ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2015/2/24

横須賀ストーリー@猿島  関東そぞろ

では、猿島探検にいってきます

周囲1・6キロの小さな島
散策するには、ちょうどいい距離かな

私のように、カメラを持って一人で来ている人も結構いました
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

レンガ造りの要塞跡
兵舎や弾薬庫が並びます
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

展望台に向かう道
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この展望台は危険すぎて登ることが出来ません…
だって、初代ショッカーの基地なんですよ。笑
クリックすると元のサイズで表示します

展望台からの眺めは…望めませんでした。笑
クリックすると元のサイズで表示します

すぐ近くに「砲台跡」があります
全部で5カ所ありました

鎖国時代から、異国船に対して江戸幕府が全国初の「台場」を設けたのが猿島だそうです
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

猿島の由来
1253年5月、日蓮上人が房総から鎌倉へ渡る途中嵐に遭い、船の進む方向がわからなくなったと時に、どこからともなく1匹の白猿が現れて、船のへさきに立ち島へ案内したところから「猿島」

急が階段を下ると。日蓮上人の洞窟があります。
縄文時代の土器も発見されているそうですが…
あまりに急が階段。
眼下には青い海…
この階段を上ることを考えたら…行くのをやめました。汗
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

また、あるき(ほとんど走り)続けます
クリックすると元のサイズで表示します

幾つかのトンネルがあります
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「愛のトンネル」
レンガ造りの長いトンネルをカップルが2人で通りぬけると…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

トンネル内にも地下砲台施設が…
クリックすると元のサイズで表示します

中には、階段も…
どこに通じるんだろう
クリックすると元のサイズで表示します

あのね…
けっこう(かなり)怖いです
出そうです…
クリックすると元のサイズで表示します

トンネル内、色んなことを妄想し過ぎて…
かなり長く感じました。汗
クリックすると元のサイズで表示します

無事、生還です
クリックすると元のサイズで表示します

残念だったのは「らくがき」
やめましょう、こーゆーの
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「薬弾庫」
クリックすると元のサイズで表示します

まもなくゴール(桟橋)です
クリックすると元のサイズで表示します

船の時間まで、少し余裕があったので浜へ
「砂鉄の浜」だそうです
クリックすると元のサイズで表示します

きれいに穴が空いた石
クリックすると元のサイズで表示します

おデートにも、ピッタリね
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

おデートで、ここに来たら
「キャー怖〜い!」なんて言いながら、愛のトンネルで彼にしがみつ・・・・かないな

先にサッサと歩いていそーーーだ。汗

そんなことは、もうないだろーけれど…

自販機の飲み物は、島価格
「猿島上陸」の水もあります!
買いません…
クリックすると元のサイズで表示します

喉が、カラカラに乾いたまま…
船に乗ります
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

猿島よ、さよーーならーーー
クリックすると元のサイズで表示します

白猿に会えなかったことだけが、心残り

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

横浜ストーリー、まだまだつづく

おまけ
マンホールアートはペリー
浦賀も行きたい…

ヨコスカは「これっきり」にはならないな…

軍港めぐりの宿題もあるし、まだまだつづくと、おもう
クリックすると元のサイズで表示します


人気ブログランキングへ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ