」からとったもの。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

また八雲町山越は200年ほど前に、最北の関所が置かれたところ
なので、町中に「関所風」の建物が点在しています
例えばJRの駅や
クリックすると元のサイズで表示します

会館、バス停も…
クリックすると元のサイズで表示します

今も残る「夜泣き石」
当時の罪人がこの石に腰掛け処刑されたとか…
クリックすると元のサイズで表示します

「蝦夷地・和人地の境界」となった川の流れは、今もそのまんま
クリックすると元のサイズで表示します

そして「松浦武四郎の稲荷神社」
安政5年(1858年)1月、函館を出発した武四郎は、この稲荷神社に道中の安全を祈願。
クリックすると元のサイズで表示します

関係ありませんが…
すぐ近くに水の湧き出し口がありました!
武四郎も、ここで喉をうるおしたもかも知れません〜
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

最近は高速道路の移動が多いので、もうこのような案内はしなくなっちゃったなぁ〜
あ〜〜ぁ…

「銀婚湯温泉」辺りに1泊する、のんびりコースのツアー企画したい!
もちろん、ガイドはわたし…で、同宿。笑

ないな…

おまけ
JR八雲駅
看板が「ほたて」笑
すぐに武田久美子を思い出す…中年のオジサンか?
クリックすると元のサイズで表示します

八雲町は太平洋と日本海の2つの海を持つ町
この後、日本海側の熊石地区を旅します

八雲駅前から「江差ターミナル」行のバスで1時間弱
峠を越えれば、熊石です!
クリックすると元のサイズで表示します

↓やらせ写真…笑
クリックすると元のサイズで表示します

駅といえば…
こちらは「森駅」

「そうだ!森駅で”いかめし”買おう」て、ことになり寄り道
クリックすると元のサイズで表示します

駅のキオスクにも、ちゃんと”いかめし”は置いてありますが…
クリックすると元のサイズで表示します

やっぱり、駅前の「柴田商店」で買わなくちゃ
クリックすると元のサイズで表示します

この外観に、やられちゃいました…
好き!こーゆー感じ(って、どーゆー感じ?)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

どう?お店の中もこんな感じよ(←どんな感じ?)
クリックすると元のサイズで表示します

で、買った”いかめし”見てびっくり!!
小さいのよ…
箱が…

へ?ってくらい、小さいの…
クリックすると元のサイズで表示します

「これで650円は高いわーーーー」とか言いながら車に戻って
Kちゃんと、はんぶんこして食べたのよ
クリックすると元のサイズで表示します

ところが、見かけよりミッチリしてて
結構、お腹がいっぱい!
このあと、これまたどーーーしても行きたかったレストランでのランチが控えていたので丁度よかったわ…

めでたし、めでたし…ジャンジャン!


おまけ
森町と言えば…
”いかめし”も良いけど”ニシン”もね
「茅部のニシン供養塔」

クリックすると元のサイズで表示します

おまけのおまけ
今日から、選挙戦!
マイクスタッフで頑張ります!!
なんだか今年はオフシーズンが忙しくて、ヘロヘロ…


人気ブログランキングへ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ