ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2015/8/4

鹿部早朝さんぽ&湯めぐり  はこだて旅するパスポート

鹿部町で2日目の朝を迎えました
クリックすると元のサイズで表示します

朝日が見たくて5時半に目覚ましをセット!
窓を開けると相変わらずのくもり空…
でも、雨は降っていないので散歩に出掛けることにしました。

前日の「チカ釣り」の時とは違い、船が出たせいか漁港には活気がありたくさんの人がいました
クリックすると元のサイズで表示します

近寄ってみると…
なにやら真剣に作業をしています
クリックすると元のサイズで表示します

おそるおそる話しかけると…
気さくに返事をしてくれます

ホタテの稚貝以外のものを取り除いていると教えてくれました

クリックすると元のサイズで表示します

小さいでしょう?
女性が私の手のひらに「ホタテ」「ヒトデ」「ムール貝」?を乗せてくれました
「ならべると、よくわかるでしょう?」と
クリックすると元のサイズで表示します

慣れているとはいえ、この小さな小さな稚貝とにらめっこ、それ以外のものをつまみだすなんて…
根気のいる大変な仕事だな〜と思いました

私なら、だんだんイライラしてきて…
ポイ!と投げ出しちゃいそう…汗
クリックすると元のサイズで表示します

少し大きめのホタテを見つけます
「これは何年ものですか?」なんて話しかけたら
「食べても良いよ」と…
クリックすると元のサイズで表示します

え?食べる??
どうやって??
キョトンとしていたら…
手を休めて、サササッと貝から貝柱を外します
その素早いこと!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

スルッと外した貝柱を手のひらに乗せてくれました
クリックすると元のサイズで表示します

するとまた、なにごともなかったように仕事を再開させていました…

「ごちそうさまでした」
クリックすると元のサイズで表示します

昨日は閉まっていた建物のシャッターが開いています
クリックすると元のサイズで表示します

「おはようございま〜す!スミマセン…中に入らせていただいてもいいですか?」

クリックすると元のサイズで表示します

水槽の中で、水揚げされたばかりの「ボタンエビ」がピョンピョンはねています
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そのまま海岸通りを歩いてみることにしました
舟が浮かんでいます!

ちょうど、この日からコンブ漁が始まったと後から聞きました
クリックすると元のサイズで表示します

舟が戻ってくるのを、浜のかぁさんたちが待ってて…
軽トラの荷台に、手で積み上げるんだそうです
この周辺でとれるのが「白口浜コンブ」
お殿様にも献上した「献上コンブ」です!


あ〜〜!軽トラが行きました!
これから、家族総出で干すんですね
クリックすると元のサイズで表示します

その準備もできているようです!
クリックすると元のサイズで表示します





「鹿部稲荷神社」です
宮司さんは「松前神楽」の伝承者で、夏は各地の祭りに合わせ道南中を周るので特に忙しいそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

あ!函館行きの路線バスが来ました。
でも、鹿部のことをもっとよく知りたい私は、この町にもう1泊することに決めたのです。
クリックすると元のサイズで表示します

「せせらぎ散歩道」です
クリックすると元のサイズで表示します

鹿部川に沿って遊歩道が設けられていて、その先は「鹿部公園」
ちなみに、この川には毎年たくさんの鮭が遡上し、公園内には「サケ・マスふ化場」もあるのです。他にもニジマス、イワナも釣れるそうです…

また、秋になると誰でも自由に鮭を釣って良い場所があるらしく…
「場所取り」がすんごいらしいです!

「場所取り」といえば「運動会」
鹿部町の運動会ではグランドに「大漁旗」がたなびくんですよ!笑
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

公園の一角に「豆」(たまふくら)が植えられていました。
役場の職員が育てているもので「誰でも自由に採っていい菜園」なんですって!

そろそろ、食べごろかな〜〜〜

クリックすると元のサイズで表示します


また、鹿部町は全国的にも珍しい「間欠泉」のある町なのです。
ということで町内で「湯めぐり」も楽しめるのです
クリックすると元のサイズで表示します

「湯めぐりガラスパ手形」を1000円で購入すると
町内4カ所の温泉施設の中から3か所に入浴することができるのです!(「しかべ間欠泉公園」の入園料が無料になるという特典付です)

さてさて「ガラスパ」とは…実際に漁業で使われた浮き球で、ガラス玉とスパ(温泉)を掛け合わせた手形の愛称です!笑

希望すると、この「浮き球」がもらえるんです!!
クリックすると元のサイズで表示します

では、「湯めぐりガラスパ手形」の参加4施設を紹介します!

「温泉旅館 こにし」さん

・加水、加温の無い天然温泉100%かけ流し。(通常料金400円)
クリックすると元のサイズで表示します

「公衆浴場 亀の湯」さん
・昔から変わらぬ熱めのお湯。地元民にも愛されている。源泉は医者も太鼓判を押すほど皮膚に良く、飲料もOK(通常料金420円)朝6:00〜営業
クリックすると元のサイズで表示します

「温泉旅館 吉の湯」さん
・弱塩泉でラドンを含む。腰痛、肩こり、アトピーなどに効果的。入浴後は肌がすべすべになり湯冷めしにくいと好評(通表料金500円)
クリックすると元のサイズで表示します

そして「温泉旅館 鹿の湯」さん
・こんこんと湧きあがるかけ流しの温泉は肌に優しく、ほのかに磯の香りが漂う。庭園露天風呂も好評(通常料金500円)
クリックすると元のサイズで表示します

♪しかべ〜よいと〜こ〜〜 いちど〜は〜おいで〜〜



北海道新幹線新函館北斗駅沿線の5つのマチを、見て、食べて、知って、感動いっぱいに楽しむ『はこだて旅するパスポート&フリーパス』で、鹿部町を旅しよう!








※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ