ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2016/8/13

着物が似合う街・むろらん  胆振総合振興局

さて、室蘭の街をどんどん歩きます。

お次は「旧室蘭駅舎」です。
なんてモダンな駅舎なんでしょう!
空知炭田の石炭を室蘭に運ぶため、岩見沢〜室蘭まで鉄道(室蘭本線)が敷かれたのが明治25年で、駅舎としては道内最古の木造建築物(明治45年)
平成9年まで実際に利用されていました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

札幌時計台と同じ「よせ棟造り」の白い壁(漆喰)
明治洋風駅舎として、国の登録有形文化財にも指定されています。
クリックすると元のサイズで表示します


建物の中は「室蘭観光協会」です。
昔の駅に関わる資料や、かつての室蘭のようすがパネルなどで展示されています。

こんな感じ…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

写真がナナメってますが…
明治25年、室蘭沿道を走る石炭列車
クリックすると元のサイズで表示します

私が生まれた昭和41年の「港まつり」パレードの様子
クリックすると元のサイズで表示します

天井には「八方にらみの竜」かな??
港町だから?竜神様??とか??
クリックすると元のサイズで表示します

記念に1枚「パチリ!」
どう?この駅には「昭和生まれの和服女性」が似合うでしょ?笑
ま〜るいポストが、これまた時代を感じます…
クリックすると元のサイズで表示します

そうそう、車の中で…
「室蘭にも函館のように、1階が和風で2階が洋風の建物があるんですよ」と。

ちょうど、タイミングよく写真に撮れました!
なぜ、このような建て方をしたのか…函館とは意味が違うようです。
これから調べてみよう〜と。
他にはあと何件くらいあるんだろう…
見つけてみたいなぁ〜

やっぱりまた、室蘭に行かなくちゃ!

ちなみにこの建物は「株式会社 北海屋」と壁にあります。
クリックすると元のサイズで表示します

そして「室蘭八幡宮」へ
百段の階段を上るとお社があります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

室蘭八幡宮は、別名「鯨八幡」
なぜなら、クジラを解体し売ったお金でお社を建て替えたからだそうです。
絵馬にも「クジラ」の絵が…

クリックすると元のサイズで表示します

ここでもやっぱり…
マイペースに写真を撮ってるワタシ(写真に撮らてれる)。汗
クリックすると元のサイズで表示します

そして、360度の大パノラマを楽しみに「測量山」へ
とっても楽しみ!だって仕事でも行ったことないんだもの。
(道が狭くて大型バスは通行不可)

頂上にはテレビ局の電波が並んでいます。
測量山を遠くからみると頂上がライトアップされ、まるで山全体がディズニーのシンデレラ城のようにみえるんです!ここで花火を打ち上げてほしいなぁ〜

測量山連日ライトアップが1万日を超えました!(←ここです)

クリックすると元のサイズで表示します

もちろん夜景も美しく、おデートの人気スポットですって…
こーーんな感じ!
(テキトウな写真過ぎてすみません。カメラ教室に通おうかな…汗)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

では、この景色を眺めながら1曲!
「手拍子をお願いします!」(室蘭小唄)

♪ハ〜 眺めつきない 眺めつきない 測量山は〜 
 ピリカメノコの ソレ恋の山
 誰がね ソレ 誰が付けたかヨイトサノサ ソレ 
 えびすダイコク 福の島 デモサッテモ
 みなと室蘭 よいところ〜

ちなみに…
歌集見なくても、歌えます(自慢)

ところで「測量山」の名前の由来は、明治5年に札幌〜室蘭〜函館間に札幌本道を建設した時に、アメリカ人技師たちが、この山を起点として測量をしたから…

と、バスガイドの原稿に書いてあります。汗

ということで「三角点」です
クリックすると元のサイズで表示します

ということで(笑う)ここで撮ってもらった写真がコレです。
クリックすると元のサイズで表示します

そして、お楽しみの「コーヒータイム」です!
「宮越屋珈琲ムテキロウ」

知らなかった!室蘭って、昭和の香り漂ふ純喫茶ばかりだと思ってた(ごめんなさい)
こ〜んな雰囲気のいい、オサレカフェがあるなんて…

測量山で夜景を見て「ムテキロウ」で美味しいコーヒー飲みながら愛を語る…
誰と?

え?
おかみさんと…

クリックすると元のサイズで表示します

「おかみさ〜ん!待って〜〜!」

ジャズが流れるオトナな雰囲気…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

私達は、港を見渡せるテラス席で…
「夕焼け色」の「あたたかいサンドイッチ」を、おかみさんと半分こ
クリックすると元のサイズで表示します

そして、フレンチとガトーショコラを「いただきます!」


おかみさんは「アイスクリーム」を。
写真撮る姿、さすが決まってる!
どの写真もプロ級だもんね…
美しい写真は、おかみさんのブログでごらんください〜
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


大黒島へも、歩いて行けそうでした
大黒島…またの名を「オラソン島」
今から200年ほど前、イギリスの探検船プロビデンス号が燃料や飲料水補給のため2週間ほど絵鞆岬付近に寄港。その木材住み込み作業中の事故で水平が1人亡くなり、大黒島に葬ったのです。この水兵の名前がハウス・オラソンだったのです。
毎年初夏には、オラソンのお墓の周りに黒百合が咲くといわれています

♪くーろゆりーはーーー恋のーーーはなーーーーー
(もう、歌はいらないですね)
クリックすると元のサイズで表示します

さて…
着物で室蘭まち歩き
旅の締めくくりは…

どうぞ、次回もお楽しみに!
クリックすると元のサイズで表示します

おまけ
室蘭市の純喫茶「すずや」さんもおススメです!
室蘭市のすずやさん」(←ここです)



2018/10/23  7:50

投稿者:花子

お水さん
おはようございます!はじめまして、ようこそお越しくださいました。
「水商売の女」に間違えられたのは、お水さんは、きっと色気のある方なのでしょう^^プラス思考でいきましょう^^
そう、室蘭は着物の似合う町。これからもひるまずどんどん着物を着ましょうよ!

襟の抜き加減でも、全体の印象がガラリと変わりますよ。もしかしたら、襟を落とし過ぎていませんか?

そろそろ袷の着物を準備しなくちゃですね。私はお茶の稽古で月に2〜3度着る程度ですが…雪の降る冬こそ、洋服よりもあったかい着物をたくさん着たいですね。

2018/10/18  14:21

投稿者:お水

こんにちは。
室蘭で着物着て知人宅マンションを訪問し、、、後日談。向かいの部屋の中年ババァに「水商売の女」と誤解されてました・・・汗😅
室蘭は着物が似合う街なのに、普段着物着てると飲み屋の女👘🍶扱いで、残念〜(笑)


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ