ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2016/4/17

ようやく「グラバー園」へ  九州そぞろ

「グラバー園」は、日本の近代化に貢献したイギリスの貿易商トーマス・グラバーの旧邸をはじめ、旧オルト住宅、旧リンガー邸他、9つの洋館が集められた長崎を代表する観光地。

いくつか、気に入った建物だけを紹介します。

高台にあり、長崎市内や港を見渡せます
クリックすると元のサイズで表示します


「旧三菱第2ドックハウス」(明治20年建築)
残念ながら工事中です

船が修理などのためドックに停泊している間。船員が宿泊する施設

三菱の創始者、岩崎彌太郎の弟彌之助が、三菱の2代目社長として三菱財閥を作り上げ、グラバーを三菱の相談役として招きました。

クリックすると元のサイズで表示します

「旧長崎地方裁判所長官舎」(明治16年建築)
クリックすると元のサイズで表示します

原爆で数多くの建物が失われたにもかかわらず、居留地外側の市街地に建てられたため、唯一残った貴重な建物。

「レトロ写真館」として、ドレスに着替えて写真が撮れました…
が、撮りません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「旧リンガー住宅」(明治元年建築)国の重文

グラバー商会に勤め、ホーム・リンガー商会を設立したフレデリック・リンガーの旧邸
石造りの洋館。
クリックすると元のサイズで表示します

「居間」
クリックすると元のサイズで表示します

オペラ歌手「喜波貞子(きわていこ)展」も
戦前のヨーロッパで、オペラ「蝶々夫人」で名を馳せたにもかかわらず、日本では無名だったオペラ歌手。
クリックすると元のサイズで表示します

ステージ衣装やかつらもありました
クリックすると元のサイズで表示します

「旧オルト邸」(1865年・慶応元年建築)国・重文
オルト商会を設立し、製茶業を営んでいたウイリアム・オルトの旧邸。
この家が、一番好みでした

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「旧スチイル記念学校」(明治20年建築)
グラバー園移築前は、海星学園の寄宿舎
クリックすると元のサイズで表示します

なかでは、「世界遺産」や「出島」の紹介をしていました
クリックすると元のサイズで表示します


「旧自由亭」の前に「西洋料理発祥の碑」がありました。
風がますます強くなり、傘も壊れてしまいました…
ここの喫茶室で休憩です

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2階へ…
港が一望できる席にすわりコーヒータイムです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

カップがステキでした!
クリックすると元のサイズで表示します

喫茶室前には、おなじみ三浦環とプッチーニの像!
ここで、マダムバタフライの♪あ〜〜る晴れた〜〜〜と大声で歌えたら、気持ちいいでしょうね。笑
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして、ラストは「世界遺産」で「国の重要文化財」でもある「旧グラバー邸」です
1863年に建てられた、現存する日本最古の木造洋風建築

クリックすると元のサイズで表示します

上空から見ると、屋根の形が四つ葉のクリーバーのようにみえるそうです。
棟梁は、大浦天主堂などを建設した小山秀之進。
クリックすると元のサイズで表示します

住宅前の庭にある大きなソテツの木は…なんと樹齢300年。
薩英戦争の終結の仲立ちや軍艦の建造に尽くしたグラバーに、薩摩藩主がプレゼントしたもので国内最大級なのだとか…
クリックすると元のサイズで表示します

温室もあり、カラフルに花々が咲き競っていました。
クリックすると元のサイズで表示します

そこにあったのが「こま犬?」
クリックすると元のサイズで表示します

実は龍と馬が合わさった「麒麟」(きりん)は、中国の伝説上の生きもので幸運の象徴とされていますが…
「キリンビール」のラベルのモデルである「麒麟」のヒゲは、グラバーの口ひげを元にしたものだとか…
クリックすると元のサイズで表示します

旧グラバー住宅の庭に「ハートストーン」があると聞いて探してみました。
これかな〜〜〜
違うかも知れませんが…
一応、パチリ!
クリックすると元のサイズで表示します

この後は「長崎伝統芸能館」を、ササササ―――――ッと横目で流して出口へ向かいます
長崎のお祭り「くんち」に奉納される龍踊りの「白」「青」の龍が展示されていました。
クリックすると元のサイズで表示します

「第1ゲート」から出ます
「グラバー通り」と呼ばれる坂道を下ります

クリックすると元のサイズで表示します

お土産屋さんは、まるでオランダのような町並!
行ったことないけど…
クリックすると元のサイズで表示します

そして「大浦天主堂」へ
元治元年(1864年)に建てられた日本最古の木造ゴシック様式教会で、二十六聖人が殉職した聖地・西坂の地に向かって立ち、国宝に指定されている。
聖堂内にはおよそ100年前のフランス製ステンドグラスがあるそうですが…パス!
クリックすると元のサイズで表示します

この後は「東山手」のエリアを歩くことにしました。

おまけ
「カステラ神社」
なんでも「あり」」ですね…
クリックすると元のサイズで表示します

「子どもの本の店 童話館」は、時間があれば入ってみたかった〜
クリックすると元のサイズで表示します

長崎ちゃんぽんの発祥店?「四海楼」もありました!
スゴイ!ちゃんぽんビル!
クリックすると元のサイズで表示します




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ