ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2015/8/4

浜のかぁちゃんの料理教室  はこだて旅するパスポート

『はこだて旅するパスポート&フリーパス』鹿部町を旅してきました。



鹿部町2日目の午前は『浜のかあさん 地元料理体験』に参加しました。
鹿部で水揚げされる新鮮な魚介で、鹿部ならではの家庭料理をつくってランチでいただくのです。
鹿部漁業協同組合女性部のお母さん(浜のかぁちゃん)の指導で、どんな料理が出来上がるのでしょうか??

会場となる「しかべ間欠泉公園」へは、鹿部温泉旅館「鹿の湯」の女将さんが車で送ってくれました。ありがとうございました!


ここから2日間ビッシリお世話になったのは、鹿部町役場観光商工課の金澤佑さんです
前日にラグビーの試合で青森県から帰ってきたばかりというラガーマンです!
そして「浜のかぁさん」こと柳沢時子さん。ニックネームは「ときちゃん」で、タコ漁師さんの奥様です。
クリックすると元のサイズで表示します

この日のメニューは「海鮮丼」と「ババガレイの煮付け”ときちゃん風”」です。

それにしても大きいカレイにびっくりしてると「な〜んも、まだまだデッカイのなんぼでもあるんだよ」と

ぬめりを取って切り身にします
まだ生きている状態です…

クリックすると元のサイズで表示します

「味付けはテキトウでいいかい?」

「味加減とか魚の切り方なんかは”死んだ人のお手伝い”に行ったときに教わるんだよね」

「いちいち醤油大さじ1杯…とかってはかんないから”ズボラ料理”なんて言われんだ」

「ここで食べるのは、料理屋では出ない料理ね」

新鮮が一番の調味料だから…

以上、ときちゃん語録です!爆笑

中でも「新鮮が一番の調味料」はスバラシイ〜
来春「しかべ間欠泉公園」の敷地に道の駅がOPENして「浜のかぁちゃん」の料理が気軽に食べれようになるそうです。その時のキャッチフレーズにいいんでないかい?

しばらく「新鮮が一番の調味料」が、耳の中でこだましていました…笑

ときちゃんの笑顔は最高!
やっぱり、かぁちゃんはこうでなくちゃ!
クリックすると元のサイズで表示します

「ババガレイ」の味付けはときちゃんにお任せし、私たちは海鮮丼の具を準備します
クリックすると元のサイズで表示します

1、アマエビのカラむき
新鮮すぎて、カラがなかなか身から離れません
クリックすると元のサイズで表示します

エビの頭は、味噌汁の出汁にします
クリックすると元のサイズで表示します

2、ツブの中身を取り出す
手作りのトンカチで思い切り貝をたたき、中の「あぶら」をよけます
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

あとは、鹿部の「タラコ」と、ときちゃん差し入れ「タコ漁師さんちのタコ」
クリックすると元のサイズで表示します

これらを、好きなように酢飯の上に並べます

「センスが問われるわよね〜」と、ときちゃん。笑

完成です!パチパチパチ〜
にしても「タラコひと腹」って…どんだけ?
さすが鹿部町!!
クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに私の海鮮丼はコレ!
かなりの具だくさんです
クリックすると元のサイズで表示します

では「テキトーに味付けた」「料理屋では食べられない」「新鮮さという調味料がいっぱいの」「死んだ人のお手伝いに行った時に先輩かぁちゃんから教わった」「カレイの煮付け」もお皿に盛り付け「いただきます!」
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

醤油も…ナイス!
クリックすると元のサイズで表示します

テキトーな味付けって、サイコ――に美味しいーーー!
浜のかぁちゃんは天才です!

ちなみにこの体験、後片付けもいりません…
「浜のかぁちゃん」の笑顔と、おもしろいトークも付いて3000円は絶対に安いデス!

ぁ…
ときちゃんの娘さんもバスガイドだったそうです!笑

『浜のかあさん 地元料理体験』
・体験可能時間 通年
・所要時間 90分
・体験可能人数 2〜40名
・料金(1名)3000円
※1週間前までに要予約


おまけ
ときちゃんが付けてたバッチ
クリックすると元のサイズで表示します

おまけのおまけ
ツブのカラを割った手作りトンカチ
クリックすると元のサイズで表示します

それでは「しかべ間欠泉公園」をご案内します

ここは、北海道のイエローストーン!
大正13年、温泉を掘っているときに偶然見つかったもので、自然の力で約103度の熱湯が最高15メートル以上(約10分間隔)で噴き上げます。
鹿部町は15メートル掘ると温泉が湧き出るそうです。また北海道地熱研究所が初めて研修したところでもあります

ものすごい迫力です!!
クリックすると元のサイズで表示します

敷地内には、間欠泉のお湯を利用した「足湯」もあり大人気です
クリックすると元のサイズで表示します

メチャ、逆光写真!笑
クリックすると元のサイズで表示します

鹿部温泉のへ〜〜!

1、町内には高齢者しか入れない温泉がある(入浴料○十円?)
2、鹿部は昔、大沼電鉄の終点で昔から道南の湯治場だった
3、箱館戦争の時に、旧幕府軍が鹿部の温泉であったまった?

来春OPENの「道の駅」が楽しみですね!

おまけのおまけのおまけ
「しかべ間欠泉公園」の向かいには、鳥羽一郎さんのヒット曲「北斗船」の碑もあります
作詞家の星野哲郎さんが、鹿部町民とのふれあいの中で生まれた歌です。

クリックすると元のサイズで表示します


この日、最後に見た「三味線滝」がきれいでした
岩を流れ落ちる音が三味線のように響き、以前は三味線のように三筋の流れだったので「三味線滝」と命名されたそうです。コンブ取りの目印にもなった滝です。
クリックすると元のサイズで表示します

ようやく駒ヶ岳が姿を見せてくれました!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

おまけのおまけのおまけのおまけ
新鮮が一番の調味料」と頭の中で分かっていながら…
さっきスーパーで半額値札の付いた魚を買いました







※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ