ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2016/5/12

春の平取山菜まつり  日高振興局

平取の翌日は、朝から山菜の下処理
たのしい〜〜〜!

クリックすると元のサイズで表示します

「植物図鑑」で勉強しながらね!
えっと…フキとイタドリじゃなくてヨブスマソウ…笑
クリックすると元のサイズで表示します

ヨブスマソウは、アイヌ民族はストローのようにして使っていたそうです。
茎の太い方が柔らかいと聞いて、太いのを選んだんですが…
硬かった
クリックすると元のサイズで表示します

あく抜きをします
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ヨモギもゆでてあく抜き…
クリックすると元のサイズで表示します

そして、細かくすりつぶします。
クリックすると元のサイズで表示します

さて、何を作ろうか…
久しぶりにパンを焼くことにしました。
「ヨモギあんぱん」です

このうち、四分の一をパン生地に混ぜます。
7個、焼けました
翌朝のごはんです!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

パン生地を発酵させる間に「ヨモギケーキ」も
クリックすると元のサイズで表示します

そして、夕ごはんのおかずにフキの煮物を作っておきます
なるべく太い、茎の根本を選びます

クリックすると元のサイズで表示します

残りの細いフキをナナメに切り、炒め物に
フキの葉形のお皿に盛り付けます
クリックすると元のサイズで表示します

ヨブスマソウも、フキと同じように茹でてアク抜きをした後、周りの繊維(皮)をむきました
酢味噌和えに
クリックすると元のサイズで表示します

イラクサはおひたしにしました
クリックすると元のサイズで表示します


なんだか、すっごく「主婦」って感じ…
どう?
クリックすると元のサイズで表示します

その翌日も「ヨモギまつり」
クックパッド先生を参考にして「ヨモギ梅ヶ枝餅」と「ヨモギ白玉クリームあんみつ」
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

白玉に「ハート」が1つ…
はい、自分で食べました。笑
クリックすると元のサイズで表示します

色は緑ですが…
ヨモギが少なすぎて、ヨモギの香りは全くしませんでした…

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そしてよるは「もみじがさ」の天ぷらです
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

平取の山の恵みに感謝しながら、1つも残さず胃袋におさめました。

春に山菜をしっかり食べると、1年間健康でいられるよーな気がします。
山菜には、そんな不思議な力が秘められているよーな気がするのです…





2016/5/21  23:10

投稿者:花子

逍遥館のSさん
Sさん、こんばんは!
コメント、ありがとう!!
【素敵な女性】だなんて…言ってくれるのはSさんくらいです。
私は、Sさんのセンスが大好きですよーー

パンと鮭…
これは、たまたま作ったものを全部並べてみたの。笑
私は鮭にはやっぱり白いごはんがいい…笑
でも、パンでも食べれるよ。

この前訪ねたカフェでは「タコの刺身」と「パン」を一緒に、おいしくいただいてきました。笑

また、逍遥しましょうね!

2016/5/21  23:05

投稿者:花子

さるおさん
こんばんは!
返信、遅くなりごめんなさい…
ふるさとは「平取」と思われて、うれしかったです!
ありがとう!

2016/5/13  14:02

投稿者:逍遥館のSです!

花子さん〜
女らしい花子さんが全開でね。
お料理の数々はもちろんのことですが、よもぎケーキの下にひいた
葉っぱの紙もふきの葉もようのお皿のセレクトも
随所随所に【素敵な女性】を感じてしまいました。
これだもの花子ファンからメッセ-ジが届くはずです!

食卓にパンとしゃけがのっていましたが、パンとさかなの組み合わせは
【あり】ですよね!!
わたしが、パンとさかなを一緒に食べると主人からひとことあります。
「洋と和」にこだわりがあるみたい。
こだわらないのが、北海道の女でしょ〜

2016/5/13  8:05

投稿者:さるお

あっ、そうだった!!
花子さんの故郷は木古内でした。
花子さんファンなのにうっかり…。ごめんなさい。
ブログに平取のこともよく紹介さらているので、こんがらがってました。

でも、自然豊かな平取、こんなところで子供の頃を過ごしたら、私のおてんばは止まらなかったでしょうね〜。

2016/5/12  17:42

投稿者:花子

さるおさん
こんにちは!
実は、山菜取りの経験はまだ数回しかないんです…
数年前に平取で…が最初かな?

教えてもらわないと「フキ」しかわからず…
「よもぎ」は、今回初めて取りました。
すぐ近くで、山菜の名前や効用、食べ方を教えてもらえたので数倍楽しめました。
自分の子どもと同じ位の年齢の若者と一緒…というのもすごく良かった!

ぁ…
残念なんですが、私は津軽海峡に面した北海道新幹線の最初の駅があるまち「木古内町」で、生まれ育ちました。
でも、平取には故郷と思える懐かしさを感じています。
空気も人もいいからなんでしょうね。



2016/5/12  12:33

投稿者:さるお

花子さん、こんにちは。

平取は花子さんが子供の頃過ごされたところデスヨネ!
やっぱり、子供の頃も山菜採りされていたのですか?

私の住んでいる所は、山菜採りが出来るほどではないのですが、タケノコ(極小)やつくしぐらいなら、楽しめるのですよ。

いつかガイドさん付きで、北海道の山菜採りを楽しみたいです。
食べれるものを採取するって、人の本能を刺激するのでしょうね、スゴく燃えてしまいます(笑)


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ