ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2014/12/13

インマヌエルとポテサラごはん  桧山振興局

さて、峠を越えて今金町へ向かいます
途中「若松」という地区を通過します
クリックすると元のサイズで表示します

名前の通り、福島県人によって開拓が行われた町「会津若松」の「若松」です

稲作が盛んで、こんな看板も
クリックすると元のサイズで表示します

「あわび山荘」の白米も「北の白虎米」でした!
クリックすると元のサイズで表示します

「丹羽」地区へと移動です
「荷卸しの松」があります
ここは「丹羽発祥の地」でもあります

明治25年、旧会津藩士・丹羽五郎さんが中心になり12戸を連れて入植した地です。
丹羽さんの一行が、道庁で作った地図だけをたよりに貸付地らしいところまで来ると、木々の中にひときわ立派な古いオンコ(イチイ)の木が見えます。皆はこの木の下に荷をおろして、最初の数日間をここに野営して開墾の段取りをしたそうです
クリックすると元のサイズで表示します

また少し走ると、玉川小学校前に「千年の松」
樹齢400年?
このあたりの開拓地はオンコ(イチイ)が多く、その中でもこのオンコが特に素晴らしく…「千年も経っているだろう」ということで「千年松」になったそうです。笑
クリックすると元のサイズで表示します

そして、今金町「神丘」へ
クリックすると元のサイズで表示します

明治24年、京都同志社大学の学生を中心とするキリスト教徒の団体が”インマヌエル”(神、我とともにあり〜新訳聖書)を信じて開拓に入ったところです

開拓の様子は、渡辺淳一の「花埋み」に詳しく書かれています
この本を20才の頃に読んで、どーーーしても行ってみたかった「インマヌエル教会」
探して行ってきました

クリックすると元のサイズで表示します

インマヌエル村創設者の一人、志方之善さんの奥さんが、わが国第1号の女医・荻野吟子さん。のちに瀬棚に移り、聖書片手に11年間開業しています。
荻野吟子の歌碑もありました

ここは、ふたりの住居跡でもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お昼ごはんの時間です!
今金町のご当地グルメ「ポテサラごはん」に決めていました

「ホテルいまかね」へ直行です!
名産「今金男爵」を使った三段重箱に入ったポテトサラダ御膳
デザート付で、お値段1000円!
町内5カ所で食べることができます!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

じゃーーーん!
クリックすると元のサイズで表示します

一の重(5種類のポテサラ)
クリックすると元のサイズで表示します

二の重(5種類のオリジナルポテサラ)
クリックすると元のサイズで表示します

三の重(白いごはん・香のもの)+汁物・副菜・デザート
今金の場所に梅干しね!!
クリックすると元のサイズで表示します

ポテトサラダの宝石箱やーーーーー!汗
それぞれに味が違うので、飽きずに最後まで美味しくいただきました!

ちなみにデザートはアイスクリーム!
ジャガイモアイスなら尚「いいね」
クリックすると元のサイズで表示します

お土産に「今金男爵」は、いかがでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します

お隣には温泉施設がありました!
クリックすると元のサイズで表示します


人気ブログランキングへ





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ